繋がるマウントベース

MEジョイントマウントベース.JPG
KSCのMEジョイントマウントベースを買ってみたので紹介したいと思います。
MEジョイントマウントベースは、MASADAやMOEハンドガードに20mmレイルを増設するためのパーツになります。

MEジョイントマウントベース
樹脂製のマウントベースが2枚入っています。1枚のマウントベースの長さは50mmのショートサイズです。

ユニークなのが、このマウントベースを複数枚繋げることが(連結)できるようになっています。

MEジョイントマウントベース 裏
裏面に矢印マークと肉抜きされた窪みに「M4-55」、「KSC」刻印があります。

MEジョイントマウントベース 横
パッケージに「切断面に気泡があります」と書いてあったので、マウントベースの横を見ると本当に気泡の跡がありますね。

MEジョイントマウントベース 金具
マウントベースのほかにも板ナット4個、ネジ4個、六角レンチ、説遺書が付属してきます。

MASADA マウントベース
早速、ガスガンのMASADAを引っ張り出してきました。マウントベースを装着する為に、まずハンドガードを外す必要があります。

マウントベース連結
ブロックみたいにマウントベース同士を繋げるのかと思いきや、ハンドガード孔の好きな場所にマウントベースを合わせ、ハンドガード裏にネジ穴を合わせて板ナットを置き、ネジを六角レンチで締めて固定をします。2枚のマウントベースを連結する為には3個の板ナットを使用します。
シンプルな方法でマウントベースを2枚以上延長する事も可能です。

マウントベース連結 横
ただ、固定する時にマウントベースを置いているだけなのでズレやすく、そのままネジを締めると横の合わせ目に段差ができてしまいます。板ナットを仮止めしたから、マウントベースの合わせ目にズレがないか確認しながら増し締めすると段差なく装着できました。

MASADA マウントベース
もちろん連結せずに単体を別々な場所に装着することもできます。その場合は、1枚のマウントベースに対して2個の板ナットを使用します。

試しにショートフォアグリップを付けてみました。軋みやたわみもなく握れます。
樹脂製マウントベースを素手で持って(握って)も金属製に比べて痛くないのが良いですね。

MASADA MEジョイントマウント
MEジョイントマウントベースは、ハンドガードに全長50mm間隔で連結や増設できるマウントベースになっていて取り付けられるオプションパーツにも幅広く対応できます。
強いて云うと折角、繋げることができるマウントベースなのに2枚しか付属していなくて、定価も3,000円(税別)というのがやや高く感じました。


【関連リンク】
KSC MASADA

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント