S2S:デザートイーグル.50AE (ガスブロ)

S2S デザートイーグル画像
強力な.50AE弾を撃ち出す『デザートイーグル.50AE』。そのマグナムオートをガスブローバックガンとしてS2Sが販売しているものを紹介したいと思います。
画像
パッケージにデザートイーグルのイメージと共にウエスタンアームズのマグナブローバックエンジンを搭載と左上に書かれています。また、正式にIMIのライセンスを取得しているのでIMIロゴやライセンス云々の事についても出ていますね。
画像
パッケージ内容はデザートイーグル本体、BB弾ローダー、ミニチュアガン(ケース付き)、ホップ調節用六角レンチ、取説類、緩衝材として正方形のウレタンが収められています。
画像
付属していたミニチュアは金属製で約1/6スケールのデザートイーグル 10インチバレルバージョン。一緒にミニチュア手榴弾とイスライル国旗のオマケとネームプレートが専用ケースに入っています。
画像
本物だと2kgを越えるデザートイーグル。重量だけでなくサイズも超大型で見た目、手にした時の迫力も凄いの一言。
S2SのデザートイーグルはABS素材を採用していてバレル、スライド、フレーム共に一体成型パーツが使用されています。表面はつや消し塗装が施され、灰色を帯びた色合いが特徴的です。
画像
イスラエルにあるイスラエル・ミリタリー・インダストリー:IMI(現:IWI)のライセンスを取得しているとのことで、スライド側面には本物同様にIMIの刻印が入ります。
画像
ガス圧作動方式を採用したことで特徴的な形状になったアウターバレルは固定式。そのアウターバレルとスライドの組み合わせは無骨な印象のデザインですね。
グリップは前後に長く、手が大きくないと片手だけで保持し銃をコントロールするのは難しそうです。

フレーム右側面グルップパネル上にトイガンオリジナルの刻印があります。刻印から考察すると台湾で製造されS2S(セキトー)が販売しているようですね。
画像
バレル上のフロントサイトはバレルと一体成型。反射防止用セレーション加工が施されています。ただ、パーティングラインがサイトの真ん中を分断しているのが惜しいです。
画像
迫力のあるマズルフェイス。ハンドガン用の弾薬としては最大の.50AE弾を撃ち出す銃口は大きくて驚きますね。トイガンだと6mmBB弾を撃ち出すので奥に真ちゅう製インナーバレルが見えています。
画像
スライドと別パーツのリアサイトは大型でシンプルな形状で狙いやすいですね。
スライド後端左右に配置されているマニュアルセフティ可動式。セフティレバーを押し下げるとトリガーとスライドがロックされ引けなくなります。
シングルアクションで作動するハンマーを起こすと、モールドのファイアリングピンが再現されています。ちょっとしたことですが嬉しいですね。
画像
マガジンの外装はスチール板を採用していて質感が良いですね。装弾数は30発とハイキャパシティなマガジン。
画像
ホールドオープン。ブローバックの感触は見た目と異なり非常にシャープなもの。マイルドなリコイルショックでブローバックスピードが比較的速いのが特徴です。
初速は0.2gBB弾5発の平均で約72.2m/s(0.52J)でした。
画像
ホールドオープン時に、チャンバーのカバーを後方にスライドさせるとイモネジが出現。付属してきた六角レンチを使いイモネジを回すとホップアップ弾道を調節することができます。
画像
マガジンを外して後に、フレーム右側にあるテイクダウンレバーをボタンを押しながら回すとアウターバレルとスライドを前方に引き抜くと通常分解が可能。とても簡単に行えます。
画像
S2Sのガスブローバック版デザートイーグル.50AEは、映画やゲームにアニメなど登場し印象的なモデルを実売1万円ほどにて購入できるガスガンです。手軽にガスブローバックアクションを楽しむ事ができるトイガンだと思います。実売1万円台のガスガンながらも本物同様の操作・分解方法を体感できだけでなく刻印も再現されているの点も素敵だと思います。
ガスガンの性能に関係ありませんがオマケのミニチュアが付属するのもコレクション心が揺さぶられ、パフォーマンスが良いですね♪


定価:12800円 重量:約976g 全長:約272mm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

南木
2016年03月08日 01:03
まる吉さん、こんにちは。南木です。

SIISというと、固定スライドのイメージがありますが、マグナブローバック搭載のハンドガンもあるのですね。知りませんでした。

しかも、.50AEのデザートイーグルですか! 9パラと比べれば.45でも大きく感じるのに、.50になるともう親指がスッポリ入りそうな銃口ですね。(^^;
#そもそも、実銃本体で2kgを超える時点でハンドガンじゃない。(笑)

質感は価格相応という感じですが、逆にWAのように凝った外観で価格もハイエンドだと手が出ないので、入門用にはちょうどよさそうですね。

豪華なオマケが付いている辺りSIISらしいですが、IMIのライセンス取得やマグナブローバック搭載など、かなり真面目に作っているようなので、ぜひ売れて欲しい製品ですね。(^_^)

南木
2016年03月12日 01:23
南木さん こんにちは

S2Sのトイガンといえば今だと固定スライドガスガンのシリーズが人気でお店でも見かける機会がありますよね。
それに比べるとガスブロの方は殆ど見かける機会がありません^^;
一応、S2Sからはこの記事で紹介したデザートイーグルの他にもP990というモデルもありましたが、それ以降はガスブロの新製品は登場していない現状です、、

.50AE口径のデザートイーグルは他口径のモデルと比べても異彩を放つ大きさですよね。俗称「ハンドキャノン」と呼ばれる理由も分かります。

定価12800円というガスブロながら、IMIライセンスや可変ホップ機能があるのは嬉しいと思います。また本家WAのマグナブローバック搭載モデルだと3~4万円台と高級なラインアップで手軽に手を出せませんよね。。。
そういったことでも手軽な価格帯でガスブロを販売しているS2Sのシリーズはこれからも販売していて欲しいです

この記事へのトラックバック