マイクロエース:M7 バヨネット (プラモ) レビュー

先週末の休日にマイクロエース(旧アリイ)のプラモデル「M7 バヨネット」を買ってきて組み立ててみました。
画像
いつの間に、パッケージが新しくなりコンバットシリーズ共通のデザインになっています。こんなところにも合理化とコスト削減の波がきているようです・・・。
また、パッケージのロゴ表記もアリイからマイクロエースに変更(統一)され、ちょっぴり寂しい気分に。
画像
パッケージ横にキット内容のシールが貼られています。似たようなキットもありますのでコンバットシリーズを購入される際はキット内容をよく確認してくださいね。
画像
M7バヨネットのキット内容は非常にシンプルでパーツ数も少ないですね。2種類あるM7バヨネットキットですが、今回はブレードがラバー(ゴム)で出来ているキットを選びました。もう一方のキットではブレード部分がプラスチックとなっていてラバーのキットよりも数百円、安く販売されています。

ランナー袋の中にはランナーキットのほか、小さなスプリングも入っています。見落としやすいので紛失には注意して下さい。
画像
バヨネットの組み立て説明書。右上のロゴは懐かしい「ARII」のまま。説明書までは新しくしなかったみたいですね。
それと説明書にもありますが、接着剤や組み立てに必要な工具にトイガン本体は付属しません(^_^;)
画像
ランナーからパーツを切り取った後にスプレー塗料でささっと塗ってみました。塗装をした後に接着剤でパーツ同士をくっつけて完成です。今回はパーツの合わせ目処理などは省略しました、、。
画像
完成したM7バヨネットとM8A1スキャバード(鞘)。このバヨネットはM16A1用に開発されたもので、元々は1つ前のM14用のM6バヨネットがベースだとか。
銃剣とかは知らない事も多いのでネットなどで調べてみても、確かにM6バヨネットの写真などに似ています。スキャバードの方はもっと前のM3バヨネットから使われているM8スキャバードの改良型M8A1を再現しているとか。
ちなみにM16A2からはM9バヨネットに切り替わっていて、こちらのM9バヨネットはコンバットシリーズでもキット化されています。
画像
スキャバードの刻印は「U.S. M8A1 MADE IN JAPAN」となっていますよ。うん、間違ってはいないけど・・・なんかなぁ
画像
このバヨネットを買ってきて組み立てた最大の目的は、つい先日、我が家にやってきたエアコキM16A1に取り付ける為であります(^^>

早速、M16A1に取り付けようと試してみると・・・ありゃ!?付かない?

どうやらエアコキM16A1側の着剣ラグの幅が僅かに広くてバヨネットのロッキングがはまらないのが原因のようです。M9バヨネットの時もエアコキXM177E2のラグが広くて付かなかったのでエアコキライフルシリーズのモデルには、そのまま取り付けるのは難しいようです。

しかし、このM7バヨネットはエアコキM16A1に取り付ける為に買ってきたのでM16A1側の着剣ラグを削ることにしました。
画像
今思えば、M16A1側じゃなくてバヨネット側のロッキングを削れば良かったかもしれないと気が付きましたが、もう削ってしまったのでどうしようもないですね。
画像
少し削ってはバヨネットを試しに装着するのを繰り返し、なんとかM16A1側ラグの幅を薄くして、エアコキM16A1にM7バヨネットを取り付けできるようになりました。めでたし、めでたし



"マイクロエース:M7 バヨネット (プラモ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.