クラウンモデル M416D カービン エアガン

クラウン M416D カービン
クラウンモデルのエアコッキングライフル『M416D カービン』を紹介したいと思います。
製品名こそ微妙に変えられていますが、元になっているのはHK416アサルトライフルになります。

 
HK416は、M4カービンの改修をHK社に依頼して2004年頃に開発したアサルトライフルです。デルタフォースの元隊員である、ラリー・ヴィッカーズ氏監修のもと作動システムやパーツを見直すことで、過酷な状況での信頼性を高めています。一部のパーツはM4カービンと共通して使えることからも強化・改良という意味の"エンハンスド・カービン"とも呼ばれています。
アッパーレシーバー・アセンブリを組み込んだM4など少数が特殊部隊に採用されています。
その後も、改良が続けられノルウェー軍向けのHK416Nやフランス軍向けのHK416Fが制式採用されてノルウェー・フランス共に多数のHK416を導入しています。また、アメリカ海兵隊ではヘビーバレル化など改良した海兵隊向けHK416となるM27IARが採用されています。


M416D パッケージ
さて本題です。ブラッグとグレーを基調にした洒落た感じのパッケージです。全長は約73cmとやや大きめなサイズになります。

M416D パッケージ 2
パッケージを開けるとボール紙の台紙にM416本体、マガジン、マズルキャップ(本体に装着)、BB弾、説明書が入っています。

クラウン M416D カービン
M416Dカービンは、実銃は数多くあるバリエーションでもHK416 D10RSと呼ばれるコンパクトな10インチバレルを搭載したモデルをモデルアップしています。
実銃だとレシーバー、ハンドガード等は金属製ですが、M416はABS樹脂製になります。表面は無塗装ながらも梨地仕上げになっているので光沢も抑えられていますが、ちょっと傷が目立ちやすいのが偶に傷です。
上下レシーバーの溝はモールドで、左右張り合わせのモナカ構造です。持ってみると軋みもなくガッチリした印象です。
本体のセレクターマーク以外の刻印は殆ど省略されています。トリガーの上あたりに小さなフォントで「Made in Philippines」と刻印があります。

クラウン M416D カービン 2
ピストルグリップなどもレシーバーと一体型で外すことはできません。エジェクションポートカバーも開きそうに見えてモールドの為、開きません。よく再現されているので別パーツだったり、動き(可動し)そうに見えるんですよね。
トリガーピン(モールド)の上あたりに薄っすらと「ASGK」の刻印がありました。

M416D_ハンドガード.jpg
20mmマウントレイルを上下左右の4面に配置しているHK416Dの特徴的なゴツイ、ハンドガードも再現しています。ハンドガード構造が実物と異なりレイル部分は、別パーツの樹脂製でネジ穴も目立ちますが、実際にレイル対応のオプションパーツを装着することもできます。

※追記 レイル部分は薄いプレートになり、フレームの上からネジで固定しています。重量のある金属パーツ(例えばバイポッド、グレネードランチャー)、グリップパーツに強い力(負荷)を加えるとレイルを破損してしまう可能性があります。金属製電動ガンやガスガンのほどの耐久性はないと思います。

ハンドガードの放熱孔の隙間からアルミ製インナーバレルが見えます。アウターバレルは省略されています。

バードゲージタイプのフラッシュハイダー。別パーツですが接着(?)されていてハイダーを取り外すことはできませんでした。

フラットトップ マウントベース
ハンドガードとレシーバー上面はフラットトップのマウントになっていてガイドナンバーが刻印されています。

M416D フロントサイト
シンプルな(┃)型のフロントサイト。調整機能は無いものの実物形状をリアルに再現しています。
また、サイトベース横にあるプラス穴ネジを緩めることで取り外すことも可能です。取り外す際にナットが外れやすいので注意してください。当方は試しに外した時にナットを落としてしまい、探すのに苦労しました(^^;

M416D_リアサイト.jpg
ドラムタイプのリアサイトが装着され、ドラムを回転させることで狙い孔の大きさを4段階に切り替えることができます。こちらもフロントサイト同じように取り外しできます。

M416D レシーバー
実銃と同じようにM4カービンのマウントレイルポジションよりも一段高くなたレシーバ形状も再現しています。

弾丸マーク刻印があるセレクターレバーはやや硬めで90度ずつ動かします。セフティ/セミオート/フルオートのポジションに動かすことができます。写真ではセミオートになっていてレバーを後ろに動かすとセフティ、前に動かすとフルオートという順です。
セフティを選ぶとトリガーがロックされて撃つことができません。セミ/フルオートを選ぶと撃てますが1発撃つごとに手動でコッキングを行う必要があります。

ボルトストップレバーはモールドで動きません。

M416D_ストック.jpg
ストックは調整可能です。6段階で調整できて、ストック下面にあるストックロックボタンを押しながらストックを引いて(押して)好みの位置でボタンを離し「カチッ」と鳴るとロックされます。
当方の個体は、ストックに少しグラつきがあるのが気になりました。後でプラ板かテープでガタ取りしたいと思います。
M416D パッド
凸型のストックパット。波型の滑り止めラバーをしっかり再現されています。

M416D_バットパッド.jpg

驚いたのが、ストック上部にある溝からポッチを引き、パッドを反時計回りにひねると外すことができます。外すとストック内部に電池等を収納できるコンパートメントが再現していたことです。このコンパートメントはそれほど大きくないのですが、2カ所あり単3型電池なら2本×2カ所で計4本収納することができます。

M416D ストックパイプ
ストックは取り外すことができました。
近くにあったKSC M4A1のクレーンストックを外して、付けられるか試してみましたが、ストックパイプに干渉してしまい付けられませんでした。逆も試したのですがM416DストックをKSC M4A1に付けようとしても駄目でした。
ストックも沢山のメーカーから発売されているので、いずれ他メーカーのストックが装着できるか試してみたいと思います。

M416D レシーバー右
モールドの感じが良くて、エジェクションポートは開きそうで、開かないんですよね(^^;
アシストノブもダミーで押せません。
マガジンキャッチは可動し、押すとマガジンを外せます。
垂直に近い角度のピストルグリップ。シボ加工などもあってHKらしさが反映されています。グリップも左右張り合わせのモナカ構造になっていますが、バックグリップの部分だけ別パーツで作られています。

M416D コッキングハンドル
リアサイトの下にあるコッキングハンドルを引いてコッキングを行います。10歳以上用なのでコッキングの重さは軽めですが、最後の引きが少し重たくなっています。
パッという鋭い発射音と共に撃つごとにビーンとバネ音が響くのが目立ちます。特にストックパイプにも音が響き、ストックに伝わって頬付けしているとうるさく感じるかもしれません。

M416D_マガジン.jpg

M416D_マガジン_2.jpg
マガジンは30連タイプが付いてきます。
給弾はマガジン後面にあるフタを開けてジャラジャラとBB弾を流し込みます。取説によると約500発入るそうですが、10歳以上用のエアコキといえども500発分もコッキングしたら手が痺れそうです(^^;
その後、前面にある窓からフォロアーを押し下げた状態でマガジンを振ってBB弾を送り込みます。フォロアーを押し下げるとマガジン底からピンがヒョンと飛び出してきます。装弾数は18~19発です。

M416D 実射性能
初速は0.12gBB弾の5発平均で約39 m/s (0.09J)という結果になりました。
自宅内特設5mレンジで撃ってみると集弾率も良くコインサイズを狙えるほどです。固定ホップアップ機能を搭載しているので飛距離も期待できそうです。

M416D カービン エアコキ
クラウンモデルのM416D カービンは、手軽にシューティングができる本格的なリアルスケール仕様の10歳以上用エアコッキングライフルです。
マウントレイルを備えていることで好みのパーツをセットアップして楽しむこともできます。
実売で5千円ほどと、以前あった同じフルスケールというコンセプトのマルイ製 10禁エアーライフルシリーズと比べてもコストパフォーマンスも優れているのも魅力的です。

オススメできる1丁だと思います☆


全長:712 (ストック収納)/ 790 (ストック展開:最大) mm
重量:約1,080 g
定価:5,980 円 (税別)

【関連リンク】
クラウン XMP-K
VFC HK416D
VFC HK416A5

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年02月27日 17:14
こんにちは初めまして。
いよいよ登場しましたね416。
これは私も期待していて、買おうか迷ってるんですよ。
ただマガジンのネジ穴が目立つので、それが迷う要因ですね(笑)

肝心の気になる点ですが、レールの強度です。
プラ製のようですがスコープとバイポッドを付けても軋んだりしませんか?

type96のスコープセットを使ってるので、そのスコープを乗せようと思っています。
バイポットの重さで軋んだりしないですか?

今どきはプラの質も良くなってるとは思うので強度は充分でしょうが、
とは言えプラはプラなので、やはり摩耗が心配ですよね。
まる吉
2020年02月29日 14:00
獅子ヶ谷桐花さん
初めまして、こんにちは。

遂にエアコキ416が発売されるのを当方も楽しみにしていました。
5千円台のエアコキライフルの為、モナカ構造なのは仕方ありませんが、やはりネジ穴が目に付くのが惜しいですね。

この記事を書いた後、M416にショートズームスコープを載せていますが、軋みはありませんでした。
ただ、獅子ヶ谷桐花さんの云われるように、レイルパーツはプラ製で、しかも薄いプレート状でフレームの上からネジで固定しています。金属製バイポットだと、もしかすると重さで軋んだり破損してしまうかもしれません(^^;