S2S:SIG P226 スタンダード Newバージョン (エアコキ) レビュー

画像
S2SのエアコックP226を手に入れました。
入手したものは、S2Sで人気のエアコキハンドガンシリーズが2008年頃にリニューアルし登場したモデルの1つです。
18歳以上の新品なのですが、パッケージ破損ということで通常よりも安く購入できました(^^)
画像
パッケージ本体には、P226本体、スペアマガジンが1つ、少量のBB弾、取説とターゲットペーパーが入っています。
リニューアルする以前では、スペアマガジンは付属していませんでした。P226マガジンの装弾数は12発なので、スペアマガジンが付属してくるのは嬉しいですよね。
画像
いざパッケージから取り出してみると、リニューアル以前のモデルと材質や全体のデザインは殆ど変りません。しかし、スライドに以前のモデルに無かった刻印が追加されています。
画像
リニューアル以前のモデルとスライドの刻印を比べてみると、以前のモデルには、スライドに全く刻印が無いのに対して、リニューアルモデルには「SIG SAUER」、「 SIGARNS INC. Herndon-VA」と実銃を製造、販売するSIG社の刻印を再現したものが追加されています。
現在の“シグ”のエアコキハンドガンでリアル刻印を再現したものは、珍しくて国内メーカーが製造しているものも省略しているモデルが多い中、S2SのP226は非常に貴重な存在だと思います。このリアル刻印が再現されているだけでも価値がありますよね。
画像
本体右側のスライドとフレームも刻印が追加、変更されています。スライドには「P226」、「KWC MADE IN TAIWAN」という追加があり、フレームの製造国刻印から製造された時期とS2Sが加入する日本の業界団体の刻印に変更されています。ちなみにKWCは、P226を製造している台湾のメーカーです。
画像
これまで、刻印の違いについて比べてきました。それ以外のリニューアルモデルと以前のモデルの違いを探しましたが、刻印以外はデザインもマガジンも内部機構も全く同じです。出来ればハンマーが肉抜きのチープなデザインぐらいは手直しして欲しかったです(^_^;)
画像
必死の思いで探したところ、違いを発見しました。それは、リコイルスプリングガイドの先端の窪みがリニューアルモデルでは無くなったことです。材質はどちらもプラ製です。これぐらいしか刻印以外で外観のリニューアルポイントは見つけられませんでした。
画像
見た限り内部機構も同じでしたが、念のため初速を測るために撃ってみると、以前の様にコッキングは少し固めです。測定結果は0.2gBB弾で約70.3m/s(約0.49J)でした。リニューアル以前のモデルでも約71m/s(0.2gBB弾)で、大体同じ初速となります。
インナーバレルは、真鍮製を使っていて固定ホップアップシステムも搭載しています。取説による推奨BB弾は0.2gの重さの弾です。
画像
リアルな刻印を追加して登場したS2SのエアコックP226は、初期のタイプを再現したモデルで、ある意味貴重な存在です。スペアマガジンも付属して手軽に使えるエアコキとしてサバゲのサイドアームや家の中でのシューティングに良いのではないでしょうか。


定価:2980円 重量:約392g 全長:約196㎜

"S2S:SIG P226 スタンダード Newバージョン (エアコキ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.