M1カービンのハンドガードをDIY


突然ですが、ひょんなことからAGMのM1カービン(エアコキ)をポチっていました(しかも結構前に)。


先月初頭ですが実銃のM1カービンについて検索していたら、こちらの動画にたどり着きました。
動画の冒頭に登場するM1カービンには、ハンドガードをマウントレイルへ交換した銃が登場し、マウント付きも良さげだなと思い調べてみると…


動画のものと似たようなマウントがKingarmsから発売されている、M1カービン用のものをネットショップで発見。ただし、こちらは同社のGBB用でエアコキに取り付ける為には加工、調整が必要。さらにマウントは5~6千円と本体の購入価格を上回るお値段です(^^;

だったら自分で作ってしまえ!という結論に至りました。

そうとなったら、まず用意するのがマウントのベースとなるものです。
ベースは当方でも加工がしやすそうな木材にすることに。

最初、理想の木材探しにホームセンターに行ったのですが、ベースとして理想サイズに合う木材が見つかりませでした。
ダメもとで100円ショップを覗いてみると、サイズ的に丁度よさそうな素材を発見!この素材をベースにすることに決定。

P1210219 (2).JPG
素材とは桐材のすのこです。4枚板が下枠に繋がったシンプルなものですが、このすのこから板を2枚外してベースに流用することに。

M1カービン マウント
桐材なので加工はしやすく銃に合わせた上下2枚ベースの切り出しも、のこぎりとドリルを使い行いました。
2枚にしたの1枚の厚みのある板よりも加工がしやすく、失敗しても交換が利くようにしたかったから。

DSC_2092.JPG
ちょっと面倒だっとのが、インナーバレル用の溝加工で、溝加工を出来そうな専用の工具は持っておらず、仕方なく小学校時代に図工にて使用したマイ彫刻刀を使い掘りました💦

切り出した2枚の板をボンドで接着して合体、1つの板にしました。
ここまでが先月上旬から中旬位までの出来事になります。

次回はマウントレイル編に続きます。

 021/3/22 追記しました。
M1カービンハンドガード作成記事
2. マウントレイル編
3. ハンドガード完成編


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.