サイトにホワイトドットを入れる

エアコキのセンチメートルマスター ブラックモデルのサイトに、ホワイトドットを入れてみたいと思います。
3ドットタイプにする為、ピンバイスでサイトに窪みを用意してから、ホワイト塗料を窪みに流し入れて再現しようとも思ったのですが、便利そうなグッズを発見。
今回は、そのグッズを試してドット入れをしてみたいと思います。
※以前にセンチメートルマスターはツートン仕様していましたが、元のブラックモデルに戻しました。

P1230456 (2).JPG
手に入れたグッズがこちら。
ハイキューパーツ 円形マスキングシール S です。
直径1.0~2.8mmの円形のマスキングが可能なシールになります。

P1230458 (2).JPG
パッケージに1枚のマスキングシートと厚紙が入りです。
シートには1.0mmから2.8mmまで、0.2mmごとのサイズ違いシールが既にカットされています。

P1230462 (2).JPG
厚紙の方には、ほぼ実寸大のシールのイラストが記載。
1シートに
1.0~1.8mmまでは各60枚
2.0mmは80ケ
2.2~2.4mmは各51枚
2.6~2.8mmは各34枚
のシールがカットされています。


P1230467 (2).JPG
マスキングシートの切目と厚紙を重ねると分かりやすいですね。

P1230469.JPG
それでは使ってみます。
数ミリの四角い枠の中央に円形のシールがあります。切目は円形シールと四角い枠もあるので、2通り使えるのが嬉しいですね。

今回はサイトにドット(丸)を塗るのでシールの四角い枠側を使います。

P1230473 (3).JPG

P1230472 (2).JPG
ピンセットで四角い枠を取り、サイトをマスク(養生)します。
サイズが細かく刻まれていて迷ったのですが、フロントサイトには2.0mmを、リアサイトに1.6mmで試してみます。

マスク後にプラモ用塗料のホワイトを爪楊枝に付けてから、ツンツンとサイトに乗せてから乾燥させます。

センチメートルマスター ドット

センチメートルマスター ホワイトドット
乾燥後にシールを剥がしました。
下地の処理をしないで塗料を付けたので、フロントサイトのドットはパーティングラインに沿って塗料が、はみ出して上下に少し流れてしまいました。
一方、リアサイトのドットは2つともキレイな円形に塗ることができました。

センチメートルマスター ブラック
フロントサイトのように失敗してしまっても、ペイントリムーバー等で塗料を落とせるので、塗り直すこともできて、窪みを作ってから塗るよりは、気軽に作業できそうです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.