キャリースコープ

画像
G36用キャリースコープを譲ってもらいました。
友人が電動のG36Cを売却すると言うので、そのG36Cに取り付けていたCA製のG36用キャリースコープを格安で譲ってもらいました。
画像
早速、WEのG39に取り付けてみました。が、ポン着けが出来ずハンドルのフロント部分のネジ穴の位置が微妙に合わず、本体側を少し加工し、ようやく装着出来ました。

スコープ上部にはレイルやドットサイト等無しのシンプルな物です。ちなみスコープの倍率は3倍だそうです。
とりあえずキャリースコープを搭載させることがカスタムの第一目標だったので良かったです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

JIRO
2011年06月11日 18:50
フルサイズかっこいいですね!!!!

以前M933を買うといっていたのですが色々ありまして、これのKモデルを購入しました(^_^;)

GBBなんでリコイルがとてもいいです!!



なんかG&Pのマルイ対応のG36パーツと互換性があるらしいですね(゜∇゜)


私もフルサイズにしてみようかなと思っております(・o・)ノ


2011年06月14日 09:48
このデカいキャリングハンドルがあってこそフルサイズのG36ですねぇ♭
最初からついてるのかと思ってましたけど違うんですね^^;
2011年06月14日 22:48
JIROさん//
まさかのG36Kですか!驚きましたね(;^_^A
でもG36シリーズの中でも一番バランスの良いモデルはG36Kかもしれませんね。
今の時期はGBBライフルは本領発揮できて楽しいですよね。
GPのパーツが使えるというのは、自分も何処かで聞いた覚えがあります。でもキャリースコープを着けられたので、外観のカスタムはしないかも知れませんが、、。
2011年06月14日 22:51
フィンブルさん//
人によっては、このハンドルが駄目という方も居るそうですが、自分はやはりこのハンドルが好きですね(^^)
WEのモデル(国内の)は今の所、レイル仕様ハンドルだけだそうです。
JIRO
2011年06月14日 23:40
ホントはフルサイズがほしかったんですが行った店においてなくて(^_^;)


まぁフルじゃなくてもサイレンサーつければ調度いいサイズになるんでいいかなと(笑)


とりあえず今の状態はキャリーハンドルスコープとダブルマガジンのカスタムなので、あとはサイレンサーとドットサイトつければ自分の理想のモデルになります(゜∇゜)


あと仕事場が決まったので自分へのプレゼントとして近々マルシンのレイジングブルを購入予定です( ̄∀ ̄)
2011年06月17日 12:09
JIROさん//
そうだったんですか。フルサイズのG39が狙いでしたか(;^_^A
フルサイズモデルのG39にサイレンサーを取り付けるとかなりの大きさになってしまいますからね。

キャリースコープとダブルマガジンですか!想像しただけでもカッコいいカスタムですね(^^)

マルシンのレインジングブル…自分も欲しいと思うモデルです♪
詳しくは何ともですが、仕事場が決まった事
おめでとうございます。
JIRO
2011年06月17日 17:00
ありがとうございます!!


あっ!今日ダミーカートシールが届いて貼ってみたんですけどなかなかでした( ̄∀ ̄)


フォートレスさんで700円で販売していました!


オススメします(`・ω・´)!(笑)
2011年06月19日 14:29
JIROさん//
ダミーカートのシールですか。良さそうですね。
実は昨日、出掛けた先のショップでG39のマガジンが売っていたのですが、
ダミーカートシールとセットで売られていましたね。欲しいところでしたが、資金的に難しかったので諦めました。
別な機会のときに買いたいと思います(;^_^A
2011年06月28日 21:11
お初です
次世代だけをターゲットにしているので
G36かAK又はM4かで悩んでますよw
ドイツの銃も魅力的^^
ではまた
2011年07月01日 13:30
Mrキャパさん 初めまして(^^/
次世代だとGBBよりも性能も安定していて取り扱い易さは抜群ですよね。
自分も次世代電動ガンのAK欲しいと時たま思います(^^)

この記事へのトラックバック

お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.