クラウンモデル GLK33 スライドストップ エアコキ ハンドガン レビュー

クラウンモデルのスライドストップ エアコッキングハンドガン『GLK33』を紹介したいと思います。

実は以前紹介したUSPサイレンサーと一緒にGLK33も注文📲をしていました^^/
クラウン GLK33
製品名こそGLK33ともじっていますが、手本になっているのはGlockの33です。
「Glock33」はグロック社が開発したハンドガンシリーズの1つになります。グロックの特徴でもあるポリマーフレーム、特殊な”セーフアクション”機構、操作方法はそのままに携帯性と小型化を重視したサブコンパクトサイズのセミオートハンドガンです。
9mm口径「G26」と同じ本体サイズですが、「G33」は.357SIG弾というややマイナーな弾薬を使用します。

GLK33 パッケージ
それではGLK33の箱を見てみます。
本体に合わせたサイズ [197mm×149mm×40mm] のコンパクトなパッケージになっています。
制式な商品名は「エアーコッキング コンパクトハンドガン スライドストップ GLK33」と長々としたものです(^^;
スライドストップハンドガンのシリーズ第1弾でもあります。

GLK33 パッケージ
フタを開くと丁重な台紙の緩衝材にGLK33本体が収められています。

GLK33 付属品
本体とマガジンの他にマズルキャップ、BB弾入りの小箱、説明書、的紙2枚が付属します。

クラウンモデル GLK33
小さ過ぎず、薄過ぎず、程いい感じのサイズ感(個人の見解ですが)。
スライドとフレームは一体成型となっています(ただしスライド後端のプレートは別パーツ)。
フレームは梨地仕上げなのも雰囲気があって良いです。スライド側面は平らでサラッとした仕上げで、実銃の金属スライドとポリマーフレームの質感差を再現しています。

スライドとフレームには「GLOOK」の文字やマークはありません。代わりに「G」マーク刻印に入っています。KSCのGシリーズに一時期、権利の関係であった刻印と似た感じです。
スライドの「G」の横にあるモデルナンバーの「33」、(実銃)製造国の「AUSTRIA」、口径の「.357」というのは実銃と同じ並びです。

クラウン GLK33 エアコキ
フレーム右側面に「ASGK Crown」と「MADE IN TAIWAN」の刻印があります。

グリップにフィンガーレストを備え、グリップ前面にチェッカリングが無いことから「GLK33」は第2世代(Gen2)のグロックを再現しているようです。
グリップ側面にある滑り止めのテクスチャは実銃とやや異なり、荒波のようなものになっています。

GLK33 比較
上の写真では左側がGLK33、右側がマルイG26です。
本来だとG33はG26と本体の大きさは同じはずですが、マルイのガスG26と比べるとGLK33の方が全長が10mmほど延伸しています。
グリップ高もやや高くなり面積が広がっています。
実銃と同じ大きさのマルイG26よりも1回りほど大きいので、リアルサイズではありません。
ですが1回りほど成長(?)しているのでグリップのホールド感が増して、フラットなマガジンバンパーでもグリップに小指が収まります。見た目の違和感も少なく抑えてトイガン向けのナイスなアレンジだと思います。

GLK33 操作方法
トリガーの中央にトリガーセフティが設けられています。セフティの機能も再現されていてセイフティパーツを押し込まないとトリガーを引けません。
トリガーの上にあるのはセフティレバーです。この小さなレバーを引き上げるとトリガーがロックされて撃てなくなります。レバーを引き下げてロックを解除します。
セフティレバーはフレーム左右にあります。小さいのでレバーを左右から指で挟むように上下させるとスムーズに動かせます。

GLK33 マズル
スライドとフレーム先端は、衣服などに引っかからないように面取りがされています。

アウターバレルの内径は約10mmです。ライフリングの再現はありませんが、左右に突起があります。
搭載するインナーバレルはアルミ製です。

GLK33 スライド上
スライド上面はフレームと同じように梨地仕上げです。
梨地仕上げになっているので、光の反射が抑えサイトを狙いやすくする効果があると思います。

チャンバーカバーの上にねじ頭が見えます。コッキングをするとエジェクションポートが開くので、ねじが緩んで出てきてしまうとスライドと干渉して作動にも影響しそうです。定期的にこのねじが緩んでいないか確認する必要がありそうです。。

GLK33 サイト
スライドと一体型のアイアンサイトで形状も通常タイプになっています。
フロントサイトには窪みがありホワイトドットが塗料で再現されています。リアサイトにはありません。

GLK33_マガジン.jpg
マガジンはマガジンバンパーに対して細身に感じてしまうデザインです。
マガジン内部にオモリが入っているのか、エアコキ用にしては約143gとずっしりとした重量感があります。
マガジン前面にあるフォロアーを押し下げて右側面にある穴からBB弾を流し入れます。
フォロアーの突起が小さくて押し下げにくいのが難点ですね。
装弾数は12発です。

クラウン G33 エアコキ
マガジンにBB弾が無い時にスライドを引くと・・
スライドが約3cm下がった位置でスライドストップがかかってホールドオープン(スライドをロック)状態になります。
ホールドオープンはスライドストップを押し下げるとスライドが元の位置に戻ります。
実銃と同じようなスライドストップの操作方法をガスブロやモデルガンでは無くても、エアコキで体験できます。

時々ですが、ホールドオープンしている時にマガジンを外すとスライドストップが解除されてしまうなど、スライドストップ機構が確実でない部分もあります。
それでもスライドストップ機能を体感できるエアコキは撃っていて楽しいですね♪

どうしても樹脂製のスライドに対してスライドストップは金属製で、この操作を繰り返すとノッチ(切り欠け)が削れたり変形してきます。当方は少しでも長持ちするようにスライドストップを押し下げて戻すのではなく、スライドを引いて戻すようにしています。

クラウン グロック33 エアコキ
10歳以上用モデルなのでスライドのコッキングは軽く引けます。
トリガーのスプリングテンションが他の10歳用モデルに比べると少し硬くて、力が要るように感じました。
5m室内レンジで0.12gBB弾を12発撃ってみると狙点を中心にピシャっと命中しますが、12発中1~2発の割合でホップが利きすぎているのか狙い店よりも5cmほど上に命中する時があります。集弾性は85mmでした。

初速は0.12gBB弾10発で43.2~44.9m/sとエアコキらしく上下幅も少なく安定した値です。
10発の平均は約44.0m/s(0.11J)という結果になりました。

クラウン スライドストップ エアコキ ハンドガン
クラウンモデルのスライドストップ エアコッキングハンドガンシリーズは、ガスもバッテリーも要らない手軽なエアコッキング方式を採用、可能な限りハンドガンの外観と機能を再現した製品です。
そのシリーズ中でもGLK33は携帯性を重視したコンパクトサイズのハンドガンというのが特徴です。BB弾を飛ばすことだけではなく実銃の機構や操作方法を遊びながら体感できるエアコキとなっています。お求めやすい価格帯なのも嬉しいです。

コンパクトなハンドガンが欲しい、今までのエアコキでは満足できない、本格的なエアコキを試してみたいという方にオススメな1丁です。


定価:2,980 円(税別)
全長:175 mm
重量:364 g

【関連記事リンク】
クラウン USPマッチ
クラウン USPサイレンサー
クラウン G29Cサイレンサー
トイスター グロック26

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

獅子ヶ谷桐花
2021年04月26日 22:51
こんばんは(・ω・)ノ
これ昔持ってましたよ。
え?昔?

そうなんですよ。
実はクラウンのこれは刻印追加のリニューアルモデルなんです。
過去にMトレーディングが販売してました。
メーカーはHFCです。

スライド後部のピンを抜けばバックプレート(?)が外れて分解できますよ。
まる吉
2021年04月28日 21:55
獅子ヶ谷桐花さん
こんばんは

MトレーディングのG33懐かしいですね^^
Mトレーディング(HFC)の製品は風変わりなラインアップが多くて稀少エアコキでした。
まさか、時が経ってクラウンモデルよりリニューアルしたものが手に入るとは嬉しいです♪
教えていただいたスライドの分解も試してみたいと思います!
獅子ヶ谷桐花
2021年04月29日 16:33
Мトレ始め海外製品の方が魅力的ではありますよね(笑)
私は今は国産モデル(エアコキ)は持ってません。

まる吉さんが以前紹介されたUSPマッチ、おそらくあれもМトレのP8スーパーのリニューアルだと思います。
P8スーパーは現在持ってますが、マガジンのマイナーチェンジとバレルシステム変更くらいかな。
私はトゥームレイダーのララモデルが欲しくて買ったんですが(笑)
まる吉
2021年05月01日 14:54
獅子ヶ谷桐花さん

トゥームレイダーの影響は大きいと思います。
当方は映画「トゥームレイダー」を観た時、USPマッチの印象がとても残っています。

P8スーパーも金属製パーツや可変ホップなど国産エアコキには無い機能が付いていて面白いですよね。
一方、クラウンのUSPマッチはMトレ(HFC)製から金属製パーツや可変ホップが省かれた、マルイのUSPエアコキを踏襲した設計に生まれ変わったモデルで驚きました。
海外メーカーだと新製品はもちろんリニューアルのペースも速いですよね。
大阪市民
2021年05月15日 03:54
こんばんは!

レアな機種の刻印で出してくれると買いたくなりますね!

マルイもそうですけどヘンテコ刻印で出すよりマルシンのCLOCKみたいに棒線一本無いだけとかにしてくれれば、何とか掘れるのになぁと思ってしまいます(^_^;
まる吉
2021年05月16日 23:39
大阪市民さん こんばんは

刻印をアレンジしたものも増えましたよね。
近日発売予定!ボディガード380の刻印もよく見ると変えてあるそうで色々と思いを巡らしています。。
お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.