HFC 25オート コルト M1908 ガスガン レビュー

HFC 25オート ガスガン
HFC 25オート ガスガンの紹介をしたいと思います。
台湾のHFCというメーカーが製造する固定スライドガスガンで、コルト M1908 ベスト・ポケットと呼ばれる.25口径ピストルがモデルになっています。

HFC 25オート パッケージ
パッケージはシンプルなボール箱で「HG-107 MODEL」と書かれています。
HFCの正式な商品名はHG-107と云うようですね。

パッケージ側面に本体内容のシールが貼られています。
当方が購入したのはセキトーが輸入代理店になっているものようです。

HFC 25オート パッケージ 中
中にはHG-107本体が結束バンドで固定されています。

HFC 25オート パッケージ 内容
パッケージに付属するのは本体、サイレンサー、BB弾、説明書(日本語表記)、セキトーが販売をするHFC製品カタログ(日本語表記)が入っていました。

HFC 25オート ガスガン 左
とってもコンパクトなボディです。
固定スライドガスガンなのでスライドは動きません。
ボディはシルバー塗装仕上げ、ABS樹脂製でフレームとスライドが一体成型でできています。
フレームは左右分割になっているモナカ構造です。

コルト刻印の類は省略されています。
唯一、グリップにHFCオリジナル?のクモをモチーフにしたエンブレムがあるくらいです。

HFC 25オート ガスガン セフティ
トリガーとフレーム後端にあるセフティは金属製の別パーツです。
セイフティレバーは可動して、水平よりも上にあげるとロックがかかります。

HFC 25オート ガスガン 右
反対側はレバーも無くスッキリとした印象です。
フレームに小さなフォントで「MADE IN TAIWAN」と刻印されています。

小さなグリップで握ると薬指と小指が溢れてしまいます。
グリップ後ろにあるグリップセフティはモールドなので動きません。

HFC 25オート ガスガン スライドトップ
スライド上部にスーッと溝が通っています。
これがアイアンサイトでフロント側に小さな突起、リア側の溝が狭まっていて狙えるようになっています。

HFC 25オート ガスガン アンダーフレーム
割れ目がクッキリと見えるフレームですが、何度か撃っていると衝撃でトリガーガードが左右に開いてきて隙間ができます(^^;

HFC 25オート ガスガン ガス注入口
グリップ底のマガジンキャッチ部分にガス注入バルブがあります。
マガジン内部にあるガスタンクにガスを入れる構造になっています。

バルブが海外仕様になっているかガスを入れる際に「シュー」という音が聞こえず無音なのでちゃんと入っているのか分かりにくいのが難点です。

HFC 25オート マガジン
マガジンはリップを掴んで引く抜くと外せます。
本体サイズもそうですがマガジンも極小サイズですね。

側面にあるフォロアーを下げ切るとロックがかかります。
その後にマガジン上部の口からBB弾を込めます。
保持するリップが無いのでBB弾を込めた後にマガジンを逆さにするとBB弾が流れ落ちてしまいます。
BB弾の装弾数は7発です。

HFC 25オート ガスガン マズル
マズルから覗けるインナーバレルはアルミ製のようです。
スライドとは別樹脂製のマズルパーツ。
マズルにネジ切り付きで専用のサイレンサーを装着できます。
ネジの太さは11.4mmになっています。

HFC 25オート ガスガン サイレンサー
付属してくるサイレンサーは樹脂製です。
全長は133mm、直径が29.8mmサイズになります。
重量は約35gと非常に軽量なサイレンサーですが内部にスポンジなどの消音材が無くただのパイプが入っているだけで装飾性の高いパーツになります。

HFC 25オート サイレンサー 左

HFC 25オート サイレンサー 右
サイレンサーを取り付けるとイメージが変わりますね。
極小サイズのハンドガンとサイレンサーの組み合わせは自衛用というよりもアウトローやインフォーマルな感じ。

サイレンサーの効果をデジタル騒音計を使ってみてみました。

HFC 25オート サイレンサー効果 無
サイレンサー無し

サイレンサー有り
HFC 25オート サイレンサー効果 有
僅かにサイレンサーを装着すると数値が下がりましたが誤差も考えると殆ど変わっていないのかもしれません。
聞いた感じだとサイレンサー無しだと「パンッ」という感じに聞こえるのですが、サイレンサーを装着するとやや籠ったような「パフッ」に変わっているように聞こえました。

HFC 25オート 固定スライド
固定スライドガスガン、露出するハンマーもないのでダブルアクションのみでの発射になります。
トリガーの引きが重たくてストロークも長めにあるのでシアが落ちる(発射)タイミングを掴みにくいです。
慣れてくると連射もできますが指は痛いですね(^^;

初速は0.2gBBの7発の平均を測ると約45m/s(0.2J)という結果になりました。
固定ホップアップを搭載しているので飛距離は10~15mほどだと思われます。

HFC 25オート ガスガンHFC 比較
マルイのグロック26と比較してみました。
25オートと並べるとグロック26が大型ピストルのように見えてしまいますね、、。

HFC HG-107 25オート
HFCの25オート(HG-107)は購入価格が3,500円ほどでしたが、店頭で初めて見た時に本当にガスガンなの?疑ってしまいました。
シンプルなパッケージや本体刻印が省略されているなど海外製ならではの構成になっています。
手のひらサイズですが、ちゃんとガスタンクを内蔵しており連射も可能な固定スライドガスガンです。
付属するサイレンサーを装着すると印象がガラリと変わり楽しめるのが面白いと思います。
コレクション用というよりは、お座敷シューティング、サバゲでの不意を衝く奇襲用途?やカスタムベースに良さそうな1丁です♪


定価:3,800 円(税別)
全長:120 mm(245 mm)
重量:156 g(191 g)
※()内の数値はサイレンサーを装着時の値です。


【関連リンク】
マルシン 25オート ガスガン
クラウン 25オート エアコキ
啓平社 ポケットガン エアコキ



"HFC 25オート コルト M1908 ガスガン レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.