東京マルイ: SIG SAUER P228 (エアコキ) レビュー

本日は228日ということにちなみまして【SIG P228】マルイ製エアコッキングハンドガンの紹介です。
画像
今回は、18歳以上用ホップアップバージョンのP228を購入しました。また、リニューアルパッケージ版で以前のデザインよりも鮮やかな印象です。そして、パッケージの表記は「SIG SAUER P228」と記載され、以前の「SG POLIZEI P228」より改められたようです。
画像
パッケージの内容はP228本体、マガジンが1本、BB弾100発(0.25g)、マズルキャップ(本体に装着されています)、取説類となっています。
取説のモデル名表記は「SG POLIZEI P228」のままでした。
画像
グリップに紙タグが巻かれています。タグにはホップアップ搭載、、とか色々と書かれています。恐らく他のエアーハンドガンと共通のタグです。
画像
嬉しいことにスライドの SIG SAUER 刻印が復活していました。
“大人の事情”でトイガンオリジナル刻印が入っていたことがありましたが、権利の問題もクリアしたのでしょうかね。性能に違いはありませんが、やはりリアル刻印の方がやっぱり良いですよね。

マルイのコッキングシリーズとしてはHGタイプという位置づけですが、設計されたのはシリーズ中期頃の製品の為、フレームはもちろんスライドもモナカ構造となっていて、張り合せの割れ目がフレームとスライドに中心にはっきり残っています。しかしながら本物のディテールを忠実に再現していて実銃用ホルスターに装着することが可能です。
画像
スライドはつや消し黒の塗装がされていています。フレームの方は無塗装でプラスチック地のままです。
グリップ左側面にあるレバーは、本来ハンマーを安全に倒す“デコッキング”する為のものです。しかし、エアコキP228ではセフティ機能があり、レバーを押し上げるとセフティが掛かかります。
スライドストップは可動はしませんが別パーツで再現されていて雰囲気は良いですね。
画像
P228の場合はフレーム前方にシールが貼ってあります。剥がすとき跡や傷がついてしまうことがあるので、出来れば、シールをスライドセレーションの上や、グリップのタグなどに注意書きを移して頂きたいですね。

グリップ右側面の刻印は無刻印のままなのが残念です。折角ならスライドのように SIG SAUER の刻印を復活させて欲しいですよね。
画像
ハンマーは可動をして、指でハンマーを起こしてパチパチと空撃ちすることは出来ますが、実銃とは違ってシングルアクションの動作になります。
スライド後方にあるコッキングセレーションは、広い面積で配置されていてコッキングもやり易いです。
エジェクションポートのチャンバーカバーはコックする度に開き、2cmほどのストロークですが本物のような動作が楽しめます。そのチャンバーカバー側面に小さく 9mm Para という刻印が再現されている点も良いですね。
画像
フルサイズタイプのマガジンが付属します。装弾数は24発。
内部にウエイト入りなので重量は1本あたり約120gとなります。
画像
シルバーバージョンのP228と並べてみました。ノンホップ/10歳以上用バージョンとの内部パーツの違いはウエイト有無とインナーバレル素材(ノンホップ/10歳以上用バージョンはアルミ製、ホップアップは真鍮製)といった違いがあります。

初速は、0.25gBB弾(マルイ製非バイオ)で測ると5発平均は約53m/s(約0.35J)という結果になりました。エアコッキングガンらしく安定した初速が得られています。

東京マルイのSIG SAUER P228は、リアルな刻印が復活したことにより、より魅力的なモデルになりました。ガスやバッテリーが無くても、価格帯的にも手軽に遊べるのはエアーハンドガンならでは。
最後に、これさえあれば簡単にNCIS捜査官になりきることもできますよ(笑)



定価:3500円(税別) 全長:約180mm 重量:約417g


"東京マルイ: SIG SAUER P228 (エアコキ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.