東京マルイ:電動ブローバック M9A1 フルオート(電動ガン) レビュー

つい先日、発売されたばかりの電動ブローバック・フルオートのM9A1を手に入れましたので紹介いたします。
電動ブローバック M9A1
2011年の模型ホビーショーで発表された電動ブローバック最新作は、アメリカ軍採用M9ピストルの新型改良モデルであるM9A1です。
画像
パッケージは今年になってリニューアルされたデザインに準じています。小さくパッケージにも書いてありますがM9A1は「日本製」となっています。同じ電ブロフルオートのP30Mac11は台湾製だったので少し意外でしたね。

パッケージ内容はM9A1、マズルキャップ、クリーニングロッド、少量のBB弾(0.12g)、取説類となっています。電池は付属していないので別途用意する必要があります。
マルイ M9A1
今回の電ブロM9A1はブラックとシルバーの2種類発売されました。店頭で少し悩みましたが私はブラックを選択してみました。全体的につや消し塗装でスライドとフレームの塗料か塗り方が異なるのでしょうか?僅かに質感も違うのも再現なんでしょうね。
画像
同じく電ブロのM92Fと比べてみました。やはり大きくM92Fとの変更点はフレームのアンダーマウントレイルですね。アンダーマウントを装備したことでウエポンライトの装着が可能となり、ライト等を装着した際に支障にならないようにトリガーガード前面の形状も変更されています。
画像
10歳以上用のハンドガンでレイルを装備しているモデルは貴重な存在ですね。このアンダーマウントレイルは20mmレイル対応の別売りCQフラッシュなどが装着可能です。

スライド/フレームの刻印はオリジナルのものですが、本物の雰囲気を上手く再現していると思います。
画像
フレームは左右張り合せのモナカ構造。ちょっと剛性的に不安ではありますが内部に電動システムを搭載する電ブロは構造上、仕方がないのかもしれないですね。

トリガーガードのグリップ側の付け根には電ブロシリーズではお馴染みのセフティボタンが設置されており。正しくグリップを持ってセフティを押さなとトリガーを引いても弾が発射されない仕組みです。
画像
グリップと前面、後面の滑り止めはM92Fから変更されギザギザのチェッカータイプに変更されています。

グリップパネル、スライドストップレバー(スライドストップの機能はありません)はフレームと別パーツ。それとパネルの六角穴ビスも別パーツですが、これはビス風でパネルを固定していない飾りとなっています。それ以外のマガジンキャッチやテイクダウンレバー、スライドのセフティにハンマーはモールドとなっていました。
画像
スライドは一体成型ですね。サイト部分にはホワイトドットは無いので自分でドットを塗ってみるのも良さそうです。
画像
「TOKYO MARUI.....」云々の刻印を目立つスライドに入れる必要があったのか微妙な所だと思いますが、その下のマウントレイル部分の「マニュアルを読め」的な刻印は実物にあるものを再現しているので「TOKYO MARUI.....」云々の刻印も本物っぽく見えてしまうのが不思議。

さて画像の黄矢印と赤矢印の真上にあるテイクダウンラッチがトイガンオリジナルのセミオート/フルオートを切替用のセレクター。黄矢印方向にスライドさせるとセミオート、赤矢印方向だとフルオートに切り替えられます。
画像
スライドがブローバックするストロークは約2㎝程度となっています。
ここで嬉しい発見!プラスチックパーツが多い電ブロですが、リコイルスプリングガイドが金属製でしたよ♪
画像
電池はこれまでの電ブロと同様にグリップ底のカバーを開けて装着します。使用する電池は単4型アルカリ電池4本です。取説や電池スペースに貼られているシールにもありますが、端子の向きに注意しながら入れて下さいね。
画像
マガジンはいつも通りの細身のバナナ型マガジン。装填されているBB弾が透けて見えるシースルー仕様!装弾数は15発なのでフルオートだと物足りなく感じるかもしれません。このマガジンは電ブロM92Fと共用となっているので既にM92Fをお持ちになっている場合はスペアマガジンとして使用できるのは良いですよね。
画像
いざセミオートで実射してみるとパコッパコっと電ブロ独特の作動音と共にスライドがブローバックしてBB弾が発射されていきます。セレクターをフルオートに切り替えてトリガーを引くとパッパッパッと弾幕を張ることが出来ます。発射サイクルは1秒間に約5.5発(電池の状態で多少変化します)と3秒もかからない間に撃ち切ってしまう計算ですね。初速は0.12gで平均42.4m/sです。
そのまま慣らし撃ちで45発目を撃ち終った後に異変が起きました!?弾を込めたマガジンを再び装填してトリガーを引いてもうんともすんとも動かなくなってしまいました(汗)
電池を新しいものに交換してみても全然ダメで、更にはM9A1の内部からカラカラという微かな音が聞こえて冷や汗。
ここは覚悟を決めて分解してみる事にしました。

画像
買ってきた初日にバラバラです(泣) 分解してみた結果、内部でカラカラ音を立てていたのはトリガーの動きを通電スイッチに伝達するパーツ(青矢印のパーツ)と、その伝達パーツ用のスプリングが衝撃か何かで外れてスイッチが押されていなかったのが原因でした。
外れていたパーツを元に戻し再び組み直してみると、何とか元のように作動してくれたの一安心しましたが、やはり電ブロは他方で言われている通り繊細でちょっとした衝撃などでも不具合が起きやすいモデルというのを痛感しましたね。

※当方は過去に何度か電ブロの分解を行った経験があったので分解修理をしましたが、分解してしまうとメーカー修理が受けられなくなってしまいます。故障や破損してしまった場合は購入したお店やメーカーにお問い合わせする事を強くオススメいたします。
画像
電動ブローバック・フルオートの第6弾となるM9A1はシリーズの特徴を受け継ぎながらもアンダーマウントレイルを装備した改良型M9として登場しました。ブローバックする電動ガンという楽しみ方のほかにもオプションパーツを取り付けて自分らしく飾ることが出来るようになった点は素晴らしいと思います。
ただし、内部の電動ブローバックシステムは繊細な構造から不具合も起きやすく、他のモデル以上に取り扱い方は注意を持って使用したほうが良さそうですね(^_^;)
2/7 Youtube動画を追加しました。


定価:3980円(税別) 全長:約219mm 重量:約323g(電池込) その他:固定ホップアップシステム搭載

"東京マルイ:電動ブローバック M9A1 フルオート(電動ガン) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.