東京マルイ: ガスブローバック GLOCK18C (G18C) レビュー

画像
なんか、色々ありまして買ってしまいました。東京マルイ製のガスブロのグロック18です。
今回、紹介するマルイのG18Cは、電動ブローバック電動ハンドガンと2機種続けて電動モデルとして発売されてきましたが、やっと3番目のモデルではガスブローバックガンのフルオートシリーズとして新発売されました。
しかも、ガスブロフルオートシリーズとして初めてセミ・フル切り替え、フルストローク、スライドストップ機能を搭載しているようです。

ちなみにマルイからガスブロのグロックシリーズが発売されるのは、これで5機種目(G26⇒G26A⇒G17⇒G17C⇒G18C
※G17カスタムは2色あり。更に全てのグロックシリーズは全10機種(ガス、電動、エア)
画像
箱です。箱にはガスブローバックのセミ・フルオートと書かれていますね。
ガスブロフルオートシリーズの第1弾は、ハイキャパをベースにした“エクストリーム”という商品でした。
画像
G18は、機構やデザインに材質の独創性が高かったオーストリアのグロック社製の9mm口径オートハンドガンであるG17にフルオートセレクティブ機構を搭載したモデルで、オーストリアの対テロ特殊部隊の要請で開発されたマシンピストルです。そのため、一般への販売がされておらず、一般人の所持を禁止したモデルでもあります。
画像
やはり、G17と区別がつくのはスライド後部左側にある、セミ/フルオート切替えようのセレクターですよね。
このセレクターはスライドの後部にあるのでワンタッチで切り替えが出来ます。ただ、このセレクターは左側にしか無いので左利きの方は(もしくは左手で持っているとき)操作がし難いかもしれません。

グリップは握りやすく、とても装弾数が17発のマガジン(実銃)が装着出来るとは思えませんね。
画像
金属製のセレクターを上げるとセミオートでの射撃になり、セレクターを下げるとフルオートでの射撃になります。
自分の場合、電動ハンドガンを以前から使用していたのでセミ/フルオートの切り替えに慣れていますが、初めての場合は間違えて操作してしまうかもしれませんね。

切り替えが出来ることで、サバゲ等の場合は弾幕を張りたい時はフルオートで、精密に狙いたい時はセミオートなど使い分けることが出来ますね。
画像
※スライドにヒケがあるように見えますが、コレはオイルなので気にしないで下さいね。

既に、G17等を製品化しているマルイのものなので、刻印等はリアルに再現されていますね。
スライドやフレームはマットブラックに塗装されていてテカリ等はありません。
今回のG18Cはグロックシリーズの第3世代モデルを製品化していてフレームに20mmレイル、フィンガーレスト、ランヤードリング等が追加された比較的新しいモデルです。
画像
スライド、上面の銃身付近が大きくくり抜かれているのはコンペンセイターでG18Cの“C”の意味はコレです。このコンペンセイターはマズルジャンプを抑える(実銃では)ためもので、スライドとバレルにポートが開けられています。
リアサイト前の凹みは、スライドを軽量化させるための凹みだそうです。
画像
銃身下にあるアンダーレイルマウントの中心にあるプレートはマルイオリジナルのスライド式セイフティです。実銃にはこの機能はありませんが、外観を損なわないように目立たないところにセイフティが設置されているのでしょう。
このセイフティをトリガーガード方向にスライドさせるとセイフティが掛かりトリガーが引けなくなります。
画像
フレームのレイルには様々なオプションを装着可能です。
画像のG18Cに取り付けているのはマルイのCQ-FLASHです。
グロックやUSPにはライトやレーザーが似合うと思いますね(^^)
画像
今回、買って驚いたのが、このコッキングインジケーターです。コッキングインジケーターとは、本体内臓のハンマーが起きているかが外から見ただけでは分からないので、射手に射撃できる状態か否かを知らせるために、トリガーの位置で射撃状態を確認出来るのです。
この機能は、ガスブロだけにしか搭載されていないので、それまで電ハンを使っていた自分には目新しく驚きましたね。実際、まだこの機構には慣れてません(;^_^A

トリガーにあるトリガーセイフティもちゃんと機能しリアルに再現されています。
画像
スライド左側の9×19の刻印の丁度下にあるレバーを押し下げるとスライドとフレームを分解出来ます。そうすると、見えてくるのは可変ホップシステム調節用のダイヤルです。これを使用して弾道を調節することが出来ます。
画像
狙いやすいG18Cというかグロック全般のサイト。電ハンも、そうでしたがフロント、リアサイトともにプラ製でした。でも、この際とは取り外して交換が出来るので、自分は3ドットタイプのサイトに交換したいです。
画像
ヒンヤリと重たいマガジンの後ろには、モールドではありますが、残弾確認用の穴が再現されていて下のほうにはグロックのマークもあります。
画像
マガジンの装弾数は25発です。流石にフルオートで撃つとあっというまに空になってしまいます(数秒で)。やはり、予備のマグは何本か用意したい所です。
それと、フルオートでの射撃の際はマグを触っても冷たく感じないくらいまで暖めないと、数発撃つと生ガスを噴いてしまいます。
ちなみ、マルイのHPによると連射速度は実銃と同じ、毎分1200発と恐ろしい連射力です。

このマガジンは他のグロックとも共有できるそうなので、既に他のグロックシリーズをお持ちの方は共用できます。
※G26のショートマグは共用不可。
あと、本体と同時に50連のマグも発売されているので、そちらを買っても楽しめそうですね。
画像
マグ用のパーツとして付属してきたものですが、BB弾を装填せず空撃ちする際に使用するフォロアストッパーなるものがありました。これを使えば、スライドストップを指で押さえて空撃ちする必要が無くなりました。
ちなみにォロアストッパー2個で定価は158円とのことです。
画像
まだ、家の中で100発ほどしか射撃していませんが、セミオートでは、とてもスピードの速いブローバックで撃ちやすく感じました。命中精度も良い方でシューティングなんかでも使えそうな性能を持っています。そして、フルオートの場合は、その弾幕と連射速度にフルオートシアを搭載しているので安定した射撃によって、サバゲ等では、とても心強い相棒になるでしょう。スライドのスライドストップノッチには金属補強もされているようで、多少ハードに使ってもスライドの一部が欠けるということは減り、安心ですね。
もちろん、サバゲ以外でも十分楽しめるトイガンで自宅や屋外でのシューティングなんかでも十分使えるでしょう。
また、ガスフルオートとして、初めてセミ・フル切り替え、フルストローク、スライドストップ機能を搭載しているのでデザイン等が気に入ればコレクションに加えてみるの良いのではないでしょうか?



定価:17640円 重量:約705g 全長:約203m


"東京マルイ: ガスブローバック GLOCK18C (G18C) レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.