新次世代。更に新拳銃、新小銃が決まる

いよいよ明日は東京マルイの次世代電動ガン MK46 Mod.0 の発売日ですね!
その翌々週の今月23日に同じくマルイのガスガン V10 ウルトラコンパクト の発売日が迫ります。
p_main_191203102723.jpg

https://www.tokyo-marui.co.jp/products/electric/nextgeneration/472PR/

https://www.tokyo-marui.co.jp/products/gas/blowback/471

東京マルイの公式HP

新製品が立て続けに発売となるとなるわけですが、先週末に気になるニュースがありました。

陸上自衛隊向け新小銃・新拳銃の決定の発表です。
64式、89式小銃の後継として豊和工業製の「HOWA5.56」
9mm拳銃の後継としてH&K製の「SFP9」
がそれぞれ新小銃・新拳銃に決定したそうです。

HOWA5.56 小銃は新開発のモデルですが、公開画像も1枚しかないので情報も少ないですね。

一方、SFP9は、2014年に登場したH&K製のVP9のヨーロッパ向けの名称(ストライカー・ファイア・ピストル)です。
ストライカー方式を採用し、トレンドを取り入れたポリマーフレームオートになります。
正直、グリップ前のレバーを握りこんでコッキングしたり、ストックを着けないとバースト射撃できない 変態的 ユニークな機能を搭載していたメーカーのモデルとは思えない、普通の拳銃です。

SFP9及びVP9にそれぞれコンパクト/ロング/タクティカルなどバリエーションモデルが展開しています。
VP9-OD-Green-Web.jpg
画像のモデルはVP9 ODフレームモデル。HK USAのHPから引用。

トイガンフリークとしても新小銃・新拳銃がいつかモデルアップされる事を楽しみにしたいですね。VP9は既に海外メーカーがモデルアップしていますが、できれば国内メーカーからも製品化を希望しています^^

"新次世代。更に新拳銃、新小銃が決まる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント