UFC M4用プラ製マガジンを買いました

UFC/S&T M4用プラ製スプリングマガジンを紹介します。
UFCプラ製マガジン
CymaのAKマガジンと同じショップのセールにて購入していました。

マガジンのパッケージです。
黒が基調のパッケージで、ワイヤーフレームのマガジンイラストが引き立つデザインです。

マガジン1つのお値段は約560円。お安いっ!


P1230757.JPG
パッケージトップの下に【BK】、【GY】、【SD】とマガジンカラーの中身が分かるチェック欄があります。
今回はBKカラーのマガジンにしたので、BKにチェックが入っています。

ここで気になるのがチェック欄の上に「130 Rds(130連)」と書いてあるのですが、一方でイラストの上では「140RDS(140連)」と記載されています。
どっちかはっきりしませんね(^^;

P1230761.JPG
パッケージ裏にS&TとUFCのロゴがそれぞれプリントされています。
察するに製造元は中国のS&T、それを日本の代理店UFCが自社のブランドにて販売されているようですね。

P1230759 (2).JPG
と思ったのも束の間。
パッケージ横に見ると「6mm PRO SOHP」というアメリカのエアソフトショップのロゴが・・
アメリカでは6mm PRO SOHPにて取り扱われているようですね。

M4プラ製マガジン
それではパッケージからマガジンを出してみました。
パッケージの中にはマガジン以外に、付属品や説明書なども入っていません。

M4プラ製マガジン
マガジンは、AR-15/M16/M4用を再現したお決まりの形状です。STANGマガジンとも呼ばれて、AR-15/M16/M4の他にも数多くのライフル、マシンガンと規格が統一されていて互換性があります。

P1230774.JPG
比較用にG&P製マガジンを引っ張り出してきました。
左側がS&Tマグ右側がG&Pマグです。
どちらもブラックの塗装仕上げ。
材質ですが、S&Tの方はABS製フレーム、G&Pはマガジンケースがスチール製になっています。

プラ製の、重量は約114g
G&Pの重量は約196g
とS&Tの方が約80gも軽量となっています。

P1230777 (2).JPG
G&Pのマガジンケースはプレス工法で、プレス痕などもあります。S&Tマグはケースが左右分割方式で、プレス風の張り合わせになっています。

両マガジンの全高を比べてみると、S&Tの方が2mmほど高くなっています。

P1230781.JPG
マガジン底。左側がS&Tマグ、右側がG&Pマグ
スプリング式マガジンですので、ゼンマイのダイヤルはありません。
全幅は両マガジンとも、ほぼ同じですね。

S&Tはボトムプレートが無くて合わせ目ぐクッキリ。G&Pだとプレートの再現があります。刻印はG&P 5.95mm」とエアガン用にアレンジされています。

外装の質感はG&Pに軍配が上がりそうです。

P1230778 (2).JPG
マガジン上。左側がS&Tマグ、右側がG&Pマグ。

S&TマグのマガジンにBBローダーで弾を入れてみると、約100発を入れた(超えた)辺りから、ローダーの押しが重たくなり、約120発を超えた辺りで押しこめなくなりました(無理して押しこむとするとローダーの方が壊れそうなので止めました)。

UFC M4 マガジン
CymaのエアコキM4に差してみましたが、収まりに問題はなさそうです。
実射もしてみました。ちゃんと発射もできてます。ただ、エアコキなので120発近くを撃つのは面倒・・。
そこで東京マルイのM733にマガジンを付け替えて撃ってみました。

M733 プラ製マガジン
後の方付けが大変ですが、やっぱりフルオートで撃つのは楽しいですね。
フルオートでも連続発射できマガジンの弾上がりも大丈夫そうです。

S&T/UFCのプラ製M4マガジンは、金属製ケースのマガジンと比べると質感がもう一歩ですが、代わりに約110gと軽量です。スプリング式でBB弾がジャラジャラと鳴らず携行することができます。
更にお値段も千円以下と安価なのも嬉しいですね^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

こまき
2021年09月07日 20:49
スプリングマガジンって昔は7~80発程度が普通だったと思いますが、
いつの間にか120連以上の大容量が当たり前になってきてますね。
小型のゼンマイマグ並みの装弾数は非常に魅力的なんですが、いかんせん海外製の常で宣伝通りの弾数が入らないor超絶入れ難い、無理に詰めたらギチギチ過ぎて銃側の給弾ノズル動作に支障が出るはローダー壊れるはと・・・もうめちゃくちゃです。BB弾も傷むでしょうし。
なんせ最新の部類のPTS純正マグ(250連!)とかでもそんな有様です。マガジン特化なMAG社のも同様で、あっちの人たちには適切なスプリング長を考案する術が無いのかと問い詰めたくなってきます・・・。
ただし最近買ったダブルイーグルのB&T APC556用180連マグは180発入れても常識的なスプリングの反発力で十分余裕があり、給弾も銃の作動も問題無い優れた品でした。
まる吉
2021年09月08日 22:01
こまきさん
コメントありがとうございます。

この記事のS&T/UFCマグもそうですが、箱記載通りの装弾数は入らので(-_-;)
いっそのこと東京マルイがノーマルマガジンのリニューアルで弾数を増やしてくれたら解決しそうですが・・。

ダブルイーグルのマガジンというのは失礼ながらも、ちょっと意外でした。
ダブルイーグルと聞くと、私の中では、だいぶ前に買った格安電動ガンのメーカーというイメージがあったもので(^^;
調べてみると現在はハイエンド系エアガンも作っていて、全くの別メーカーのようになっていて、驚きましたね!
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.