銀ダンRF(リアルフィニッシュ) G26 レビュー

画像
マルイの銀ダンシリーズに新しい仲間が加わりました。
その名も「RF:リアルフィニッシュ」です。
既に発売されてから1年以上が経過していますが、人気は衰えず今でもホビー雑誌で、様々なカスタム銀ダンが紹介されていたりしますね。マルイ製ということで、実射性能は折り紙付きで15m以上の飛距離に高い命中精度で子供から大人まで楽しめるトイガンです。

実銃を元にモデル化された銀ダンですが、ブルー、レッド、グリーンと実銃とは異なるオリジナルカラーリングになっていました。それはそれで面白いと思うのですが、ここまでリアルに再現されていると実銃に近いカラーのモデルも欲しくなる訳で、、、。
そんな事を思いつつ1年が経過して、やっと発売されたのが実銃のカラーリングと質感を再現したリアルフィニッシュ銀ダンエアガンです。

画像
RFではパッケージが新しくなりました。蓋付きになり開くと中が見える仕様になりました。その他、対象年齢がノーマル銀ダンでは7歳以上でしたが、RFでは10歳以上になり、価格も仕様変更の為かノーマル銀ダンの2割増しの1260円に変更なったから言ってパワーや飛距離がアップした訳でもありませんのでご注意を
そして、ノーマルの銀ダンでは、パッケージの裏に書かれていた使用方法がRFからは別紙の取説が付属するようになりました。その他の付属品等にはRFとノーマル銀ダンの違いはありません。

画像
RFとして発売されたのは、今回紹介するG26とポリスピストルSS(PPK)です。各モデルにはリアル・ブラックとリアル・シルバーの2種類のカラーがあります。

購入したG26はリアル・ブラック を選んでみました。元々、銀ダンのG26はグロックの刻印がありましたが、ブラックカラーになってからは更にリアルさが増した気がします。塗装はつや消しマットブラックで塗装されていて、パッと見ではガスブロのG26と勘違いしてしまうかの仕上げです(ガスG26は持っていませんが)。
画像
エジェクションポートのチャンバーカバーとスライドから出ている銃身は、シルバーで塗装分けされているのがブラック1色だけの塗装より良いですね。
画像
ノーマルの銀ダンでは再現されていなかった、フロントサイトにホワイトドット、リアサイトにはホワイトのラインが再現されています(リアル・シルバーではホワイトではなくレッド)。このことにより照準がしやすくなりました。

画像
銀ダンの性能については既にノーマルG26ポリスピストルで紹介しているので書きませんが、満足出来る性能と仕上げでコレクションにも良いですよね。



ノーマル銀ダン G26の記事はコチラ
ノーマル銀ダン ポリスピストルSSの記事はコチラ
RF銀ダン ポリスピストルSSの記事はコチラ

"銀ダンRF(リアルフィニッシュ) G26 レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.