S&T M870 ソードオフ ショットガン エアガン

ST_M870_ソードオフ.JPG
S&TのM870 ソードオフ エアコッキング ショットガンを紹介します。

 S&Tは香港を拠点にするエアソフトガンメーカー。2009年に設立されたメーカーです。ラインアップもエアコッキング、電動ガン、ガスガンと幅広い種類があり本体だけでも数多くありますが、それだけでなくカスタムパーツ、アクセサリー、装備品も扱っているようです。
ST_M870_ソードオフ_箱.jpg
パッケージはをベースにしたシンプルなものです。「S&T AIRSOFT GUN SERIES」とのプリントとは裏腹に控えめなサイズの画像がトップに記載されています。木製グリップ、フォアエンドのリアル・ウッドと樹脂製グリップ、フォアエンドのフェイク・ウッド共通で、チェックマークで判別できるようになっています。今回、紹介するのはフェイク・ウッドモデルです。

パッケージを開くと、これまた黒いウレタン緩衝材に嵌められたM870本体とマガジンが。その他に説明書と保証書が入っています。

M870ソードオフ.JPG
ポンプアクション式ショットガンのレミントン M870のバレルを切り詰め、ストックを切り落としたソードオフ・スタイル。至近距離での使用を前提に屋内など取り回しも容易なお手製CQBウエポンです。全長を短縮した為、携帯や隠し持つ(運搬する)ことにも優れています。反社会的勢力的な人達が待つと凶暴な武器にもなり、その手の方達にも愛用されているとかいないとか・・・。

M870ソードオフ_02.JPG
外装パーツのフォアエンド、グリップ、マガジン以外は金属製といっても過言ではないので、ショートバレルの見た目に反してズッシリとした重量があります。金属製パーツはツヤを抑えた黒の塗装仕上げ。唯一、エジェクションポートカバーは眩しい銀の塗装仕上げのアクセントです。
木目が再現された樹脂製フォアエンド、グリップが装備されています。茶色の木目は、塗装ではなく成型色の再現です。

M870ソードオフ_フロント.jpg
左右にガイドが付いているフォアエンドはシンプルな細身な筒形で持ちやすく、リブ付きで滑り止め効果も発揮します。コッキングするとマルゼン CA870並みとまではいきませんが、ポンプアクションも軽く行えます。CA870と同じように1度コッキングをしてトリガーを引くまでアクションバーがロックされる仕組みにより2重給弾を防止しています。また、使っているうちにマガジンチューブにコッキングによるスレ痕が残ることがあります。

マズルに向かって絞られていくショートサイズのアウターバレル。「☆12GA. for 2 3/4 in. SHELLS」と「REMINGTON ARMS CO, INC.」の刻印があります。

ST_M870マズル.JPG
マズルまで来ているスペーサーとインナーバレル。インナーバレルは真鍮製です。
フロントサイトはありません。

M870ソードオフ_アウターバレル.jpg
曲線が美しい上面。アイアンサイトが一切ないのでスッキリしています。
バレルとフレームの付け根付近にホップアップ調節用イモネジがあります。六角レンチ(1.5mm)でイモネジを回してホップアップ弾道を調節します。イモネジを時計回りに締めるとホップを強く、反時計回りに緩めるとホップを弱くすることができます。イモネジを締めすぎるとホップ機構を壊してしまい、緩めすぎるとイモネジが取れてしまうので回す過ぎにはご注意下さい。

M870ソードオフ_レシーバー.JPG
レシーバーの左側面にある「Remington Model 870」刻印が洒落た感じですね。
スリングを通すためのスイベルが、マガジンチューブ先端とグリップ後端に1個ずつ付いています。

M870ソードオフ_グリップ.JPG
細身で握りやすいフォアエンドと同じく樹脂製のグリップです。持ち方にも依ると思いますが、固定用ネジ穴が大きく開いているので素手で持つと気になります。

M870トリガーガード.JPG
トリガー後方にあるセフティ。セフティを押し込むとロックが掛かってトリガーが引けなくなります。セフティを右面から押し込むと解除されます。
トリガーガードも金属製。トリガー前にロックリリースレバーは可動しませんが別パーツで再現されています。

M870ソードオフ_レシーバー底.jpg
レシーバーを裏返すとトイガンオリジナルの刻印が…。S&Tエンブレムと「MADE IN CHINA」 にシリアルナンバーがあります。白文字なので目立ちます(^^;
ローディングポートにある銀色のエレベーター風の再現があるマガジン。ギザギザのパーツを前にスライドさせ引き抜くことで取り出します。マガジンを外して覗いてみると銀色金属製インナーフレーム(メカボ)が見えますね。

M870ソードオフ_マガジン.jpg
樹脂製ボックスタイプのマガジン。装弾数は22発です。S&T M870 ショットガンシリーズ共通で使え、スペアマガジンも定価980円(税別)で販売されています。
BB弾はリップ上部からローダーや手でプチプチと入れます。
フォロアー形状なのかスプリングのテンションが弱いのか、はたまたBB弾の入れ方が悪いのか分かりませんが、1発だけ込めた時や最後に1発残った際にリップからBB弾が偶にこぼれ落ちることがあります。本体に装着中にこぼれ落ちたら面倒です。。

M870ソードオフ_03.JPG
S&TのM870は1回のコッキングで1発しか撃てません。実射してみると弾速は0.2gBB弾の5発平均で約92.0m/s (0.84J)という高い結果が出ました。エアコキなので上下の幅もあまりなく殆どの弾速が±1m/sの差しかありません。
サイトがない為、ノーマルのままだと精密に狙うのは難しいのですが、部屋撃ちした印象だと弾道のバラツキも感じられず精度のポテンシャルは高そうです。
コッキングも比較的軽くて連射もしやすいですね。


S&TのM870ソードオフは、金属製外装によってエアコキショットガンとは思えないような剛性と質感を備えています。ポンプアクションにより速射も可能、1度のコッキングで1発発射とショットガンと云いつつライフルのような運用ができるモデルです。マガジン構造に難点がありますが、別メーカのマガジンを使ってみるなど対策はありそうです。全長約56cmとコンパクトで取り回しや運びやすいサイズ感も魅力です。


全長:約559 mm
重量:約2 kg
定価:8,500円 (税別)


おまけ
M870ソードオフ_バリエーション.jpg
マルゼンCA870用のマガジンとピストルグリップを付けてコラボモデルを組んでみました。無加工で取り付けられるのは中国製、恐るべしですね(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント