SIIS タクティカルエリート シルバー ガスガン レビュー

S2Sのタクティカルエリート シルバーモデル 固定スライドガスガンを紹介したいと思います。



ベレッタ92


常にアップデートが続けられ、進化し続けているベレッタ92シリーズ。
基本モデルの92F、FSは米軍の制式採用ピストルとしても有名で、ベレッタ社の本拠地があるイタリア以外でも採用国・生産されているベストセラー商品です。
S2Sタクティカルエリート
1993年に登場したブリガディアとも呼ばれる強化スライド搭載モデル、その10年後に発表されたバーテックと呼ばれるアンダーレイル付き新型フレーム搭載モデルがあります。これら両モデルの良い所を取り入れ、組み合わせたコンセプトモデルが、S2Sのタクティカルエリートです。

以前に中古で手に入れたタクティカルエリート(ブラック)をレビューしています。今回は月刊Gunにてベレッタ92が特集されていたのに影響されてしまい、新品のシルバーモデルを購入しちゃいました(^^;


パッケージ


S2S タクティカルエリート パッケージ
タクティカルエリートシルバーモデルのパッケージ。
装飾と緩衝材を兼ねたシルバーカラーの巾着袋。この巾着袋でブリスターパックが包まれています。

タクティカルエリート付属品
本体、マガジンの他にもサプレッサーアタッチメント、六角レンチ、くっつくターゲット、BB弾、説明書、S2Sカタログ、巾着袋が付属します。
普通だったら別売になりそうなアクセサリーが初めからセットになっているのはお得感がありますね。

くっつくターゲット【HITSくん】は以前にレビューをしています。記事はこちら


外観


タクティカルエリート ガスガン
タクティカルエリートは、ブリガディアタイプのスライドとバーテックタイプのフレームを組み合わせたようなデザイン。
実銃にも似たようなコンセプトでエリートIAと呼ばれるモデルが開発されています。

タクティカルエリートガスガン
モナカ構造のフレームと一体成型のスライドはABS樹脂製で、トリガー、ハンマー、トリガーバーの小パーツは金属製になっています。これらのパーツは光沢仕上げのシルバーはメッキ仕上げです。特に金属パーツは鏡面仕上げのピカピカで眩しぃ。
重量も意外とズッシリとしています。メッキ特有の金属のような質感と重量感が合わさり、雰囲気は良いです。

グリップとマガジンキャッチは樹脂製のブラックカラー。グリップは良いとしても、マガジンキャッチだけブラックになっているのが仲間外れっぽくて可哀そう。

タクティカルエリート_スライド
肉厚でロッキングブロック周辺部分が盛り上がった特徴のブリガディアタイプ・スライドを再現。
スライド後端にあるセフティレバーはダミーで動きませんが、レッドドットで塗られています。
スライドのプリントは”Elite IA”マークをもじった”Tactical Elite”のプリントが入ります。

フレームはバーテックタイプで、20mm幅アンダーレイルを装備。対応するフラッシュライトなどを簡単に取り付け・取り外すことができます。トリガーガードは、マウントしたアクセサリーが干渉しないようにする為、前面をフラットにしたタイプになっています。
フレーム横にある「SS201205」のプリントはブラックと同じ羅列です。
固定スライドガスガンのなので、テイクダウンレバーやスライドストップもダミーで動きません。

タクティカルエリート_グリップ
フレームのバックグリップがストレート形状なのも、バーテックフレームの特徴です。
滑り止めのセレーションが刻まれ、グリップ底にランヤードリングを装備。

フレームに合わせて、バーテックタイプのグリップパネルが装着されています。
グリップはやや幅広で、他社の92系と比べて太く感じます。

アタッチメント

タクティカルエリート_ねじ切り
スプリングガイド先端はモールドで再現。
スライドの前面に実銃にはない、引っ掛け用の穴があります。。
マズルにサイレンサーアタッチメント装着する為の、ねじ切りパーツが付いています。ねじ切りパーツは金属製の別パーツで、アウターバレル(スライド)に圧入されています。
搭載するインナーバレルはアルミ製です。

サプレッサーアタッチメント

タクティカルエリート_サイレンサー
付属してくるアタッチメントを装着してみました。ねじ込み式で取り付ける際に工具は必要ありません。
このアタッチメントにより14mm逆ねじ対応のアクセサリーパーツを取り付けることができます。


タクティカルエリート サプレッサー
CYMA製サプレッサー(シルバー塗装済み)を付けてみました。
サプレッサーと固定スライドガスガンの相性は良くて、発射音の軽減効果も見込めます。

簡単に取れたりはしないと思いますが、重量のあるサプレッサー等を装着したり、ぶつけたりするとマズルが破損してしまう場合があるかもしれません。

タクティカルエリート_サイトビュー
M9ピストルと比べると僅かに大きくなったフロント/リアサイト。ドットの再現はありません。
マズルにサプレッサーを装着すると、極細のものでないとサイトが隠れてしまいます。

ハンマーは可動式です。


操作


タクティカルエリート操作パーツ
トリガーはダブルアクション/シングルアクションで作動します。
ダブルアクションとシングルアクションでは、トリガーの引く距離(ストローク)が異なります。素早く撃ちたい時はダブルアクション、じっくり狙うときはハンマーを手動で起こしてシングルアクションと、使い分けることもできます。

フレーム右側にあるテイクダウン・ボタンが、トイガン独自のセフティ・スイッチになっています。
セフティスイッチをトリガー側にスライドさせるとロックがかかるので、トリガーを引けません。


可変ホップアップ


タクティカルエリート_可変ホップアップ
スライド上部に可変ホップアップ(SDS)調節用の穴が開いています。穴の先にイモネジがあって、付属の六角レンチを使って回してホップアップ弾道を調整します。

※イモネジを締めすぎたり、緩めすぎると破損の原因となります。イモネジの回しすぎに注意してください。


マガジン


タクティカルエリート_マガジン
マガジンもシルバーメッキ仕上げ。こちらも鏡面仕上げで素手で触ろうものなら、指紋がべったりと目立ってしまうのが偶に傷ですね。
装弾数は23発です。
マガジンの全長というか高さが、一般的なM92F系のマガジンよりも、1~3cm大きい為にM92対応のマガジンポーチでもサイズが合わない場合があるかもしれません。

マガジンはS2Sの固定スライドガスガンシリーズのM9ピストル(最初期モデルは除く)と共有して使用できます。

タクティカルエリート_マガジン
マガジン底にあるガス注入口(タンク)からガスを入れます。
使い方や環境にもよりますが、燃費も良くて一度の満注入で、100発以上撃つことができます


実射


タクティカルエリート_サプレッサー
ブローバックしないガスガンなので、ダブルアクションの運用がメインになると思います。
メカニズムの関係でトリガープルは重たくなってしまいます。
同じS2SのMk23をダブルアクションの速射で撃とうとすると指が痛い(しびれる)レベルでしたが、Mk23よりはタクティカルエリートの方がトリガープルはマシかもしれません。

初速データ
BB弾 0.2g
回数 10発
マガジン温度 30.3℃
最大値 75.6m/s(0.57J)
最小値 65.9m/s(0.43J)
平均値 69.8m/s(0.48J)

初速は最大と最小で10m/s近く差が出ました。
10発撃った後、再びマガジンの温度を測ると28.8℃まで下がっています。

ダブルアクションだと、どうしてもブレてしまって集弾率が広がってしまう傾向です。自宅の5mレンジでも撃ってみても、シングルアクションの方が、着弾の広がりも抑えられて当てることができます。



最後に


S2Sタクティカルエリート_シルバー
ベレッタ92のバリエーションモデルをモチーフにしたタクティカルエリートは、強化型スライドとアンダーレイルを備えたモデルです。
光沢シルバー仕上げのシルバーモデルは好みが分かれるかもしれません。カラー以外は基本的にブラックモデルと同じ構成ですが、メッキシルバーのボディやマガジンによって、プレミアム感を演出してくれます。

作動ギミックを抑えた固定スライド方式を採用したことにより、シンプルな操作性と燃費の良さを実現しています。別売のサプレッサーとの組み合わせは、静音性にも優れています。
更にサプレッサーアタッチメントやくっつくターゲットなど充実したセット内容で、定価で6千円、実売だと5千円台で手に入るコスパ最強レベルの固定スライドガスガンです。



定価:5,800円(税抜き)
全長:220mm/237mm(※)
重量:722g/736g(※)
※付きのデータはアタッチメントを装着した時のものです。


【関連リンク】
S2S M9ピストル ガスガン(初期型)
S2S タクティカルエリート 黒
S2S Mk23ソーコムピストル
S2S USP ガスガン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年07月25日 22:41
はじめまして、オジさんシューターことオジシューと申します。
50歳を過ぎて、最近エアガンに興味を抱き、細々とエアガンを
購入してブログや動画を投稿しています。
10禁のハイキャパやエスツーエスのタクティカルエリートなど、
私が所有している銃の投稿が連続してあったので、思わずコメント
させていただきました(^^;)
これからも訪問させていただきます。宜しくお願いします。
まる吉
2021年07月28日 00:01
オジシューさん はじめまして
コメントありがとうございます。

エアガン、良いですよね!
マルイの電ブロハイキャパ、エスツーエスの製品は手頃な価格に興味を惹かれて買ってみたのですが、それぞれ特色あって楽しいモデルで、私のお気に入りです^^

これからもよろしくお願いします。
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.