第1回 3機種まとめて集弾性テスト (ワルサー小型拳銃編)

今日は以前紹介したエアコキ3丁の集弾テストをしたいと思います。今回集弾テストをするのは
アカデミーの、PPKP22TPHの3機種です。
今回の集弾テストは5mの距離からツーハンド(?)でトイガンを保持して東京マルイ製の0.2gのBB弾を6回射撃しました。使用したトイガンは3機種とも10歳用なのですが0.12gのBB弾だとホップアップが掛かりすぎて狙点よりも上に着弾してしまうので0.2gのBB弾を使いました。
※集弾テスト画像の赤丸はBB弾が着弾した場所を表します。青線は着弾が一番離れた距離を表します。画像を拡大表示して頂くと見やすいですよ。
それでは始めましょうか

              アカデミー製PPK/Sの結果
画像
 PPKの射撃した結果です。わずか5mの距離から撃ってこんなに着弾地点が離れるのはよっぽどPPKの性能が悪いか、射撃手の腕が悪いかのどちらかですね・・・orz

               アカデミー製P22の結果
画像
 P22撃った結果です。PPKとは違ってそれぞれのBB弾の着弾地点が(まぁまぁ)近いですね。しかも1発は的の中心(黒円)に命中してます。

               アカデミー製TPHの結果
画像
 TPHの結果です。この3機種の中でも一番小さいはずのTPHですが予想外にも良い結果でした。ただ1発だけ的の下の方に着弾しました。

3機種結果発表

第1位・・・・ワルサーP22の約6.4cm

第2位・・・・ワルサーTPHの約8cm

第3位・・・・PPK/Sの約12cm

最後に
今回はアカデミーのトイガンを特集しましたが、次回がもしあれば南部14式やガバメント等の対決(!?)を予定してます。
あと今回はこんな結果になりましたが集弾テストをしたのはまる吉なので別の方が撃った場合は結果が変わるかもしれません。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック