アカデミー(セキトー):M5906 エアコキ レビュー

画像
アカデミー製M5906エアコッキングの紹介です。
これまでに何度も紹介しているアカデミーの製品ですが、今回紹介するM5906は2009年頃に新規のモデルが輸入された時に買ったものです。

G19M92FTMPと同様にパッケージや取説が日本語表記になっているものです。

むか~し、ミニM5906という70~80%程の大きさのエアコキがアカデミーからでていたような気もしますが、ここで紹介するM5906はフルサイズモデルとなります。
画像
モデルになっているのはアメリカS&Wの9mmダブルアクションオート M59の第3世代モデルであるM5906です。M5906のコンパクトモデルがM6906となります。

G19でもそうでしたがアウターバレルが少し飛び出ているのは韓国では先端をオレンジ色に塗装しなければいけないらしく、その為アウターバレルが少し飛び出ている状態になります。
本体はスタイリッシュなシルバーカラーとなります。スライド、フレームは一体成型となります。どちらもパーティングラインが残っていますが、モナカ構造で割れ目が目立つよりはマシかと...。
刻印は殆んどが省略されていて、あったとしても「M5906」等とシンプルなものとなります。
ちなみに製造国はフィリピン。
画像
トリガーとスライドストップの間にあるレバーはトイガンオリジナルのセフティでグリップ側にレバーを動かすとセフティが掛かります。解除するには銃口側に動かすと解除されます。
※スライドにあるセフティは一体型で可動しません。
画像
ハンマーは可動しシングルアクションのほかにトリガーと連動して動くダブルアクションも可能です。
画像
エジェクションポートは開きません。スライドが引けるのは約2cm程となります。10歳以上用のエアコキなのでコックはそれ程硬くありません。
以前の韓国製のトイガンでは金属製のパーツが多様されていましたが、外見で金属パーツは殆んど使われていませんね(;^_^A。
画像

画像
マガジンはフルサイズ風の物で装弾数は13発となります。ウエイト等は無くスカスカで本体と共に軽いです。
マガジン底のバンパーをスライドさせるとBB弾を入れるスペースがあります。
画像
パワーは40m/s前後でジュールも法令等で決められた0.135J以内の安全弾速です。
固定ホップアップシステムを搭載しているので飛距離は20mくらいはあると思いますが、0.12gのBB弾だと弾道が浮き気味になってしまうので、出来れば0.16g程のBB弾だと比較的真っ直ぐな弾道になると思います。

価格が安くて1100円ほどで買えるお手頃なトイガンです。


購入価格:約1100円 全長:約200mm 重量:約195g


"アカデミー(セキトー):M5906 エアコキ レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.