416のリアサイト

画像
突然ですがVFC HK416のリアサイトを交換しました。
元々、取り付けられていたリアサイトは、ドラムタイプのHKらしいものでした。
以前にフロントサイトを交換した後もリアサイトは交換せずにそのままドラムタイプを使用していましたが今回は遂にドラムタイプのリアサイトも交換します。
画像
交換用に用意したものは、同じくVFC製のHKフォールディングリアサイトです。
VFCのHK416Cに付いているものと同一品と思われ、HK純正フォールディングリアサイトのレプリカです。
画像
折り畳み可能な20mmレイル対応の金属製バックアップサイト。
側面にカートリッジの刻印があって、弾頭側の向きが前です。
マウントレイルに固定させる為のネジは無く、“→OPEN”と書かれている方向にロックパーツをスライドさせマウントレイルに装着します。
画像
サイトの右側面にダイヤルが配置され、このダイヤルを回すことで左右への微調節機能を備えています。ダイヤルを右回りに操作するとサイトポストを右方向へ、左回りに操作するとサイトポストを左方向へと調節できます。
また、ダイヤルが振動などで不意に狂わないようにする為、ダイヤルの横にロックボタンが用意されていてこのボタンを押しながらでないとダイヤルを操作できない仕組みになっています。
画像
サイトの裏側にも前後方向を示すカートリッジ刻印があります。流石VFC、抜かりないですねぇ。

ポツとある凸型の突起は、マウントレイルの溝と噛み合わせるためのものです。VFCのHK416には無加工のポン付けできましたが、他社製品や取り付けるモデルによって加工が必要な場合があるかもしれません。
画像
サイトの形状はシンプルなピープ(穴)サイトとなります。穴の直径は3mmと個人的にも丁度良い大きさでした。
高さの調節はサイトポスト先端の円形部分を軽く持ち上げ右回りに操作すると低く(↓)、左回りに操作すると高く(↑)調節できます。サイトポストにも“←Down”、“→Up”という刻印がありますね。
画像
HK416に取付けてみました。ドラムタイプのリアサイトと比べてみるとシンプルなセッティングで、よりドットサイトなどと組み合わせたくなりますね!



関連記事:
【VFC HK416紹介記事】
【HK416のショートバレル化・フロントサイト交換】
【HK416 D10RSを再現してみる】


"416のリアサイト" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.