トイスター: トカレフ TT-33 (エアコキ) レビュー

画像
トイスター製エアコッキングガンのトカレフ TT-33の紹介です。 ある意味、日本でも馴染みのある拳銃が韓国のトイスターよりエアコキとして発売されました。トカレフのトイガンと言えば、今は無きハドソンよりガスブロとモデルガンが発売されていました。自分も過去に1度だけモデルガンの方を手にしたことがありますが、想像していたよりもサイズが小さかったという記憶があります。
ハドソン無き今では、トイスターのトカレフは非常に貴重なモデルアップとなりますね。
画像
トカレフといえば1930年代にソ連軍が採用したセミオートマチックピストルで、それまで採用されていたナガン・リボルバーに代わるピストルとしてコルトM1911を参考に部品や機構を省略することで生産性を高めたモデルで1930年に採用されたモデルをTT-30、TT-30を改善したモデルをTT-33としています。使用する弾薬は7.62mmトカレフ弾(7.63mm×25モーゼル弾を国産化したもの)を使用し、貫通力に優れているとされます。また、ライセンス、コピー生産が盛んに行われ中国では51/54式拳銃として採用されていて、その一部は怪しいルートで日本にも入って来るとか来ないとか、、。

さて、M1911を参考にしているだけあって、何処となくM1911の流れがトカレフにも残っていますね。特に銃口からグリップにかけてのラインとか。

※画像の比較に出しているのはマルイのエアコキM1911A1です。
画像
今回、購入したトカレフは18歳以上用のパーカライズド(グレー)仕上げのモデルとなります。パーカライズド仕上げ以外にもブラックカラーモデルも発売されています。スライド、フレームにはパーカライズド風の塗装がされています。スライド、フレーム共に一体成型パーツとなります。フレームにはパーティングラインが真ん中に残っていますが、スライドの方はラインを隅に回して配置しているのであまり目立ちません。
外観は非常にシンプルで刻印も殆どありません。
画像
トリガー後部、スライドストップの下にある摘みのようなものは、トイガンオリジナルのセフティレバーとなります。このレバーを90度を垂直方向に左回りに回すとセフティがかかりトリガーが引けなくなります。ちなみに、実銃のトカレフにはセフティは装備されていません(輸出モデル等は除く)。
セフティレバー、トリガー、マガジンキャッチ、ハンマー、ランヤードリング、バレルブッシング等は金属製となります。
画像
グリップの中央には、共産主義のシンボルとしても使われる星のマークが円の中心に配置されています。更に、その内側に「CCCP」とソ連の略称が書かれています。
画像
ハンマーは、スライドに半分近く隠れる配置になっています。スライドに半分隠れることで、服や装備品などにハンマーが引っかかる誤動作を防ぐためとも考えられますね。
実銃同様にシングルアクションにてハンマーが可動します。ただ、ハーフコックのポジションまでは再現されていないようです。
また、スライド後部のセレーションは、細いラインと太いラインが交互に入る特徴的なセレーションとなります。
リアサイトは、背の高いもので意外と狙いやすいです。
画像
スライド上面のリアサイト付近に、フレームにもあったシリアルナンバー(?)らしき刻印が入れらています。この様な刻印が実銃にもあるのか詳しくはありませんが、雰囲気は良いですね。
画像
マガジン内のBB弾が無くなりコックするとスライドストップがかかりホールドオープンとなります。ホールドオープン機能とは、韓国メーカーのトイガンとして非常に珍しいと思います。スライドのストローク自体は、2㎝程と短めですが、ホールドオープン機能が有るのは嬉しいですね。ただし、惜しいことにスライドストップパーツがプラ製で、耐久性が気になります。(そんな簡単には壊れそうもないですが)

しかし本当に、飾りっ気のない本体デザインだと思います。
フレームの後部に小さく「Made in Korea」の刻印が入っていました。
画像
トリガーの上部にあるシルバーのパーツは、分解する為のスライドストップ固定用のクリップ。通常分解するには、まずマガジンを外してクリップをハンマー側にスライドさせます。
画像
そして、スライドストップを軽く持ち上げてずらします(外そうとすると折れてしまいます)。スライドストップをずらすと、ピンが出てきて、このピンを抜くとスライド分解することが出来ます。
画像
最新モデルのトイガンと比べると面倒な分解ですが、実銃の雰囲気を壊すことなくパーツを配置し再現(分解方法は一部オリジナル)しています。グリップも特に工具を使用せずに取り外しが可能です。マガジンを外して内側からグリップを固定しているプレートをスライドさせると外せるようになります。
このような、シンプルかつ合理的な設計は、軍用に特化したモデルらしいですね。
画像
機構内部は、アカデミーの製品でも見たシースルーのクリアパーツが使われています。
トカレフを購入した当初、ハンマーの動きが渋かったので一度分解して画像で写っているハンマー周辺にシリコンスプレーを吹いてみると、スムーズに動くようになりました。
画像
マガジンは、フルサイズタイプのもの。装弾数は10発となります。マガジン自体はプラ製で非常に軽量です。
画像
実銃の写真などで良く見るマガジン底にあるランヤードリングの再現はありません。そのマガジン底にある突起を押してマガジンバンパーをスライドさせると大きく開きます。マガジンには、BB弾をジャラジャラと入れておくスペースがあり、BB弾50発ぐらいは入りそうです。このスペースにBB弾を入れておき、マガジン前面にあるフォアロー下げると、裏のスペースからBB弾を装填出来る仕組みになっています。
画像
トイスターP38では、プラ製だったインナーバレルがトカレフでは、真ちゅう製となっています。

気になる実射性能ですが、0.2gBB弾の初速の平均は約61.6m/s(約0.37J)となりました。
室内約6mの距離での集弾性を調べてみると、BB弾10発を射撃して着弾した距離が最も離れている着弾点から40mmという結果でした。ただ、7~8発から1発の割合で上方に大きく外れる弾がありました。40mmという結果は、大きく外れる弾を除いたもので、外れる弾も含めると約80㎜となります。固定ホップアップシステムを搭載しているので屋外での実用性もありそうです。

また、スプリング少しが強めなのかコッキングが少し硬いような気がします。
画像
トイスターのトカレフは、トイガンとして貴重なモデルです。ホールドオープン機能や実銃の雰囲気を再現しており満足できる性能を持っています。強いて書くと値段が韓国製トイガンにしては、少し高いような気もしますが、まぁ手が出せないほど価格帯ではありません。
この手のトイガンは、あまり種類が発売されていないのでコレクションに加えてみては如何でしょうか?


購入価格:約3500円 全長:約200mm 重量:約290g

"トイスター: トカレフ TT-33 (エアコキ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.