啓平社のポケットガン レビュー

先週、秋葉原にある万世橋警察署の道を挟んで向かいにあるアソビットシティで買ってきたエアコキをご紹介します。
画像


6階トイガン売り場をウロチョロしているとエアコキが置かれている棚の横に吊るされている発見しました。
画像
んで、パッケージはこんな感じとなります。この画像では判り難いですがとても小さいパッケージとなります。パッケージの中にはエアコキ本体とBB弾少々と安全キャップと注意書きが入っています(ちなみに取説はパッケージ裏に書いてあります)。購入価格は1000円ぐらいでした。
画像
トイガン本体は中身の機構が見える素材のシースルー?もしかしてクリアブラック?それともスケルトン?もしや透明モデル?まさかスケスケ!?・・・・・となっています。
カラーはブラック以外にもブルーとホワイトカラー(どちらもシースルータイプ)が売られていましたがモデル拳銃は25オートかな?

マガジンですが、とっても小さくて装弾数は5発となります。
画像
アカデミーのPPK/Sと比べてみましたが本当に小っこいですね。
これで本当に撃てるのか?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
ナント!このモデルはこんなに小さいのにホップアップシステムを搭載しています(^^/
まだ、外で撃っていないので分かりませんが0.2gのBB弾を使い5mの距離で撃ってみたところ弾道も真っ直ぐ飛び全弾(5発)がA4サイズの的に命中しました。ただし、パッケージ裏の説明によると適切BB弾が0.12gと書かれていましたが0.12gのBB弾で撃つとホップが強く上方向にカーブしていきました(;^_^A

グリップ後ろにはセイフティも付いています。
画像
ナント!ナント!!全弾撃ちつくすとスライドストップがかかる・・・・・・・・・・わけがありません(爆)

何故、こうなるかというとリコイルスプリングが、このエアコキには無いためコッキングしたら手動でスライドを戻す必要があるからです。


このモデルは撃っていてとっても楽しいモデルです。中身の機構が見れるのでマガジンからBB弾がどのようにして装填されて引き金を引いて発射という構造が解り面白いモデルだとも思います。
なので是非とも皆様のコレクションに加えてみては如何でしょうか?


全長:約124mm 重量:約90g

"啓平社のポケットガン レビュー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.