比較

今日は同じ東京マルイ製の2種類のエアコキの比較をしたいと思います。
     
画像
まずはスライド左側から。画像の上のエアガンがHGタイプのガバメントで下のエアガンが割り箸マガジンタイプです。 HGのガバメントはグレー系の塗装で割り箸タイプのガバは系の塗装です。両タイプともスライド左側の刻印は同じことが書いてあります。ただ割り箸タイプのガバメントのフレームには「MADE IN JAPAN」と刻印されています。
HGタイプの場合はスライドストップを外すと分解が出来ますが、割り箸タイプのスライドストップ(別パーツで出来ている)は外すことは出来ません。
     
画像
                上 HGタイプ  下 割り箸マガジンタイプ
割り箸タイプのスライド右側のには刻印はありませんがHGタイプのスライドには「MODEL OF1911.U.S.ARMY」の刻印があります。割り箸タイプのガバメントの右側のフレームには
「M1911A1 U.S ARMY」などの刻印がありますがHGタイプには「MADE IN JAPAN」などの刻印になっています。
     
画像
                    左 HGタイプ  右 割り箸タイプ
割り箸タイプのガバメントはパーツの張り合わせ面が目立ちますが、HGタイプの方は張り合わせ面はあまり目立ちません。
本体の幅長ですがHGが約23.5mm(ハンマー付近)で割り箸タイプが約26mm(ハンマー付近)で割り箸タイプの方がHGタイプよりも約2.5mm厚いです。
     
画像


HGタイプのガバメントの詳細はこちら
割り箸タイプの詳細はこちら

"比較" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.