KSC AK74M ガスガン レビュー

KSC AK74M ガスブローバックの紹介をしたいと思います。
このAK74Mは、KSC 2020年新春福袋に入っていたものになります。



はじめに


AK-74は1970年代に旧ソ連にて開発されたアサルトライフルです。
7.62mm弾を使うAK-47、AKMに代わる新型アサルトライフルとして、5.45mmの小口径弾薬を導入し設計されました。


AK74Mパッケージ


KSC AK74M 箱
KSC AK74Mの箱です。
ボール箱に大きく「AK74」と書かれたシンプルなものだと思います。イラストなども無くてガスブローバックAKシリーズ共通デザインのようです。

P1240853 (2).JPG

KSC AK74M 付属品
箱の中に発泡スチロール緩衝材に本体などが入っています。
本体、マガジンの他にBBローダー、クリーニングロッド、ビニールパックにフロントサイトツール、BB弾、説明書が付属します。


AK74M外観


KSC AK74M ガスガン
KSCのガスブローバックは、樹脂製ストックやサイドマウントベースを搭載する近代型のAK74をモデルアップしています。
ハンドガード、グリップ、ストックの樹脂パーツは、ボディと同じ黒色に統一されていますね。
また、光学サイトを取り付けられるようにボディ側面にサイドマウントベースが設置されています。

※この記事にて紹介するAK74Mのハンドガード/ガスチューブは、CYMAのレイル付きガスチューブに交換しています。
通常のハンドガード/ガスチューブとは異なります。ご了承下さい。
KSC AK74M ガスガン
レシーバーやアウターバレルなども金属製のいわゆるフルメタル仕様です。
金属パーツと同じように樹脂製パーツもマットな仕上がりで落ち着いた感じのする質感だと思います。


フロント

KSC AK74M フロント
シルエットは、従来のAKシリーズから受け継いだ外見ですが、大型マズルブレーキ/フラッシュハイダーと垂直に近いガスブロックの形状がAK74の外見的な違いの1つです。

KSC AK74M マズルブレーキ
大型マズルブレーキ/フラッシュハイダーとアウターバレル下に差し込めれているクリーニングロッドは、取り外すことができます。
大型マズルブレーキ/フラッシュハイダーを外すとねじが出てきます。24mm正ネジ規格です。

KSC AK74M マズル アダプター
ネジに付いている2本のイモネジを緩めてから回すと・・・
KSC AK74M ねじ切り
24mm正ネジのアダプターが外れて、その下に14mm逆ネジが隠れています。


リアサイト

KSC AK74M リアサイト
タンジェント式のリアサイト。
SKSカービンから使われている、ノブを前後させることでサイトの高さを調節します。
目盛り付きで単位はメートル。最大で1000m分まで刻まれています。

リアサイトの前にあるレバーは、ハンドガードを外す時に使うものです。
ボルトを外した後にレバーを引き上げるとハンドガード(上)を取り外せます。


レシーバー

KSC AK74M レシーバー右
ボルトハンドルやセレクターはレシーバー右面に設置されています。
トリガー、トリガーガード、セレクターレバー、トップカバーはスチール製のようです。

レシーバー後ろをよく見ると小さなフォントで「JASG」とレーザー刻印が入っています。


セレクター

KSC_AK74Mセレクター2.gif
大型のセレクターレバー。
一番上がセフティ位置でトリガーロックとボルトハンドルが最後まで引けなくなります。
セフティ位置よりセレクターを1つ下げるとフルオート、フルオートの位置から更に下げるとセミオートに切り替わります。
AK47から変わらない操作方法を取り入れています。

当初、セレクターレバーが緩い感じがしたので少しだけセレクターレバーを手で内側に曲げてみて、上げ下げする際にカチカチっと手応えが出るようにしています。


サイドマウントベース


KSC AK74M レシーバー左
レシーバー左面にサイドマウントベース(レイル)が設置されています。
KSCからは対応するAKマウントは発売されていません。
電動ガン用AKマウントを装着できるようなのですが、未だに持っていないので試せていません(^^;


ストック

KSC AK74M ストック
樹脂製ストック。
一見すると固定ストックにも見えますが、折り畳み式ストックになっています。
ストックは本体の左側に畳むのですが、サイドマウントベースに干渉しないようにする為に窪みがストックに付いています。

KSC AK74M ストック折り畳み
レシーバー後ろにあるストックロックボタンを押してロックを解除して、ストックを左側に回すようにたたみます。

KSC AK74M ガスガン
ストックを畳んだAK74M。
※AKマウントを装着しているとストックを折り畳むことができなくなるそうです。

ストック右面の溝は、夜間などでも口径の異なる弾薬を使うAK47やAKMなどと識別するためのものを再現しています。

KSC AK74M ストックパッド
展開する時はストックパッドにあるボタンを押してロック解除したら、ストックを手前に引き伸ばします。
ストックパッドプレートは金属製です。
パッドのボタンを押すと一緒に円形のフタが開きます。フタの奥は空っぽなのですが、実銃だとクリーニングツールを収納するコンパートメントになっています。


AK74M分解


KSC AK74M 分解
トップカバー後ろにあるカバーロックボタンを押してカバーを外すことができます。
トップカバーが無くても作動させることができます。
KSC AK74M 分解
トップカバーを外すと、リコイルスプリング&ガイドが見えます。SPガイド根元に大型リコイルバッファーがあります。
ボルトはフルストロークで無い代わりに、作動性と発射サイクルが安定する設計になっています。

KSC AK74M 分解

KSC AK-74M 分解
ボルト回りだけでなく、ハンドガード、マズルブレーキ/フラッシュハイダーは工具なしで分解する(外す)ことができます。


可変ホップアップ

KSC AK74M ホップアップ
チャンバーに可変ホップアップ用の調節ダイヤルがあります。
クリック感のあるダイヤルを回してホップアップ弾道の掛かり具合を調節します。
今までKSCのガスガンは調節用ツールを使ってダイヤルを回していましたが、AKシリーズは分解をしなくてもエジェクションポートからダイヤルをツールレスになり、指で調節できるようになりました。


ボルトキャリア

KSC AK74M ボルト
ボルトアッセンブリーには、ピストンロッドが再現されています。
ガスチューブの穴や隙間からシルバーのピストンロッドが前後に動いているのも覗けます。
ボルトアッセンブリーの重量は約206gあります。


マガジン


KSC AK74M マガジン
後期型の黒い樹脂製を再現したマガジンです。
マガジンケースは樹脂製で内部のガスタンクは亜鉛ダイキャスト製になります。
装弾数は42発です。

KSC AK74M マガジン
マガジンには空撃ちモードと残弾が無くなると作動を停止するボルトストップモードが付いていて切り替えることができます。
切り替えツールを使って、マガジン側面にある切り替えダイヤルに差し込み、鍵のように回して空撃ちモードとボルトストップモードを切り替えます。
KSC AK74M 空撃ちツール
マガジン底のプレートを動かすと切り替えツールが収納されています。

KSC AK74M マガジン
軽そうな樹脂製ケースの外見と反して重量が約800gと重たいのが難点。
3本携行したら2kg越えです。同じKSC製ガスガンM4A1(約550g)やMASADA(約730g)のマガジンよりも重たいマガジンです。


実射


KSC AK74M ガスガン
KSCのAKシリーズに付いているボルトストップモードは、マガジンのフォロアーにボルトが当たって止まる仕組みです。何度も繰り返すとフォロアーやボルトパーツの変形や破損の恐れが高いそうで、そのような現象が起きたという報告もネットに上がっているたのを見たことがります。なので私はボルトストップモードは使わず、空撃ちモードで実射しています。




AK74M初速データ

初速データ
使用BB弾:0.2 g
マガジン表面温度:29.8 度
発射数:10 発
最小値:88 m/s(0.77J)
最大値:94.75 m/s(0.89J)
平均値:91.31 m/s(0.83J)

※今回の、実射した時に我が家のHFC-134aガスの在庫が無くなってしまい、代わりにHFC-152aガスを使用して初速を測定しています。
10発撃った後にマガジン表面温度を測ると25.5度まで下がっていました。


おわりに


KSC AK74M ガスブローバック
AK74Mは、鉄と木を組み合わせたAK74初期型のノスタルジックな雰囲気も良いのですが、メカニズムや操作性はそのままに、樹脂製折り畳みストック、サイドマウントなどよりモダンに仕上がっていると思います。
KSCではAK74Mの特徴を再現して、更にメタルボディを取り入れ、質感や重量感はもちろんガッチリとした剛性で軋みやガタつきを感じません。
ボルト操作やブローバック時の金属同士が当たる音とブローバックと合わせると臨場感も出ます。
トリガーを引くとハンマーがカチッと落ちる切れのいい感触はクセになりそうです。。



カタログスペック
定価:49,800 円(税抜き)
全長:704 / 945 mm
重量:3,500 g


関連記事
KSC MASADA
KSC M4A1 バージョン2
マルイ AK-47S
トイスター AK-74
CYMA AKガスチューブレイルマウント

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

!お知らせ!
12/15(水)未明のウェブリブログのメンテナンスは終了しました
※メンテナンス期間中、ご迷惑をおかけいたしました。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.