M870用フラッシュライト フォアエンドを装着 レビュー

S&TのM870マリーン・マグナムに付けようと思いG&Pのタクティカルフォアエンドを買ってみました。

G&P CA870用ハンドガード 左
G&Pの「GP-TAL003 CA870 ハンドガード LED タクティカル・ライト」という品目の商品です。

紛らわしいのですがCA870と書いてあるのにマルゼンのノーマルCA870(タクティカルを除く)には非対応のパーツになります。
ノーマルのCA870はアウターバレルやマガジンチューブがショートサイズになっているのでこのG&Pのフォアエンドを装着できないのです。
G&P製フロント・セット(ミディアムかロングサイズ)を組んだCA870には対応するとのこと。

G&P CA870用ハンドガード 右
イカツイ形状のフォアエンドで前が膨らんで先端からフラッシュライト露出している不格好な見た目ですね(^^;
でもそれがカッコイイのです。
何よりこの手のパーツは最近見かけません。。。

点灯スイッチはフォアエンドのサイドに配置されています。
フォアエンドのスイッチを押している間だけ点灯するものになります。

CA870 ハンドガード LEDタクティカル・ライト
フラッシュライトはネジのはめ込み式でクルクルと回すと外すことができます。
バッテリーはCR123Aを2本使用(付属してきます)します。

テールキャップ
ライト用のスイッチ付きテールキャップも付属するのでフラッシュライト単体で使用するも可能です。
テールキャップのスイッチは連続点灯が可能です。

P1180912.JPG
メーカーのWebサイトによると光量は170ルーメンとのこと。
照らしてみると全体を照らすワイド光というよりはピンポイントに明るくするスポット光ような照らし方になります。

S&T M870 フォアエンド 交換
ではフォアエンドを交換します。

S&T M870 マガジンチューブ 分解
バレルマウントをプラスドライバーを使って外してから、エクステンション・マガジンチューブも取り外します。
バレルマウントを外す以外は工具なしで分解できます。

S&T M870 マガジンチューブ 分解 2
マガジンチューブはねじ込み式なので回すだけで外せますが、チューブ先端に緩み留め?のOリングがあってちょっと外しにくいです。

マガジンチューブを抜くとフォアエンドをガイドから外すことができます。

フォアエンド 比較
ノーマルフォアエンドと比べてG&Pの方が大柄ですね。

ノーマル・フォアエンドのサイズは
全長 約185mm、幅 約45mmなのに対して
G&Pフォアエンドは
全長 約185mm(ライトを含めると263mm)、幅 約55mmと幅が広く太くなっています。
重量はノーマルが約212gでG&Pは約560g(バッテリー込み)あります。

フォアエンド 比較2
内部はこんな感じです。
上がG&P、下がS&Tのフォアグリップです。
G&Pは配線などがあるので左右分割のモナカ構造になっています。

内部の切り欠けなど大きく異なりますがアクションバー・ガイド用の溝位置や大きさはほぼ同じです。
これなら組み込みもできそうです。

M870 ライト付きハンドガード
フォアエンドをアクションバー・ガイドに嵌めたら分解と逆の手順で組めれば作業終了です!

M870 ライト付き フォアエンド
ノーマルのフォアエンドと比べてコッキングするとグラつくのが気になりますが、作動に支障はなさそうです。
後ほどまた分解をしてフォアエンドにテープでも貼ってグラつきを抑えたいと思います。

M870 ライト付き フォアエンド 2
ロング仕様で更に重量増になるので取り回しは良くありませんがカッコいいからヨシッ!

強いて云うとライトを点灯するとマガジンチューブに光が遮られて大きな影が映ってしまうことでしょうか(^^;


関連リンク
S&T M870 マリーン・マグナム
マルゼン CA870 ストック

"M870用フラッシュライト フォアエンドを装着 レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.