結局、シンプルなものに

画像
KSCのHK45向けにサイレンサーを買ってみました。

色々なメーカーやモデルを検討して、調べたりしてみましたが結局、選んだものはシンプルな形状のサイレンサーにしました。
画像
今回手に入れたサイレンサーは、KM企画のフェザーウェイトサイレンサーです。
KM企画のサイレンサーには幾つものバリエーションが存在し、ここから選ぶのも迷いましたが、前回の反省を踏まえて直径が太過ぎず・細すぎない30mm径にして、長さも155mmサイズの少し長めなサイレンサーをチョイス。
画像
外装はアルミ製のつや消し仕上げでサラッとし、表面の刻印もシンプルで私は好きですね。もちろん内部に消音用ウレタンも入っています。フェザーウェイトという商品名からも分かるようにとても軽量にできたサイレンサーで重量は僅か約64g程しかありません。
画像
サイレンサー前後の穴がそれぞれ14mm正/逆ネジ対応になっています。14mm正/逆ネジどちらにも対応しているのでパーツを交換やアダプターを使ったりしなくても幅広いモデルに使えるのは良いですね。

※14mm正/逆ネジのモデルでもマズルの形状などによって使用できないこともあるかもしれません。
画像
フェザーウェイトサイレンサーを装着して実射してみると、ブローバック動作にも支障なくちゃんとホールドオープンしてくれました。ガスブロなので劇的に音が消えたり、音が小さくなることはありませんが、発射音が軽減されているような気がします。
画像
もちろんハンドガンに限らずサブマシンガンやライフルにも使用できるのでWEのSCAR-Lに装着してみました。

シンプルな形状ながらも幅広く使える、まさに万能サイレンサーですね♪


関連記事リンク
『出っ張りバレルを組む』
『サイレンサーを調達しました』


"結局、シンプルなものに" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント