東京マルイ M92F 電動ブローバック

電ブロ M92F
東京マルイの電動ブローバック M92F ミリタリー の紹介をしたいと思います。
実はこのM92、約13年前に一度紹介しているものを改めて編集して再投稿しています。

 M92F は、イタリアのBeretta社が開発したが9mm口径のセミオートマチックピストルです。Beretta社M1951の後継としてイタリア軍、警察機関にて92S/92SBが採用されています。
また1985年にアメリカ軍に92SBの改良型となる92SB-F(後の92F)が"M9"ピストルの名称にて採用され、使用されていました。
しかし、2017年にM9/M9A1の後継としてSIG SAUER社のP320を改良したM17並びにM18ピストルが採用されています。
既に後継機種が配備されつつありますが、30年以上も米軍制式ピストルとして採用されていたので、知名度は高くてメディアで見かける頻度の多い銃器の1つです。


電ブロ M92F パッケージ
電動ブローバックシリーズの第1弾が、このM92F ミリタリーになります。
こちらは旧パッケージ品になります。当時のパッケージ・デザインは写真ではなくイラストが使われていました。

パッケージ内容はM92F本体、マガジン、0.12gBB弾100発、マズルキャップ、クリーニングロッド、説明書です。
当時の定価は2,980円(税別)で作動に必要な単4型電池は付いていません。

電動ブローバック M92F 1
スライドの上部を大きく切り開き、アウターバレルが露出した特徴的なデザインを再現しています。改良型の「M9A1」や「M9A3」でも、このスライドが大きく切り開いたデザインは変わっていませんね。大きさもほぼ同じリアル・スケール・サイズです。

刻印は軍用を再現したマルイオリジナルのもの。

エアコキやガスガンのM92Fと違って可動するパーツは少なくハンマー、スライドストップ、マガジンキャッチ、マニュアルセフティ等もダミーで動きません。

電動ブローバック M92F 2
フレームやスライドは左右張り合わせのモナカ構造です。スライドやアウターバレルはつや消し仕上げ。
グリップパネルは別パーツになっています。グリップスクリューはネジ式でなくピンのはめ込み方式です。
グリップとトリガーガードの付け根にグリップセフティが追加されています。このグリップセフティを押しながらでないと発射できない電ブロ独自の安全機構です。

電ブロ M92F マガジン
グリップ底にあるマガジンの出っ張りに指をかけて引き抜きます。
マガジンは細身のバナナ型マガジン。装弾数は15発です。
ブラックのスモーク樹脂なので薄っすらと内部か透けて見えます。残弾確認もしやすいと思います。

電ブロ M92F 電池
グリップ底にフタがあり、開くと電池ボックスがあります。ここにアルカリ単4型電池4本を入れて使用します。

電動ブローバック M92F 1
久しぶりに引っ張り出してきたので、撃とうとするとブローバックせずに、モーターの「ウイーン」という空回りする音だけでピクリとも動きません。
どうやら電ブロP99の時のようにピニオンギアが破損してしまったようです。

電ブロ M92F 分解
修理する為に分解をしました。

13年以上も前に購入した電ブロなので、内部パーツが破損していてもおかしくないのですが、電ブロシリーズはピニオンギアのトラブルが多いようです。

※分解してしまうと修理などのメーカーサポートが受けられなくなってしまいます。自己責任で行いましょう。

電ブロ ピニオンギア 破損
案の定、ピニオンギアにクラックが入っていて、モーターから外れ掛けていました。
以前に電ブロP99を修理した時に、余っていたタミヤ製ピニオンギアに交換します。

電ブロ M92F 分解 2
ピニオンギア交換後、組み立て直してから、電池を入れて作動を確認して問題が無かったので修理完了です。

電動 M92F ブローバック
電池を入れてからトリガーを引くとスライドが約2cmブローバックします。このブローバックする時の「パコッ」という独特の作動音がユニークで電ブロの特徴でもあります。

アウターバレルの先端(マズル)は別パーツでキャップのように、はめ込み式になっています。

電動ブローバック M92F 2
電動ブローバックのM92F ミリタリーは、手軽にブローバックアクションを手軽に体験できるトイガンです。
電動ガン独自の発射・ブローバックメカを搭載しているのでややデフォルメがあったり、ダミーパーツが多いのが短所です。しかし、トリガーを引くだけで発射できるのはエアコキと比べて操作が楽で魅力的です。


全長: 約 217 mm
重量: 約 280 g


【関連リンク】
マルイ 電ブロ M92F
マルイ 電ブロ M9A1
マルイ エアコキM92F スライドSV


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

山田
2020年03月24日 21:29
こんばんは コメント失礼します。

この電動ブローバック、カタンカタンという感じでブローバックして可愛いですよね。笑
これからも高級な電動ガンはもちろん、こういう10歳以上用のエアガンのレビューも楽しみにしてます!
まる吉
2020年03月27日 00:05
山田さん こんばんは
コメントありがとうございます。

電動ブローバックハンドガンの作動する様子はガスブローバックとは、また違った魅力がありますね!
ご期待に副えるように記事の充実を進めていきたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします♪