トイスター: グロック26 (エアコキ) レビュー

トイスター G26
トイスター製エアコッキングガンのグロック26の紹介です。
グロック26(G26)は、G17に代表されるGシリーズの中でもっともサイズの小さなサブコンパクトとよばれるハンドガンです。様々な口径バリエーションがあるのですが、ポピュラーな9mmパラべラム弾仕様がG26です。

画像
こちらがトイスターG26のパッケージとなります。マルイなどの国内メーカーのエアコキと比べてみても非常にシンプルなデザインのボール紙パッケージですね。パッケージ表面に日本語で書かれた白い注意書きシールが貼られていました。P-38の時にはハングルの黄色いシールでしたけど、このあたりは日本に輸入している問屋やショップによって違うのかもしれません。
画像
パッケージ内にはG26本体とマガジン、少量のBB弾、日本語訳の取説が入っていました。取説によると他にクリーニングロッドが付属しているらしいのですが、探してみたけど自分が購入したパッケージには、入っていませんでしたね(^_^;)
エアコキ G26
スライドとフレームのグリップにある「GLOOK」のマーク等も実銃に準じたリアルな刻印が入っています。
一体成型のスライド・フレームは、コックや発射の衝撃で割れたりするモナカ構造に比べて耐久性も高そうです。マルイのエアコキG17はスライド・フレーム共にモナカ構造なので、一体成型のスライド・フレームのトイスターG26のアドバンテージは高いと思います。何よりエアコキのG26という点も珍しいモデルアップです。
スライドには、つや消しブラックの塗装がされているので質感、雰囲気も良いですね。

実は、このトイスターのG26なのですが過去に、このブログで一度、紹介していたんです。
画像

画像
以前に紹介したアリイ(マイクロエース)ブランドのG26です。販売しているのはアリイとなっていますが、製造をしているのはトイスターです。
上の画像2枚とも左側が今回紹介しているトイスターG26、右側がアリイG26となります。
外観の違いは、チャンバーカラーがアリイではシルバーでトイスターがブラック、スライドストップの素材が、アリイは金属製、トイスターはプラ製、あとは塗装による質感の微妙な違いくらいでしょうか。

ただし、外観は似ていても、両モデルではマガジン機構に大きな違いがあります。アリイのG26はマガジン内部にゼンマイ仕掛けの機構を搭載しエアコキハンドガンでは驚異の50発以上の途中給弾なしの連続して射撃することが可能です。
トイスターG26には50発以上も給弾なしで連続射撃は出来ませんが、ある機能が再現されています。
その、ある機能とは・・・・
画像
ホールドオープン(スライドストップ)機能です。マガジン内のBB弾が無い状態でスライドをコックするとスライドストップが掛かりホールドオープンします。
最近では、エアコキのハンドガンでもホールドオープン(スライドストップ)機能を再現しているモデルが増えましたよね。
画像
トイガンオリジナルのセフティをトリガー上部にあるテイクダウンラッチを下げるとセフティが掛かる仕組みなっています。もちろん、実銃にもあるトリガーセフティ機能も搭載しています。
バレル下にあるフレームの金属製のシリアルナンバープレートには、韓国製を示す刻印が入っていました。

分解をするには、フレームにある2つの金属ピンを右側から押して取り外し(戻すときはピンの向きに注意)、スライドを引っ張り上げるとスライドと一緒にメカボックスを分解する事が出来ます。
※分解をする場合は自己責任にて行ってください。
画像
本体右側の刻印も細かな所まで、ちゃんと再現されています。トイガンオリジナルの刻印もあるのですが、目立たなくするため小さなフォントにしているなど、工夫が良いですね。

エジェクションポートの9×19という刻印があるチャンバーカバーはコックする度に開く点も嬉しいです。
画像
スライド上のサイトには、ドット用の窪みがあります。窪みだけで塗料などは塗られていませんが、これくらいの塗料入れは簡単に出来るのでホワイトや蓄光塗料を塗ってやれば狙いやすさ、見た感じの雰囲気も良くなると思います。
画像

画像
マガジンはフィンガーレスト付のリアルサイズタイプの物となります。フィンガーレストが付いている事でグリップのアシストをしてくれるので握りやすくなります。
装弾数は約10発(入れ方によっては9発)と実銃のG26と同じ弾数です。また、リザーブタンク(収納数は60発ぐらい)も装備しているのでマガジン上部にあるカバーをスライドさせBB弾をジャラジャラと流し入れ、マガジン前面にあるフォアロー下げマガジンを振ると、リザーブタンクスペースからBB弾を装填出来る仕組みになっています。

マガジン自体は構造も簡単なプラ製となので、ウエイトなども無く非常に軽量になっています。そこでリザーブタンクスペースに、自分でウエイトを追加して重量UPカスタムなどもしてみたいですね。

一応、アリイG26の55連マガジンが使えるのは確認しました。
画像
実射性能は、室内約5mの距離で0.2gBB弾を撃ってみるとホップが強いのか狙点よりも5㎝か、それよりも上に命中します。0.25gBBに代えてみると幾分かマシになりますが、それでも狙点よりも数cm上に当ります。搭載しているインナーバレルはプラ製にも関わらず集弾は0.2、0.25gBB弾共に良かったです。
初速は0.2gBB弾で約49.3m/s(0.24J)、連続して測ってもブレ幅も少なく安定した初速となっていました。

18歳以上用のモデルなのでコッキングを行うと、それなりに硬いコックになりますが、連続してコックを行っていてもストレスも無く操作が行えます。


トイスターのグロック26は刻印もリアルで質感も良く、スライドストップ機能の再現がされているエアコッキングガンです。久々に飾っても撃っても楽しめるグロックのエアコキに出会えた気がします。


購入価格:約1500円 重量:約212g 全長:約160mm

"トイスター: グロック26 (エアコキ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.