東京マルイ:コルト M1911A1ガバメント HG (エアコキ) レビュー

画像
東京マルイの傑作エアコッキング、コルトM1911A1ガバメントHGの紹介です。 今回のモデルは2007年に1度紹介したものですが、記事を改稿し再UPしました。

コルト M1911といえば、耐久性にもすぐれ、.45口径弾を使用する大型軍用拳銃で、“コルト ガバメント”とも呼ばれることもあるそうです。

マルイでは、かなり前から改良型のM1911A1をエアコッキングガンとしてモデルアップしていましたが、割り箸タイプマガジンのスライド・フレーム共にモナカ構造という昔からありそうな旧来式のモデルでした。
しかし、2002年頃(私の記憶では)に突如として外観や表面の仕上げ機構などが更にリアルになったハイグレード(HG)バージョンが発売されたのです。

※現在、HGバージョンとして販売されているのは18歳以上用ホップアップモデルのみとなっており、10歳以上用ホップアップモデルや18歳以上用ノンホップモデルは非HG仕様となっていますのでご注意を。
画像
HG版M1911A1ではスライドが一体成型になり、軍用銃らしくパーカライズを表現したつや消し塗装されています。ただ、この塗装は使っていると剥がれやすく、気が付くとプラ地が現れてきます。それはそれで使い込まれた感の味があって良いとも思いますが、剥がれた後に自分で塗装してみるのも面白いかもしれませんね。
画像
スライドの刻印は、コルト社のものが忠実に入れられ再現されています。
M1911といえばコルト!というイメージがあったのですが、第2次世界大戦中は、コルト社以外にもスプリングフィールドやイサカなどといったメーカー(造兵廠)でも生産が行われていたそうです。
画像
フレームは無塗装の左右分割方式のモナカ構造です。他のHGモデルでもフレームはモナカ構造となっているので、一体成型化するのはコスト的にむずかしいのかもしれません。
しかし、使っているうちに徐々にモナカ構造の割れ目が開いてきたり、台湾や韓国などの海外製エアコキではスライド・フレームが一体成型というのがスタンダードになってきているので、比べると見ばえもよろしくないですね(^_^;)
画像
グリップは細身のシングルカラムモデルなので握りやすいですね。またグリップパネルは木目を再現した木目調のプラスチック製グリップが装着されています。
HG化される以前のモデルではモールドの固定だったハンマー、グリップセフティ、マガジンキャッチは可動するようになりました。ハンマーは実銃同様のシングルアクションで、スライドを引いてコックする時や手動でハンマーを起こして空撃ちすることが出来ます。グリップ後方に配置されたグリップセフティはセフティ=安全装置の機能もちゃんと再現しているので正しくグリップを握り込まないとトリガーが引けません。グリップセフティと合わせてフレーム左側後部にあるのはマニュアルセフティです。マニュアルセフティが働いている時はトリガーとスライドがロックされ引く事が出来なくなります。
画像
スライド右側面にある「MODEL OF 1911 U.S. ARMY」という刻印がアメリカ軍正式採用拳銃というの表しています。
フレームにはマルイ独自のメーカー刻印があるのですがフォントのサイズもそれ程大きくなく目立っていないのが良いです。

HG化される以前のモデルだとシールが貼られていただけのエジェクションポートのチャンバーカバーは、スライドをコックする度にフルストロークではありませんが開くようになりました。

軍用銃といえばランヤードリング☆もちろんM1911A1でもランヤードリングを装備しています、このランヤードリングがプラスチック製で脆く、ランヤードを繋いだりぶつけたりするとアッサリと折れます(T_T)
画像
バレルはティルトバレル式のショートリコイルするギミックが再現されています。また内側にはライフリング風の加工もあり、この辺りは非HGモデルとは異なる点ですね。

更に驚いたことにバレルブッシングとプラグはマルイのエアコキとしては大変珍しい金属製パーツが外装に使用されています。

インナーバレルはアルミ製になっています。他の18歳以上用HOPモデルは真鍮製バレルが使われていましたけど、M1911A1ではコスト削減の影響か切り替わっています。
画像
マガジンはフルサイズタイプマガジンです。見た目は細身で弾もあんまり入りそうもないマガジンですが、装弾数は25発と意外に多く、非HGモデルの割り箸マグに比べると2倍以上の容量になり使いやすさも向上しました。
画像
実射性能についてですが、取説にて指定している0.25gBB弾で実射してみると至近距離の場合に狙点よりも数㎝~10㎝ほど上方に命中してしまいます。最初はホップの掛かり過ぎかと思ったのですが、屋外で弾道を見てみると0.25gBBだと素直に真っ直ぐに30m程度飛んでいくのでホップアップが原因ではありませんでした。どうやら実銃のオープンサイトの形状を忠実に再現している為にフロントサイトの背が僅かに低くて狙点よりもバレルが上向きになってしまっている為だと分かりました。
その為、至近距離で射撃する場合はターゲットよりも少し下を狙って修正してやると当たりやすいかもしれません。
画像
弾速は0.25gBB弾で60~62m/s(0.45J前後)とエアコキハンドガンでは平均的な値だと思います。
画像
3000円弱で手に入るエアコッキングながら実銃の持つ操作性や機能を再現しつつ、マガジンやホップアップ搭載など従来の非HGモデルよりも扱いやすくなっており、まさにハイグレードモデルに相応しいリニューアルとなっていると思いました。
コルトM1911A1ガバメントHGはオススメです!


定価:2900円(税抜) 全長:約217㎜ 重量:約395g

・以前のHGモデルのM1911A1のレビューはコチラ
・非HGモデルのM1911A1のレビューはコチラ

"東京マルイ:コルト M1911A1ガバメント HG (エアコキ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.