ガバメント シリーズ70のグリップを交換してみる

東京マルイのガバメントMk4シリーズ70のグリップを交換してみました。
画像
ガバメントMk4シリーズ70は、表面の仕上げが手持ち、マルイガスブロの中で一番表面の仕上げがキレイなモデルなので、あまり使わず箱にしまっていて時々取り出して眺めるぐらいでしたが、久々に持ち出してイメチェンすることにしました。イメチェンといってもグリップを変えるだけですけどね(^_^;)
画像
もともとは木目調仕上げのプラグリップが装着されていましたが、このグリップをマルイMEUのパックマイヤー風プログリップに交換してみました。
ガバメント、シリーズ70で唯一、ナチュナルだった所が、これでなくなりましたね。
画像

画像
なにかグリップ含め全体的に黒々しています。
自分の感想としては、木目調仕上げグリップの時は、ガンコレクターのガバメントという雰囲気でしたが、プログリップに変えると実用派のガンバメントの様に見える気がします。
画像
プログリップにも飽きたら、元の純正グリップに戻すつもりです。

ポリマーフレームオートのフレームとグリップが一体になったデザイン(最近はグリップが交換できるモデルもあります)も握り易くて良いのですが、それ以前のハンドガンは、グリップを目的に応じて意図的に替えてみることで、握り心地や見た目の雰囲気を変えて楽しむ事が出来るので良いですよね(^^)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2012年11月28日 10:31
どうもーノ
ガバメントさんは、色々と交換できるパーツが多いのが強みですよねー。
それこそ、実銃っぽいスタンダードな物から、タクティカルな感じや、ゴテゴテキラキラさせたり、スピードマッチ用のカスタムモデルにしてみたりと、とても幅が広いですし。
グロックさんは、大きく変えれるのはスライドぐらいな物なので(黒→シルバー)ちょっとうらやましかったり(苦w
まぁ、ゴテゴテキラキラさせたら、それはもはやグロックではないような気もしますけどねw

ではでは~ノ
2012年11月28日 23:16
具ロックさん//
ガバメントのパーツは、ほんとうに多いですよね。自分の細かな所まで好みに合わせて作れるのが面白いです(^^)ベースは同じモデルでもパーツ1つで雰囲気がガラリと変わりますからね。

グロックは、ガバメントに無い操作性やデザインを持つモデルで良い所も沢山あって自分も好きですが、あまり自分色に染めるようなモデルじゃないような感じもします。なんででしょうかね?(笑)
レン
2012年12月09日 21:38
お久しぶりです。ページリニューアルされたんですね。唐突な質問ですが、マルイのMEUにハイキャパ5.1Rの
シリンダー?とにかく発射側のノズルのついてるパーツは取り付け可能でしょうか。あほみたいな質問どうもすみません。18歳以下なのでほしけりゃ10禁化するしかなくて。廃版が怖いのです。(MEUの)
レン
2012年12月09日 21:40
ページのリニューアルかと思ったら、自分のNotePC読み込みエラー起こしてただけでした。
2012年12月10日 14:21
レンさん//
現在、各自治体が決めている条例などでトイガン製品の対象年齢に満たない人が買うことは残念ながらほとんどの自治体で認められていません。なので、18歳以下のレンさんがガスガンのMEUピストルを購入することは現状では難しいと思いますよ。

自分はハイキャパ5.1RやKSCのU-18シリーズの購入をオススメします。
レン
2012年12月11日 18:10
そうですか><ハイキャパ5.1Rを購入て、パーツリスト眺めてたら、「いけるんじゃね?」と思ったんですよ。
2012年12月12日 20:11
レンさん//
前回のコメント返信で、肝心な事についてお答えしていなかったですね(^_^;)
ハイキャパ5.1RのシリンダーパーツをMEUに移植ですが、自分は試したことが無いのでそのままで移植できるのかは、ちょっと分からないです。
ハルマキ
2013年09月21日 01:22
同じマルイのガバメントのグリップだと、ウエイトも使えて軽くならないのでいいですよね
2013年09月21日 14:40
ハルマキさん//
そうなんえすよね。メーカー純正グリップの交換だと、重量の変化が少なくなるメリットなのが良くて重宝します(^^)

この記事へのトラックバック

お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.