“G3”もどき中華エアガン(´ ▽`) レビュー

購入するはずだった長物トイガンを紹介できなくなってしまったので代わりにコレを紹介したいと思います。
画像
画像の長物はまる吉が初めて買った(300円で)長物トイガンです。
このG3もどきは10年以上前に地元の祭の屋台のクジ引きで当てました(^^)
ただこの中華トイガンはほとんどがプラ製でマガジンも含めて重量は1kg有るか無いかぐらいの重さです。しかも剛性が低くてグリップを握ると「ギシ ギシ」という音が・・・
見た目はHK G3にも見えますが上の画像をよく見て頂くとG3にはあるはずの“ある物”がこの中華トイガンには有りません(;^_^A
画像
“ある物”とはハンドガードの上辺りにあるコッキングレバーがこの中華トイガンには無く、本体右側のマガジン上辺りの機関部(エジェクション ポート)に有ります。
この中華トイガンの発射音が大きくて「バンッ」という発射音の後に「ビヨ~ン」とバネの音がします。この中華トイガンにはホップアップは付いてませんがパワーは結構あります(マルイ製長物18禁くらい)マガジンの装弾数はおよそ30発ですが予備タンクがあり250発以上入れられます。
画像
コッキングレバーを引くと一緒にエジェクションポートが開きます(ポンプが少し見えてますね)
画像
リアサイトはドラム式の様に見えますがドラム式ではなく簡易式になってます(画像の白線部分)。
画像
この中華トイガンにはセイフティは有りません。セレクターは一体成型で出来ていて可動しません。可動する部分も少なくトリガー、コッキングレバー、マガジンキャッチのみ可動します。
画像
この中華トイガンは半組み立て式なのでストックと銃身部分と機関部の3つのパーツを組み立てます。
画像
このトイガンにはコルトの刻印、マーク入りの銃剣(プラ製)が付属していて取り付けできます。
おそらくこの銃剣は別の中華トイガンの使い回しです(;^_^A


感想
このトイガンの紹介を書いていて、紹介しているうちに長文になってしまうほど面白い中華トイガンです。現在でも祭の屋台等でたまに見かけます。もし見かけたら買ってみるのも面白いかもしれませんね(^^) 持って帰るのが大変かもしれませんが・・・

"“G3”もどき中華エアガン(´ ▽`) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.