テーマ:ハンドガン

HK USP ハイグレード 東京マルイ エアガン

東京マルイの H&K USP エアコッキングハンドガンを紹介したいと思います。 エアコキのUSPといえば当方が初めて買ったエアガンだったので、USPはとてもとても思い入れの強いモデルになります。 10禁モデルでしたが当時はノンホップアップモデルで飛距離は10mほど(^^; それでも初めてエアガンだったので「すごい飛ぶ!」と喜ん…

続きを読むread more

マルゼン Walther P.38 ガスガン

マルゼン ワルサー P38 ガスブローバックガンを紹介したいと思います。  P.38は、ドイツのワルサー社が1937年に開発した9mm口径のピストルです。 ダブルアクション機構を取り入れ、当時としては珍しくフルサイズの軍用としては初めてデコッキング機能を搭載した画期的なセミオートマチックピストルです。 1908年から採用されて…

続きを読むread more

エアコキM92Fを色つけしてみた

前回の記事にて紹介した東京マルイのエアコキM92Fを塗装してみました。 ガスブロのM9A1を参考にしてみてプラモ用のスプレー塗料を使いましてスライドは半つや仕上げ、バレルとフレームはつや消し仕上げにしてみました。 台風や雨の影響で日数が経ってしまいましたがなんとか塗装が完成しました。 塗装前 …

続きを読むread more

東京マルイ M92F ミリタリー エアガン

ベレッタ熱が冷めないうちに、もう1丁買ってしまいました(^^; エアコキのM9は以前にも何度か紹介していますが、今回は10歳以上用ホップアップモデルの紹介です。  Beretta 92は、イタリアのベレッタ社が開発した口径9mmのセミオートマチックピストルです。 イタリアの警察、軍機構に採用されたのはもとより1983年頃に改良…

続きを読むread more

木目調グリップを買ってみた

WEのM92シリーズ用 木目調グリップ(ブラウン)を買ってみました。 木目調を再現したプラ製グリップパネルです。 WE製ガスブローバックガン M92シリーズに装着されているグリップと同じものですが、東京マルイのM92Fにも使用できるそうなので手に入れてみました。 リアルウッドと比べると感触は異なりますが、見た目はブラウンの…

続きを読むread more

グリップのウエイト代わりに

今年の2月頃に手に入れて色付けしたガバメント用木製風竹材グリップですが、今はマルイのMEUピストルに使用しています。 マルイ純正のプラグリップだと裏側にウエイト(おもり)が有って重量を稼いでいましたが、グリップを交換したことで軽くなってしまうのが欠点です。 そこで竹材グリップにウエイトを追加したいと思います。 ガバメント専…

続きを読むread more

東京マルイ M92F クロームステンレス ガスガン

東京マルイの【M92F クロームステンレス】ガスガンを紹介したいと思います。 今では数多くの種類がある東京マルイのガスブローバックハンドガンシリーズ、その記念すべき第1弾が”M92F ミリタリーモデル”です。 イタリアのベレッタ社が開発したモデル92をアメリカ軍用ピストルのトライアルの為に改良した、実際に採用された9mm口径オー…

続きを読むread more

Carbon8のアウターバレルを買ってみました。

Carbon8のアウターバレルを買ってみました。 このアウターバレルはCarbon8 Co2ガスガンのM45シリーズ用のパーツですが、マルイのガバメントシリーズにも使えるらしいと聞いたので試してみたいと思います。 今回、購入したのはサイレンサーを取り付ける為のネジ切りが施されたバレルです。 カラーはブラックとシルバーがあり…

続きを読むread more

東京マルイ パイソンPPCカスタム 6インチ エアガン

前々回の記事にてセールで購入したパーツの組み込みが上手くいかない(進まない)ため(^^; こんな時の為の秘蔵コレクションを紹介したいと思います。 東京マルイ パイソン PPCカスタム 6インチ エアーリボルバーの紹介です。 パイソンPPCカスタム:シューティング競技用のマッチカスタム。 正直、マルイのエアリボで登場するまで…

続きを読むread more

東京マルイ M45A1 CQBピストル ガスガン

東京マルイ【M45A1 CQBピストル】を紹介したいと思います。 ここで紹介をするM45A1は18年9月頃に新品を購入したものです。  M45A1 CQBピストルはコルト社がアメリカ海兵隊の部隊MEUやMARSOC向けMEU/SOCピストル(M45)の後継として開発し採用※された.45口径のセミオートマチックピストルです。 2…

続きを読むread more

Galaxy G.36 (コルト・パイソン) エアガン

ネットショップにて1,000円台のエアーリボルバーを見つけたので安さに惹かれて購入してみました。 中国のメーカー Galaxy の「G.36 」を紹介したいと思います。 GalaxyのG.36エアーコッキングガンです。 G.36というとアサルトライフルをイメージしてしまいますが、パッケージのイラストはコルト・パイソンとあべこべ…

続きを読むread more

M9A1のグリップスクリューが

6月某日、KSC M9A1のグリップを外そうとしたらネジの1つのネジ穴が舐めてしまいました ネジ外し液とか接着剤を使用したらネジ舐めが悪化。。 諦めてネジ外しビットを注文。 数日後、ネジ外しビット到着。 早速試すも上手くいかず何度かチャレンジしてもダメ。諦める。 7月某日、別なタイプのネジ外しビッ…

続きを読むread more

東京マルイ グロック17 エアガン

東京マルイのグロック17 エアコッキングガンの紹介をしたいと思います。 以前にもエアコキのグロック17(ノンホップ)を取り上げましたが、今回は18歳以上用のホップアップモデルの紹介です。 18歳以上用エアコキ グロック17のパッケージです。 特にパッケージに記載されていませんが外観再現の向上やフルサイズ化されたマガジンなどワン…

続きを読むread more

AAP01 アサシン スペアマガジン編

グロック22用のガスルートパッキンを交換したいと思います。 マガジン上部にあるピンを抜いてマガジンリップの分解をしました。 リップに付いているガスルートパッキンを交換します。 左側がグロック22純正ガスルートパッキンで、右側がActionArmyのガスルートパッキンになります。 ガスルートパッキンを取り付…

続きを読むread more

AAP01 レイルを追加する編

発注していたAAP01用のレイルセット、スペアマガジン、ガスルートパッキンが届いたので、今回はレイルセットを紹介したいと思います。 はい開封しました。 アンダーマウントとトップレイル、取付用ネジ(4本)のセットになります。 購入価格は1,100円(税込)也。 ピカティニ規格の樹脂製のレイルパネルで、アンダーレイルとトップ…

続きを読むread more

ActionArmy AAP01 アサシン ガスガン

ActionArmy AAP01 アサシン ガスブローバックガンの紹介をしたいと思います。  ActionArmyは、台湾に本拠地を置くエアソフトガンとアクセサリーメーカーで2010年に創業した比較的、新しいメーカーのようです。 AAP01 アサシンの他にボルトアクションライフルやガンパーツ等も取り扱っています。 AAP01 …

続きを読むread more

HOGUE グリップ スリーブを買ってみました。

エアガンショップにてHOGUE製のグリップ スリーブを買ってみました。 HOGUEは、アメリカに本拠地を置く実銃用グリップ、ストック、アクセサリー、ナイフなどを扱うメーカーです。 グリップ スリーブは中身が見えるブリスターパッケージに入っています。 正式名称は「ハンドオール ユニバーサルフルサイズ グリップスリーブ」と長い…

続きを読むread more

アウターバレルをメタルか!

東京マルイ P226 用のメタルアウターバレルを購入したので交換してみます。 購入したのはGuarderのアウターバレルです。 ネット通販にて購入しました。 ブラックカラーも販売されていましたが迷った挙句、今回はシルバーカラーのメタルアウターバレルにしました。 チャンバーカバー横にマルイ純正と同じく「9mm Pa…

続きを読むread more

M686塗ってみました

以前紹介したクラウンモデルのガスリボM686を手直ししてみました。 気になっていた部分、無塗装のプラ成型色だったリアサイトとサムピースに塗装を行いました。 実銃を参考にリアサイトはブラック、サムピースはシルバーカラーにしてみました。 最初にリアサイトとサムピースのネジを外して分解して、筆でペタペタと塗ってみたのですが(汚く…

続きを読むread more

S&W M49 Xカート HW マルシン ガスガン

マルシン S&W M49 ボディーガード Xカートリッジ HWの紹介をしたいと思います。 今までXカートリッジ化されていなかったのが不思議なくらいですが、たしか10年ぐらい前にリニューアル版M49の発売情報が出て予約をしていましたが、結局発売されることはなく立ち消えになってしまいました‥。 そんなことから月日が経った昨年10月頃…

続きを読むread more

S&W M686 6インチ クラウンモデル ガスガン

クラウンモデルのガスリボルバー S&W M686 6インチバレルモデルの紹介をしたいと思います。  M686は、S&W社が開発した.357マグナム リボルバーです。 先にリリースした同社のM19が抱えていた耐久性の問題を改善する為に新たに開発した強化型フレームを採用する事で、耐久性を高めることに成功しM19と同じ.357マグナム弾を…

続きを読むread more

CFS45を塗装してみました

ふと思い立ってクラウンのエアコキCFS45を塗装してみることにしました。 まずは分解です。グリップはネジ1個で固定しているので外すのは簡単ですが、スライドを外す作業が難航しました(^^; スライドを何とか外すことができました。 その後にフレームのネジ3個を外すと分解できました。 分解してみると、内部パーツも少なくて構造も…

続きを読むread more

ワルサー PP マルゼン ガスガン

Webにて東京マルイのマルフェスにて新製品が発表されましたね。 その中でも、意外だったのは”コンパクトキャリーガスガン”と紹介されていた固定スライドガスガン・シリーズです。 第1弾にルガーLCP、第2弾にS&W ボディーガード380とどちらも小振りなモデルになるそうですね。 発売時期等は発表されませんでしたが、発売が楽しみですね。…

続きを読むread more

ブラック×ブラック

ゴールデンウイーク明けの今日は5月7日にちなみましてファイブセブン(5-7)を持ってきました。 実はこのファイブセブン、元は東京マルイのフラット・ダークアース・モデルになります。 3年ぐらい前にショップにてGUARDERの単品ブラックフレームが安く売られていたので購入し、フレーム交換していました。 ツイッターでファイブセブンの…

続きを読むread more

クラウンモデル CFS45 エアガン

『2020年 春のS&W ハンドガン祭り』 第3弾❗ クラウンモデル CFS45 エアコッキングガンの紹介をしたいと思います。 CFS45の基になっているのは、S&W社が1999年に開発した.45口径の小型オートマチックハンドガンです。 同社の小型リボルバーと同じ愛称を取り入れたChiefs Special .45(C…

続きを読むread more

S&W M36 2インチ Xカートリッジ HW マルシン ガスガン

マルシンS&W M36 2インチ Xカートリッジ HW ガスリボルバーの紹介をしたいと思います。  M36は、.38スペシャル弾を使用するリボルバーです。 S&W社が1950年に発表したこのリボルバーは当初”チーフスペシャル”の名称で販売されていましたが、後にModel 36の名称に改められました。 長期に渡って生産されたので…

続きを読むread more

M&P PCポーテッドを弄る

前回紹介した東京マルイのM&P 9L PCポーテッドにマイクロプロサイトとメタルアウターバレルを装着してみたいと思います。 用意したのはDetonator製のメタルアウターバレルです。 StormLakeタイプを再現していて先端に14mm正ネジが切られています。 カラーはブラックとシルバーがあって、購入する時にどちらにしようか…

続きを読むread more

S&W M&P9L PC ポーテッド 東京マルイ ガスガン

東京マルイ製 M&P9L PC ポーテッド ガスガンの紹介をしたいと思います。  2005年に登場した「M&P」は、スミス&ウェッソン:S&W社が開発したポリマーフレームハンドガンです。 "M&P” ミリタリー & ポリスといえばS&W社を代表するリボルバーと同じ名称を取り入れたことからも意気込みが感じられます。 ストライカー…

続きを読むread more

クラウンモデル USPMATCH エアガン

クラウンモデルのUSPマッチを紹介したいと思います。 この製品は10歳以上用エアコッキング式ハンドガンです。 このモデルはGLK33に続くスライドストップハンドガンの第2弾として20年3月に発売されました。 第2弾にてモデルアップされたのは、シューティング競技向けに改良したUSPのバリエーションモデル。精度を高める為にロン…

続きを読むread more

MPSW_SLCを色付けをしてみました

少し前からクラウンモデルのMPSW_SLCを塗装していました。 作業途中に雪が降ったり、雨が降ったりしたので、思った以上の作業日数になってしまいましたね(^^; クラウンのMPSW_SLCは、ブラック1色の無塗装仕上げ、分解も簡単でパーツも少な目なので塗装しやすいモデルだと思います。 最近、使っていなかったプラモ用のスプレ…

続きを読むread more