サムライエッジ ハイグレードタイプって? 違いについて

「バイオハザード」に登場するプロップでも人気があるサムライエッジと呼ばれるハンドガンがあります。

1999年発売の「バイオハザード3」で初登場した以降の作品にて度々、登場しているサムライエッジ。
以前よりバイオとコラボした商品を発売していた東京マルイも、サムライエッジをモデルアップし、これまでに多彩なサムライエッジのバリエーションを展開しています。
そのバリエの中でも、一番ややこしいのが”スタンダードモデル”だと思います。
P1110632.JPG
現在、スタンダードモデル、スタンダードモデル 〈ハイグレードタイプ〉という2種類のスタンダードモデルが発売されているからです。

《サムライエッジ スタンダード ハイグレード 違い》
と検索によって、当ブログへアクセスされる方も意外と多いです(^^;

初めにバイオシリーズにてスタンダードモデル、スタンダードモデル 〈ハイグレードタイプ〉という2種類のハンドガンが登場する訳ではありません。
東京マルイ製エアソフトガンの仕様が違うものです。
どちらもガスブローバックガンで作品に登場するサムライエッジ スタンダードモデルをモデルアップしているの為、基本的に外観・見た目は同じだけに、区別をつけにくいモデルなんです。

まず、先に発売されたのは副題の付かないスタンダードモデル(2001年発売)の方になります。この後、2016年に発売となったのがスタンダードモデル 〈ハイグレードタイプ〉です。

2タイプの大きく異なる違いは、”デコッキング機能”と”可変ホップアップ”の有無です。

・デコッキング機能とはスライド側面にあるセフティレバーを操作すると、起こした(コッキングした)ハンマーを元の位置へ安全に戻すことができる機能になります。

・ホップアップはBB弾にスピン(ホップ)をかけて発射する事で、まっすぐ遠くへ弾を飛ばせる仕組みです。スピンの強さ(掛かり具合)にBB弾の重さを合わせるのがベターですが、同じエアガンで重さの違うBB弾を使いたい時にスピンの強さ具合を変えられるのが、可変ホップアップになります。

2タイプともホップアップを付いていますが、副題無しのスタンダードモデルは固定ホップアップで決められたホップの強さからは、変えることができません(部品を交換するとできます)。
片方のハイグレードタイプは可変ホップアップになっていて、スライド内部にあるダイヤルを操作してホップの強さを変えることができます。

AWM01P セフティ
デコッキング機能はハイグレードタイプに搭載されていて、ハンマーが起きていときにレバーを操作してトリガーを使わずに倒す(戻す)ことができます。実銃のような操作方法を楽しめます。

なぜ、このように同じサムライエッジでも違うのかと云うとスタンダードモデルはGBB M92F ミリタリーモデルハイグレードタイプはGBB M9A1と2つの異なるベースモデルになっているからです。

サムライエッジをM92F ミリタリーモデル系とM9A1系で、ソートするとこのようになります
GBB M92F ミリタリーモデル系
ジル・バレンタイン モデル
クリス・レッドフィールド モデル
バリー・バートン モデル
スタンダードモデル
クリス・レッドフィールド モデル 15周年版
バリー・バートン モデル 15周年版

~~~~

GBB M9A1系
A1 ジル・バレンタイン モデル
バリー・バートン モデル Ver.II
スペシャルカラーバリエーション
スタンダードモデル ハイグレードタイプ
アルバート.W.モデル 01
アルバート.W.モデル 01P

※2021年9月時点

マルイ M92F クロームステンレス 左
東京マルイGBBシリーズ初期に登場したM92F ミリタリーモデルと比べると、後発のM9A1は内部や外装が新設計により進化・改良したM9A1系ハイグレードタイプの方が高機能です。
ただし、M9A1系は、部品数や構造も複雑になり、価格帯は割高な傾向になっています。
価格の高い方がM9A1系のハイグレードタイプ、ハイグレードタイプよりもお安いのがM92F系の従来タイプと、ソートすることもできますね。
実際、スタンダードモデルはサムライエッジ系の中でも一番、安価なモデルです。

TM_M9A1_GBB_031.JPG
また、M92F ミリタリーモデル系とM9A1系だと、部品・構造も違うところも多々あります。
カスタムをする際に、M92F ミリタリーモデル対応とM9A1対応なのかによって、使える・使えない部品があります。


カタログスペック比較

サムライエッジ スタンダードモデル
P1110686.JPG
定価:16,800 円(税別)
全長: 216 mm
重量: 755 g
マグ装弾数: 26発

サムライエッジ スタンダードモデル〈ハイグレードタイプ〉
DSCN0089.JPG
定価: 19,800 円(税別)
全長: 216 mm
重量: 944 g
マグ装弾数: 26発

~~~~

当方としては、ご予算に余裕があるならハイグレードタイプが、後発なだけあって、機能も改良され、重量感があってオススメです。
予算を抑えたい、カスタム(パーツ)に予算を使いたいという方、シューティング用に軽量なハンドガンをお探しの方にはスタンダードモデルの方がお安く手に入りやすく、販売時期が長い商品ですので、販売されている部品も多いです。また、ハイグレードタイプに比べて約200g軽量なのも一考の余地ありです。


サムライエッジ 記事リンク
スタンダードモデル
スタンダードモデル ハイグレードタイプ
バリー・バートンモデル 15周年版
A1 ジル・バレンタインモデル
アルバート.W.モデル 01
アルバート.W.モデル 01パフォーマンス


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.