東京マルイ:UZI (ウージー) エアコッキング

画像
久しぶりにマルイのエアコキを紹介しますよ。
今回、紹介するのはマルイ製の18才以上用エアコキのUZIです。マルイからはエアコキ以外にも電動ガンやミニ電動ガンとしても発売されているので結構、人気のあるモデルなんでしょう。
これを購入したのは3~4年程前に在庫処分品として半額で売られていたもので、思わず衝動買いしてしまいました(;^_^A
良く考えてみれば、これまでにマイクロやミニ電動ガンは紹介してきましたが、フルサイズモデルは“初”紹介となりますね。

個人的なUZI対するイメージは、テロリストとか犯罪組織が好む銃というイメージがあるのですが、実際は開発元のイスラエル以外にも多数の国の機関で採用されているようで、アメリカでもシークレットサービス採用されていたことは有名ですね。
画像
これぞSMG:サブマシンガンという感じのデザインですよね。実銃は主に9パラを使用するSMGで、開発元のイスラエルの国情や砂漠での使用を反映した設計になっています。色々と説明すると長くなりそうなんで省略させていただきます。

エアコキUZIの本体はプラスチック製のモナカ構造です。
結構、昔の設計の製品ですが、今のところ持ってみてもギシギシという音はあまりしません。
何故かフォアグリップはヒンヤリ冷たい金属製となります。その理由は後で説明します。
画像
UZIといえば折り畳み式のストック(リトラクタブルストック)!もちろんマルイのUZIでもちゃんと可動します。展開するには本体とストックの付け根付近にあるストックリリースボタンを押して展開します。
画像
展開するとこんな感じになります。ストックはオールプラ製なので、多少耐久性に不安がありますが、まぁ2万円以上の電動ガンであれば文句の1つでも言いたくなりますが、6000円前後の製品に金属ストックを取り付けるのは難しいでしょうね。

ちなみに注意書きのシールが貼ってあるエジェクションポートはコッキングしても開きません。
画像
本体左側のストック付け根付近にある刻印です。長い間立掛けて置いていたのでホコリが付いてしまっていますね(;^_^A
画像
リアサイトはピープサイトで、切替える事が出来ます。ただ、お世辞にも狙いやすいとは言えませんね。

画像
ストックを収納する際は、ストックの中間地点にあるロックリリースを解除してストックを折りたたむ準備をして、先程紹介したストックリリースボタンを押してストックを展開と逆の手順で収納します。この際に指などを挟まないようにしてください。
画像
ピンボケ写真で申し訳ないのですが、UZIのグリップ左側周辺の写真です。グリツプは人によっては大きく感じるかもしれませんね。グリップの後部にある突起ですが、これはグリップセイフティを再現したものです。可動はしますがセイフティの機能はありません。
セレクターは銃身方向からフルオート、セミオート、セイフティですが、エアコキなのでフルオートポジションでも発射されるのは単発です。
グリップ下部にあるのはマガジンキャッチとなります。
画像
マガジンはプラ製の25連タイプを再現したもので装弾数は36発です。構造は少し変わっていてマグ内部で2列になっていて、1列目の射撃が終わったらマグ底にあるボタンを押すと、2列目のBB弾が装填される仕組みでになっています。マグには予備のBB弾を入れる収納スペースも設けられています。

マガジンはグリップ底から入れます。
画像
本体上面にあるボルトをストック側に引いてコッキングします。このUZIには、もう1つコッキングする方法があるのですが、それはショットガンのようにフォアグリップを使ったポンプアクションによるコッキングが出来るのです。
画像
フォアグリップを銃身方向に押し、写真の状態からストック方向に引きます。引く際にコッキングするので少し力が必要となります。これを使うと射撃姿勢のままコッキングすることが可能です。でも、あまり自分は使用しませんが、、、。
画像
18才以上用モデルは固定ホップアップシステムも搭載していて屋外でも30mくらいの飛距離があり問題なく使用できます。推奨BB弾は0.25gとされていますが、0.2gのBB弾でも弾道が多少、山を特描く弾道になりますが飛距離も伸びるので、状況に応じて使用するのが良いと思います。
命中精度も良く、サバゲー等でも使えるモデルでしょう。


全長:470mm/650mm(ストック展開) 重量:約1300g 定価:7245円(18) / 6195円(10ノンHOP)

"東京マルイ:UZI (ウージー) エアコッキング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント