Mトレーディング:Cz75D コンパクト (エアコキ) レビュー

画像
Cz75Dコンパクトのエアコッキングの紹介です。 販売するのはMトレーディング(マルシンの関連会社)が販売するエアコキです。製造しているのはASG(ACTION SPORT GAMES)というデンマーク(多分)のメーカーですが、製造国は台湾と結構ややこしいエアコキです。
画像
パッケージには、パイロット装備のオッチャンがCz75Dを構えている写真にCz75Dコンパクトのスペックが記載されています。たしかにパイロット等の護身用ピストルにはフルサイズモデルよりもコンパクト系ピストルが似合いますね。どうでもいい情報ですが、この写真を撮った方はTom Weberさん(パッケージ情報)。

パッケージの中身は、Cz75Dコンパクト本体、取説、ミニサイズのBBボトルと0.2BB弾100発、六角レンチです。六角レンチについては後に紹介します。
画像
流石に、ヨーロッパのメーカーということで販売している国が多いのか英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語で書かれた取説2種類と後から入れられた日本語の取説が付属します。
画像
Cz75は、1975年に製造されたチェコスロバキア製(現チェコ共和国/スロバキア共和国)の9mmパラベラム弾を用いるダブルアクションピストルでCzの意味はチェスカー・ズブロヨフカという会社の略。

ASGが、製品化したCz75は現行モデルをコンパクト化しフレームを銃口付近まで延長してマウントレールを装備したモデルです。マルイ製のCz75(初期モデル)と比べてみても結構、変更されているのが分かると思います。
画像
さてトイガンの話ですが、最初に手にしてみて思ったのは結構な重量感があったことです。これはヘビーウエイト素材で出来ている為ででしょうね。エアコキでヘビーウエイト素材を使っているのは珍しいですよね。質感は良い方だと思うのですが、パッケージから出したときはオイルが全体に付いていて拭くのが大変でした(;^_^A
銃身下のフレームにある0.5ジュールという文字はシールで貼られているので、すぐに剥がせます。
スライドの刻印やチェスカー・ズブロヨフカのマークもリアルに再現されています。ただ、フレームに大きくASGと刻印されているのはリアルな刻印が有るだけに残念です。
画像
グリップはラバー製で握りやすいです。そして、チェスカー・ズブロヨフカのマークも再現されています。
トリガー、マグキャッチ、セイフティは金属製となります。
残念ながらトリガーを引いてもハンマーは連動しませんが、ハンマー自体は可動します。
グリップ底には軍、警察組織には必要不可欠なランヤードリングが設置されています。
画像
銃身まで延長されたフレーム下部には各種アクセサリーを装着できるマウントレイルを装備しています。ちなみにフレームは一体成形で出来ています。
画像
オイルの拭き残しが・・・写ってしまった画像ですが、アウターバレルにはライフティングの再現(本当はサイレンサー取り付けに必要な溝でもある)もされています。インナーバレルはアルミ製かな?
リコイルスプリングガイドは、別パーツとなり金属製となります。

Cz75のマズルフェイスは、なんかスリムなイメージがあったので、ここだけ見ると別なピストルを見ているみたいです。
画像
ピンボケの画像で申し訳ないのですが、フロント・リアサイトにはホワイトのドットが入れられていて狙い易いです。リアサイトは付属する六角レンチで左右に調節することが可能です。

スライドはリアの部分が別パーツになっているので、スライドリアセレーション辺りの左右に固定用のネジが見えてしまいます(;^_^A 分解する際には、リアの部分のパーツ外して分解を行います(フレームのスライドストップはフレームと一体型で可動しませんし外せません)。
画像
スライドの露出面積が、あまり多くない事と18歳以上用モデルのスプリングが使われているので、コッキングが硬いというよりもやり難いです。初期のCz75よりはスライドが肉厚でフロントセレーションが用意されているのでマルイのCz75(18)よりはコックし易いですが・・・。ちなみにスライドの後退量は3cm程です。

グリップの上のフレームには、白くCal.6mm BBのプリントがありますが、これは簡単に消せそうですね。更にその上には、MADE IN TAIWANの刻印があります。
画像
スライドのエジェクションポート内のチャンバーにはホップアップ調節用のレバーが用意されていて、このレバーを銃口側にスライドさせるとホップが掛かる仕組みになっています。
弾道は比較的真っ直ぐ飛ぶ感じです。推奨BB弾は0.2g~0.25gのBB弾で飛距離重視では0.2gを、精度重視では0.25で。という感じで使い分けてみても良いのではないでしょうか。
画像
マガジンはフルサイズタイプの物で、装弾数は13発となります。フォアローを一番下まで持っていくとロックされるので給弾しやすくなります。マガジンの構造上BB弾が残った状態で本体から抜いてしまうと2発程ポロッとこぼれてしまいます。それと、マガジンベースはラバー製となります。
画像
マルイから新作のコッキングハンドガンが無い中、海外のメーカーから続々と新しいエアコキが発売されているのは嬉しいところです。しかも、値段もそれ程高くなくお手頃で買えるのも良いですね。更には、このCz75Dコンパクトにはガスモデルと共用の別売りオプションとしてマウントベースやサイレンサーも発売されていて、遊びの幅が広がりますね。パワーも18歳以上用のエアコキとしては不満は無く楽しめる1丁だと思います。そして、Cz75のコンパクトモデルのトイガンは数が少なくコレクション用とするのもオススメですね。


定価:3360円 重量:約470g 全長:約185mm

※1月24日追記
初速計ってみました。10発中の平均は68.57m/s:0.465ジュール (トイテック製0.2gBB弾使用)


"Mトレーディング:Cz75D コンパクト (エアコキ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.