Mトレーディング:スーパー P8 (エアコキ) レビュー

画像
このエアコキは最近、知り合いから譲って頂いたものでMトレーディングが販売している「スーパーP8」です。折角なのでご紹介したいと思います。
画像
こちらがパッケージ。モデル名こそ「SUPER P8」になっていますが元ネタは“USP MATCH”だと思われます。
このエアコキシリーズの販売元はMトレーディングとなっていますが、製造しているのは台湾メーカーです。

USPマッチはシューティング競技用に設計されたUSPのバリエーションモデルで、精度を高める為に延長されたバレルとそのバレルを保護するようにカウンターウエイトを装着しているのが特徴となっています。

映画「トゥームレイダー」でも登場しており、主人公がUSPマッチの2丁拳銃で撃ちまくっていたのが印象的ですね。USPマッチのスクリーンデビューもこの作品が最初だったと思います。
他にUSPマッチが登場する作品で私の知っている限りだと「ブレイド」にも出ていたかも。
画像
さて、スーパーP8ですが、刻印などは「HF」とトイガンオリジナルにアレンジされていますね。また、サイトの形状なども本物とは異なり、ノーマル仕様のままとなっています。過去にご紹介したハーフシルバーのP8と同様に手に持つとズシッシリとした重量感があって感触も良いですね。
スライドのエジェクションポート左側面にはホップ調節位置を示すシールが貼ってあります。このシールを剥がそうと思いシール角を少しめくってみたら、スライド側にシール痕(ベタベタ)が残ってしまったので見なかったことにして、そのままにしています(汗)

スーパーP8のスライドとフレームは一体成型によるもので、スライドはグレーの塗装仕上げですね。
画像
見た目のインパクトも凄い、先端に取り付けられたカウンターウエイトの左側面にホワイトプリントでSuperな刻印と前面に「HF」刻印があります。
このカウンターウエイトはプラスチック製。カウンターウエイトは正面から見ると凹形状となっていて延長されているバレルの保護も兼ねています。
画像
トリガー、セフティレバー、ハンマーは金属製で質感も良いです。
ハンマーは可動しますが、本物とは異なるシングルアクションのみ。
セイフティーレバーは押し上げるとセイフティがかかる仕組みとなっています。デコッキング機能はありません。

グリップのシボ加工やチェッカリングの再現もあって滑り止め効果も抜群かも!?
画像
トリガーガード裏面に「マニュアルを読め」的な刻印と台湾製を示す刻印があります。
画像
左側面と違って、あっさりしている右側面。操作系パーツといえばグリップとトリガーガード付け根にあるマガジンキャッチレバーくらいでしょうか。このマガジンキャッチレバーは左右どちらからでも操作可能です。
エジェクションポートのカバーにも「HF」刻印が入れられていますね。エジェクションポートのカバーはスライドと別パーツなのでコッキングする際にエジェクションポートは開きます。スライドのストロークは2.5㎝。

スライドに小さくASGK(日本遊戯銃協同組合)の刻印があります。販売元のMトレーデングはマルシン工業と関係あるブランドのようですが、スーパーP8が販売されていた当時、ASGKに加盟していたマルシンは現在、ASGKを退会しSTGA(全日本トイガン安全協会)会員となっている今となってはASGK刻印はある意味レアものですよ。
画像
スライドに貼られたシールにも書いてありましたが、エジェクションポートのカバー上面には可変ホップアップ調節用のネジ穴があります。付属してくる六角レンチを使いホップ弾道を微調節することが可能となっています。
あまり調節ネジを回し過ぎると動作・発射不良の原因ともなってしまうので適度に様子を見ながら調節する必要があります。

写真にギリギリ写っているフロントサイトにはホワイトドット付になっていますね。
画像
フレーム固定されているカウンターウエイトパーツは細いネジ2本とレイルパーツで装着されているので、ネジ2本とレイルパーツを外せばカウンターウエイトを取り外せます。
画像
カウンターウエイトが無くなると、延長されたバレルだけとなり、なんともヘンテコな見た目になってしまいます(^_^;)
スーパーP8でもインナーバレルがのマール版よりも約4㎝延長されています。それに合わせる形でスライドから飛び出ているアウターバレル部分はバレルパーツが接着する方法で約4.5㎝延長しているみたいですね。

それにしてもドイツという国は、魔改造を施すのが好きなんでしょうかねぇ。こういうモデルを見てるとふ と 思います。
画像
マガジンはリアルタイプのマガジンで装弾数は15発です。無理に詰め込めば16発ぐらいは入りそうですが、取説に「マガジンへ入れるBB弾は15発までに抑えて下さい」とあったので無理しない方が良さそうです。
マガジン横にはフォロアーが露出しているので、これを押し下げてマガジン前面にある穴からBB弾を流し込んで装填します。装填は非常に簡単です。
画像
マガジンのフォロアーが露出しているのはBB弾装填の為だけではなく、残弾が無くなった時のスライドストップレバーを押し上げる機能も持っています。ホールドオープンの状態からスライドを戻すにはスライドストップレバーを押し下げるとスライドが解放され元に戻ります。

エアコッキングガンながらも本物と同じように操作が出来るのは素晴らしいですよね。
画像
いざBB弾を込めて撃ってみると0.12gBB弾だと2~3m位飛んだ所で上方向にカーブを描く弾道になってしまいます(^_^;)。幸いスーパーP8は可変ホップシステムになっているのでチャンバーのネジを調節して、ちょうど良い具合の弾道に合わせ、もう1度実射してみると素直に真っ直ぐな弾道に調節できました。自宅の室内レンジ5mで直径2㎝のサークルターゲットに狙点を合わせて5発撃つと集弾性能はまちまちでサークルターゲットを中心に2~5㎝の距離でばらけて命中します。マルイのエアコキと比べると精度は宜しくないです。

命中精度などマルイのエアコキに及ばない点もあるかもしれませんが、一体成型のスライドとフレーム、スライドストップ機能、可変ホップアップ、重量感などスーパーP8の方が優れている所もあって、命中精度だけではないトイガンの楽しみ方を演出してくれるエアコッキングガンだと思いました。


重量:約663g 全長:約240㎜

"Mトレーディング:スーパー P8 (エアコキ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.