9mm化アダプターを買いました。

ちょっと前から気になっているモデルがありまして。
それはコルトが80年代にM16アサルトライフルをベースに造った9mmサブマシンガンです。
その名も「Colt 9mm Sub Machine Gun」 と、そのまま💦。

これの雰囲気を再現すべく、見つけたのがSMG マガジンアダプターです。

CA 9mmSMGアダプター
予備マグ付きや、MP5マグが使えるものなど数種類ほど候補があったのですが、購入したのはClassic Army製の”M16 SMGマガジンローダー”です。
サバゲで使う予定は無い為、予備マグは付かないもので、コスト面も他のものより安かったのでCA製に決めました。
今回はアマゾンにて購入したのですが、お値段は約2,200円也。

CA マガジンアダプター
セット内容はマガジン、アダプターがそれぞれ1つとシンプルなもので、説明書もありません。

9mmマガジン.jpg
マガジンはUZIタイプのもの。
実銃でもUZIマグをコピーし改良したものが使用されているようですね。
プラスチック製で約63gと軽量です。
ノーマルタイプでBBローダーなどを使ってマグ上にあるリップから押し込み装填します。
装弾数は約100発です。

外装はUZI用だった名残のマグキャッチ孔や残弾確認孔が再現されています。

アダプター.jpg
アダプターもプラスチック製です。
対応するはスタンダードタイプの電動ガン、M4/M16シリーズのマガジンが使用できる機種です。
このアダプターをライフルのマグハウジングにセットして使用します。
マガジンの取り外しはアダプター下にあるレバー式マガジンキャッチを押して行います。

M733 9mm化 1
電動ガンM733に装着してみました。
実銃との違いを挙げると幾つもありますが、登場時期が同じ頃の80年代スタイルのM733ですので何処となく雰囲気は真似できたかなと。

実射をしてみましたが、給弾は問題なく撃てました。3マグ分(300発位)撃ちましたが弾詰まりも無いです。
ただ、アダプターを経由するので撃ち切っても間にBB弾が残ってしまい、マガジンを外すと7発ほど弾ポロします。
あと、マガジンを外そうと癖で本体のマガジンキャッチを押してしまうと、アダプターと一緒に落下してしまい注意が必要です。。

DSC_1388 (2).JPG
何年か振りにM733を出してきたので、キャストパーツに白錆びが発生していました(^^;
折角なので、メンテンナスも兼ねてフロントを分解をしてからキャストパーツに防錆オイルでゴシゴシしてみました。
更に白錆びが酷いパーツはヤスリで落としてから黒染め液で補修、オイルを塗布ということをしていたら四半日を使ってしまいましたね。。

M4 CQB RIS2 9mm化 1

M4 CQB RIS2 9mm化 2
CYMAのエアコキM4にも装着してみました。
現行の9mm SMGだとフラットトップレシーバーを装備しているとのことなので、モダンかつタクティカルな9mm SMGもありですね。


銃によって加工や調整が必要な場合もあるかもしれませんが、アダプターを取り付けるだけで良いので簡単に使えるのが魅力だと思います。

"9mm化アダプターを買いました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント