NO.WD898 (タクティカル・エリート タイプ) レビュー

画像
ついこの間まで旅行に行っていてきたのですが、その旅行先で中華ガンを売っている所があったので買ってきました。
画像
NO.WD898というモデル名のエアコキで価格は600円でした。パッケージを見ても分かるようにモデルになっているのはM92 タクティカル・エリートでしょう。ちなみにパッケージ等を見てもメーカーは書いておらず不明です(;^_^A
画像
箱を開けてビックリ! パッケージのイラストと比べると仕上げが大分簡略化されていますね。塗装や刻印は一切ないです。唯一、パッケージと同じなのはグリップパネルのスクリューがシルバーカラーということぐらいでしょうか。
スケールはほぼ1/1スケールと言っていいでしょう。殆どのパーツはプラ製なんですが、中華ガンにしてはバリ等はあまり見られません。

実銃で言うところのブリガディアスライドショートバレルスケルトンハンマーを装備しているので流石、M92系のエリートモデルという感じです。
画像
スライドには日本語の注意書きが書かれたシールがありました。輸入されてから貼られたのでしょう。簡単な日本語の取説もありました。
手にしてみて驚いたのが、ハンマーがライブで動いたことです。しかも、トリガーを引くと連動して動くダブルアクションも出来るのです。その他にも、セイフティ代わりのスライドストップやテイクダウンレバーも可動します。
画像
パッケージには通常分解のやり方が書いてあるのですが、何度か試してみても出来ませんでした。
画像
マガジンはフルサイズタイプのもので装弾数は15発となります。
射撃するには何時も同じようにスライドを2cmほど引いてコッキングしトリガーを引けば射撃できます。スライドを引く力は少し重くマルイ製コッキングハンドガンの18才以上用モデルと同じぐらいの力が必要です。パワーも18才以上用モデルと殆ど変化はありません。残念ながらホップアップシステムまでは搭載していなく、飛距離は短めとなります。インナーバレルもプラ製で命中精度もマルイ並とは言えませんが、部屋撃ちであれば特に問題ないレベルです。
画像
WAのガスガンと並べてみました。流石にプラパーツの耐久性は高くなさそうなので荒っぽく使用すると直に壊れてしまうかもしれませんが、このNO.WD898は思っていた以上に良く出来ていました。以前にアカデミーのM92Fを紹介したとき「1000円のモデルでココまで出来るのか」的なことを書きましたが、600円の中華ガンでもココまで再現できるんですね。
画像
ちなみにCQCホルスター(パチ)も問題なく使用できました。



全長:約210mm 重量:約318g

"NO.WD898 (タクティカル・エリート タイプ) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.