東京マルイ M92F クロームステンレス ガスガン レビュー

マルイ M92F ステンレス
ボディが眩しくてカッコいいシルバーメッキ仕上げになった東京マルイの【M92F クロームステンレス】ガスガンを紹介したいと思います。

今では数多くの種類がある東京マルイのガスブローバックハンドガンシリーズ、その記念すべき第1弾が”M92F ミリタリーモデル”です。
イタリアのベレッタ社が開発したモデル92をアメリカ軍用ピストルのトライアルの為に改良した、実際に採用された9mm口径オートをモデルアップしました。
そのM92F ミリタリーモデルのバリエーションで、ステンレス鋼を使用したシルバーフィニッシュモデルを再現したのが
今回紹介する”M92F クロームステンレス”です。

マルイ M92F ステンレス パッケージ
縦長にデザインされたパッケージです。
シンプルなデザインだと思うのですが、シルバーが強調されて印象的なパッケージですね。

今月の初め頃から当方のベレッタ熱が再燃して、我慢できずにトイガンショップにて新品を購入してしまいました(^^;

マルイ M92F ステンレス パッケージ内容
黒い発砲スチロール緩衝材に本体、マガジン、マズルキャップが収められています。
横にある「M92F」と書かれている台紙の下にBB弾、フォロアーストッパー2個、クリーニングロッドが隠れています。


マルイ M92F ステンレス 説明書
説明書はM92Fミリタリーモデル用とクロームステンレス用補足説明書が入っています。

マルイ M92F クロームステンレス 左
光沢シルバーカラーのボディが眩しいです。
ベレッタ社ではスライドやバレルなどの主要パーツにステンレス鋼を使用しているものを「INOX(イノックス)」モデルと名称しています。

東京マルイでは塗装仕上げとは異なる硬質クロームメッキを樹脂パーツの表面に施して再現しています。
特徴としてメッキ面が硬く表面のキズに強い仕上げになっているそうです。
反面、落下や衝撃等でメッキが剥がれる恐れがあると注意が説明書に書かれています。

ABS樹脂製ですが、見た目だけでなくメッキのお陰で触れるとヒンヤリと冷たく金属を触れているような感触です。
ピカピカなボディなので素手で触ると指紋や皮脂で汚れが目立ってしまうのが欠点です。

マルイ M92F クロームステンレス 右
スライドとフレームの刻印はブラックカラーのミリタリーモデルと全く同じものです。

ハンマー、トリガー、トリガーバー、セフティ、マガジンキャッチ、スライドストップ、テクダウンボタン、テクダウンレバー、リコイルSPGガイドは金属製で、シルバーメッキ仕上げになります。
ただ、金属パーツの表面が粗いままメッキがされているのがちょっと気になります。

マルイ M92F ステンレス グリップ
グリップはブラックのラバーグリップを再現したフィンガーチャンネル・グリップが装着されています。
プラスチックの左右分割の2ピース構造ですが、表面にラバー塗料が使われていて滑りにくくなっています。
M92F用のグリップパネルを用意すれば交換することもできます。
交換する際はグリップを留めている左右のグリップスクリューをマイナスダライバーで緩めて、グリップ左右の隙間に薄い板状の物を差し込んで広げれば外せると思います。

グリップ下にあるランヤードリンクは樹脂製になります。
意外と破損しやすいパーツなので、注意したいですね。

マルイ M92F クロームステンレス 上
スライド上部が切り取られて大きく開きバレルが露出したhなデザイン。

アウターバレル上部に「STAINLESS」の刻印が入ります。
フロントサイトもシルバーフィニッシュですが、狙いやすいようにドットはレッドカラーになっています。

マルイ M92F ステンレス マズル
アウターバレルのマズルにはライフリングの再現があります。
インナーバレルは真ちゅう製です。
マルイのM92Fシリーズで面白いポイントは、スライドを引くとアウターバレルも少し下がるショートリコイルギミックを再現していますが、この時にインナーバレルも一緒に下がる機構です。
マルイの他モデルだとインナーバレルユニットは固定されているのでスライドを引いてもインナーバレルはそのまま動きません。

P1180254.JPG
スライドとフレームにはパーティングラインがくっきりと残っています。
トリガーガード内側はラインが無くキレイなのが不思議です。

マルイ M92F ステンレス セフティ
ハンマー機構は実銃と同じくトリガーと連動して動くダブルアクションとスライドを引いて起こす(もしくは手動でハンマーを起こす)シングルアクションの両方で動きます。

スライドのセフティレバーは左右から操作できるアンビ対応です。
セフティレバーを下げるとロックが掛かり撃てません。
また、コッキングしたハンマーを自動で戻すデコッキング機能が省略されているのでコック&ロックも可能です。

マルイ M92F ステンレス サイトビュー
ハンマーを起こして後ろから見るとスライド後端にダミーのファイアリングピンが再現してあります。
M9A1やPx4の様に動きのギミックはありませんが、見た時の印象は大事ですよね。

リアサイトは、フロントサイトと同じようにスライドと一体型となっています。
レッドポイントはなくフラットな感じです。

マルイ M92F ステンレス 分解
通常分解はマガジンを外してからフレームにあるテクダウンボタンを押しながらテクダウンレバーを下げます。
スライドを前方に引く抜くとスライドとフレームを分解できます。

M92Fは固定ホップアップ仕様なので通常、メンテナンス以外では分解することはないと思います。

M92F_クロームステンレス_マガジン.jpg
マガジンもシルバーメッキが施されています。
ダイキャスト製で、シルバーメッキ仕上げということ以外はブラックカラーのマガジンと同じものです。
マガジン前面からフォロアーを押し下げてリップもしくは前面口からBB弾を込めます。
装弾数は26発になります。

リコイルショックは重たいドカッとしたものではありませんが、シャキッとした心地よいものです。
心なしかサムライエッジ・スタンダードよりもブローバックのスピードが速くなっているような気もします。
初速は0.2gBB弾10発の平均で約74.6m/s(0.55J)という結果になりました。
室内にて約5mレンジで撃ってみました。
固定ホップとのことですが0.2gBB弾で浮き上がずに真っすぐな弾道で良く当たります。

東京マルイ M92F クロームステンレス
M92F クロームステンレスは、クロームメッキによってピカピカのシルバーフィニッシュが眩しいボディをもったガスブロですが、ベレッタ 92のフォルムはそのままにトイガン独自のアレンジが合わさったモデルです。

シリーズ最初期モデルの設計の為、デコッキングや可変ホップの有無などハイグレードモデルでは搭載されている機能が省略されている点もあります。
しかし、最初期モデルならではの安定した実射性能や比較的カスタムパーツの種類も多いなどメリットも。
また、シルバーメッキモデルという事も含めてみても他モデルと比べてコスト的に手ごろなモデルだと思います。


定価:15,800 円(税別)
全長:約 216 mm
重量:約 760 g


【関連リンク】
マルイ M9A1 ステンレス
マルイ M92F スライドシルバー(エアコキ)
マルイ P226E2 ステンレス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.