ニュー銀ダンエアガン ポリス・ピストルSS レビュー

画像
という訳で買ってきました。東京マルイの新製品「ニュー銀ダンエアガン」の紹介です。
画像
今月の13日に発売されたばかりの新製品ですが、これまでのマルイ製品とは違ってガスでも電動でもエアコキでも無く、俗にバネガン(スプリングガン)もしくは銀玉鉄砲と呼ばれる種類のトイガンです。
パッケージ自体は10才以上用のエアコキのように中身が見えるようになっています。ちなみに対象年齢は7才以上です。
このシリーズでは本体のモデルは2種類あり、その他に1機種につきカラーバリエーションが3色あります。
画像
今回はポリス・ピストルSSというモデルを選んでみました。この他にグロック26がありますが、資金的に1挺だけにしました(;^_^A
カラーはブルーにしてみました。ブルー以外にもレッドグリーンがあります。

ポリス・ピストルSSという名前ですが、こりゃどうみてもワルサーPPK/Sですよね(^^/
画像
マルゼンのPPKと一緒に撮ってみました。900円の物と9000円のガスブロを比べるのは、ちょっとどうかと思いましたがポリス・ピストルSSは色や刻印等の違いはありますが駄菓子や100円ショップ等で売られている銀玉鉄砲と違って、かなり細かい所まで再現されていると思います。銀玉鉄砲なのでスライドを引くギミックやハンマー等も動きませんが日本製の物でも950円という価格で、ここまで再現できるんですね(^^)
画像
モナカ構造なので本体右側にネジが沢山あるのですが、エジェクションポートはスライドと同じブルーでは無く黒くなっていたりします。
画像
画像の真ん中にある黒いものがマガジンで、ここにBB弾を装填して使用します。一般的な銀玉鉄砲だと本体上部からじゃらじゃらとBB弾を流し込みますが、ニュー銀ダンではフルサイズタイプのマガジンを使います。
画像右側にある箱のようなものはニュー銀ダン専用のBB弾ローダーです。お手頃価格で300円以下で買えます。
画像
構造上本体内にBB弾が10発ほど残ってしまうらしく危なく感じられるかもしれませんね。でも他のトイガンのようなセイフティはありませんがマガジンを抜くとトリガーを引いても弾が発射されませんので保管する際はマガジンを抜いて保管しておけば安全です。

まだ室内でしか試射してませんが、箱にも書いてあるように約5mの距離から射撃しても、ちゃんと付属するターゲットに命中させることができました。しかも、トリガーを引く力もあまり必要なくコッキングしなくてもいいので結構、連射することも可能です。
屋外で使用する場合もホップアップシステムを搭載してあるので他の銀玉鉄砲(3~4m)よりは飛距離が出るでしょう!今度、サバゲがあるときは予備ハンドガンとして持っていこうかと考え中です。

価格もエアコキハンドガンの半額で簡単に使えて年齢に関係なく楽しめるトイガンだと思います。
現代版“銀玉鉄砲”のニュー銀ダンエアガンは結構オススメですよ(^^/

                
※16日追記 確認したら、発射するたびにちゃんとエアーが出てます。正確には銀玉鉄砲の構造ではありませんね。スミマセンでした。




価格:998円 全長:約150mm 重量:約123g

G26こちら

"ニュー銀ダンエアガン ポリス・ピストルSS レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.