【エアコキ】 東京マルイ ワルサーP38 エアガン レビュー

東京マルイの ワルサーP38 エアーハンドガンを紹介したいと思います。
東京マルイ ワルサーP38 エアガン

はじめに


ワルサーP38は、ドイツのワルサー社が1937年に開発した軍用ピストルです。
1938年にドイツ軍用として制式採用、「P38」のコードが与えられています。
トリガーアクションには、ワルサーが先行して開発したワルサーPPのダブルアクション機構を取り入れています。また、9mmルガー弾(9mmパラベラム弾)を使用する為に、プロップアップ式ショートリコイル機構を採用しています。

第二次世界大戦中では100万丁以上が生産されたほかにも、戦後には西ドイツ軍向けにP38を小改良したモデルが生産、採用されていました。


パッケージ


東京マルイ ワルサーP38
東京マルイ ワルサーP38のパッケージ。
東京マルイのワルサーP38、今では数多くある東京マルイ製品の中でも最初期に発売されたモデルです。
現在は10才以上用ホップアップ エアーハンドガンのみラインアップされています。

東京マルイ ワルサーP38 パッケージ
パッケージの裏にワルサーP38の商品イメージの他にもミニコラムやスペックが記載されています。

コラムにもありますがワルサーP38は、あの”大人気キャラクターの愛銃”でもありますよね!

・・・

東京マルイ ワルサーP38 付属品
本体とマガジン以外にマズルキャップ、BB弾、説明書が付属しています。

外観


東京マルイ ワルサーP38 エアコキ
東京マルイ製エアーハンドガン中でもワルサーP38は設計が最初期頃に分類される超ロングセラー商品です。
東京マルイはAC.42という1942年ワルサー社にて生産されたミリタリーモデルを再現しています。
ミリタリーモデル、軍用の特徴として戦時期間中、大量に必要になった為、ワルサー社だけでなく幾つかのメーカーや工場にて生産されていました。そのメーカーや工場を敵に特定されないようにする目的で、メーカー名や所在地の刻印が省略されて(隠されて)、最小限の刻印だけが入ります。

スライド、フレーム、バレルは左右張り合わせのモナカ構造のエアガンです。
後発のハイグレードシリーズと比べると可動するパーツも少なくて、ハンマーやスライド左側にあるセフティレバーはダミーで動きません。
パーツの金型の影響か、所々にバリが出ているのが目に留まります。

東京マルイ ワルサーP38 スライド
実銃と比べるとスライドとフレーム後端のデフォルメ部分が目に留まるかもしれません。初期に設計された製品で、内部にポンプユニットを搭載する為なのか、スライドの高さが増し、後端は少し伸びています。スライドに合わせるようにフレーム後ろもやや延長されています。
この延長されたスライドとフレームのフォルム、ハンマーを切り落としたら、何処となくワルサーP38の原型になった「ワルサーAP」のようにも見えしまうから面白いですね。

東京マルイ ワルサーP38 エアコキ
本体右側。
レバーなど操作パーツが左側に集約されているので、本体右側はスッキリしています。
スライド上部が大きく切り開かれて、バレルが露出したデザインが印象的で魅力的。


グリップ

東京マルイ ワルサーP38 グリップ
実銃で使用されていたベークライト材グリップを再現したブランカラーのグリップ。
左側のグリップ後端にランヤードリングも再現されています。ランヤードリングは樹脂製の為、実用性・耐久性は低めです(^^;

グリップの幅(厚み)は、それ程ないのですが、前後に長さがあります。
また、トリガーまでの距離も離れているので手の小さな方だと握りにくく感じるかもしれません。


セフティ

東京マルイ ワルサーP38 セフティ
フレーム左側、トリガー上部ににセフティレバーがあります。
実銃では、このパーツがスライドストップですが、エアガン向けにアレンジされています。
このセフティレバーを上げることで、トリガーとスライドにロックがかかります。
セフティレバーの可動域が小さくて、視覚的にセフティオン/オフが見分けにくいのが難点。
セフティロックがかかっている時に無理にトリガーを引いてしまうと、トリガーが折れます

マズル

東京マルイ ワルサーP38 マズル
マズルにはライフリングの再現があります。
搭載しているインナーバレルはアルミ製です。固定ホップアップを搭載しています。


サイト

東京マルイ ワルサーP38 フロントサイト
アウターバレル先端上部にあるフロントサイト。
バレル先端のフロントサイトパーツは、アウターバレルと別パーツのピースが接着されています。一応接着されていますが、無くしやすいパーツです。気が付いた外れている(無くなっている)ことがあるので、サイトを何かに引っかけてしまったりしないように取り扱いに注意したいですね。

東京マルイ ワルサーP38 リアサイト
U字型ノッチのリアサイト。

コッキング操作


東京マルイ ワルサーP38 スライド
スライド後端に滑り止めのセレーションがあります。オススメなのが、セレーションの前にあるダミーのセフティレバーにも指を添えながら、コックすると引きやすいと思います。

東京マルイ ワルサーP38 コッキング
コッキングするとスライドは、約28mmほど下がります。結構な迫力がありますね。
スライドが下がるとエジェクションポートからポンプ上半分が出現します。
コッキングの際にエジェクションポートが大きく開いているので、指や手の皮を挟んで怪我をしないように注意してください。

マガジン


東京マルイ ワルサーP38 マガジンボトム
グリップ底にあるマガジンキャッチを押すと・・・なにも起きません💧
マガジンキャッチはダミーになっています。
マガジンはボトムプレートを掴み、思い切り引き抜きます。

東京マルイ ワルサーP38 マガジン
初期型エアコキでよくある、ガリガリ細身の割り箸マガジン。
使い方は、マガジン側面にあるスリットからフォロアーの小さなつまみを押し下げます。するとカチッとフォロアーがロックされます。
ロックされたらマガジン上部よりBB弾を入れます。装弾数は15発です。

このマガジンにBB弾を保持するリップなど、贅沢な機能はありません。
マガジンを傾けたり、逆さにするとBB弾がこぼれ落ちるワイルドな設計です。
スペアマガジンにBB弾を入れて、持ち歩くなど言語道断!
そんな事をするなら同じもの、もう1丁買って携行しろ!

という当時のタフガイ的な東京マルイの設計志向だと思われます。ガリガリな貧弱にも見えるマガジンとは対照的ですね。。。

東京マルイ ワルサーP38 マガジン
冗談はこの辺りまでにして、マガジン注意点を一つ。
マガジン下部にフォロアーロックがあります。
BB弾を入れた状態で、不意にフォロアーロックを押してしまうと、スプリングの力によって勢い良くBB弾がマガジン上から噴き出します。
まるでマガジンが爆発したように

ワルサーP38本体にマガジンを押しこむ時は、下からフォロアーロックに触れないように注意しながら入れて下さい。

実射


東京マルイ ワルサーP38 エアコッキング
狙点より少し上に命中する弾道傾向ですが、命中精度は一級レベル。集弾も5mの近距離ならワンコインサイズに命中する精度です。

※マガジンに残弾がある状態で、マガジンを抜くとBB弾がこぼれ落ちます。全弾撃ち切ってからマガジンを抜きましょう。

初速データ
使用BB弾:0.12 g
回数:10 発
最大値:42.78 m/s(0.1J)
最小値:39.87 m/s(0.09J)
平均値:41.76 m/s(0.1J)


おわりに


東京マルイ ワルサーP38 エアーハンドガン
東京マルイのワルサーP38、数多くある東京マルイ エアガン製品の中でも初期に設計・発売されたエアーハンドガンになります。
固定ホップアップ搭載のアップデートもされていますが、後発、HGシリーズのモデルと比べると外観や可動ギミックで及ばない部分もあります。
特にマガジンの構造は、実用的ではないものです。私のような部屋撃ちがメインならまだ良いのですが、サバゲーや屋外使用ではスペアマガジンが使えず、撃ち終わるごとに給弾が必要なのは面倒です。是非ともワルサーP38をHGタイプへリニューアルをしてほしいですね。
初期のエアコキながらも、HGタイプにも劣らず実射性能は文句なしで流石の東京マルイ製品です。
手頃な価格でコスプレ用にも良いかもです^^


定価:2,500 円(税抜き)
全長:231 mm
重量:338 g


【関連記事】
マルイ アシュフォード・ゴールドルガー
マルイ ワルサーMPL
トイスター ワルサーP38
マルゼン ワルサーP38 ガスガン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.