0コメント

極小玄人照準器

以前にお知らせしたウェブリブログリニューアルのリニューアルですが延期になりました。
現時点だと今月下旬と変更になりましたが、詳細な日時は決まっていません。決まり次第、改めてお知らせしたいと思います。


さて、そんなことよりも
画像
念願のマイクロ・プロ・サイトを手に入れました。このパーツは東京マルイが販売する小型のオープンタイプのドットサイトで2017年に発売されました。

つい先日、発売された新製品のガスブロ FNX-45 に合わせてFDEカラーのマイクロ・プロ・サイトが登場すると願望していましたが、登場するわけもなく大人しくブラックカラーのもの買ってきました。。。
パッケージの記載によるとマイクロ・プロ・サイトは安心の日本製。
画像
セット内容は ドットサイト本体、専用カバー、クリーニングクロス、六角レンチ3種類(M1.3、M2、M2.5 )、プラスドライバー、説明書(写真撮り忘れました)と本体にテスト電池が付いています。
画像
マイクロ・プロ・サイト本体は、全長:約48mm、全高:約40mm(レイルマウントベース込)のまさに極小ドットサイトです。樹脂製のボディで下部に20mmレイル対応のマウントベースが装着されています。このマウントベースは交換することができて、ハンドガンに対応した専用マウントベースやハイマウントベースが既に販売されていますね。メーカー純正品で対応パーツ(モデル)が多いのもマイクロプロサイトの魅力だと思います。
画像
レクティカルはオーソドックスなレッドドットタイプ。
右横にあるスイッチは、ドット光量を使用状況に応じてLowとHighの使い分けることができる2段階の手動切り替え式。スイッチは適度な硬さがあって振動やブローバックの反動でも誤作動し難いものだと思います。

下部にある2つのボタンネジは、マウントベース固定用のもの。六角レンチ(M2.5)を使い締め付けて固定します。
更に後端にある小さな六角穴ネジ(ダイヤル)はドットの左右を調節するためのウィンテージダイヤル。ダイヤルはM1.3六角レンチで操作します。
画像
幅は約27mm(マウントベースのネジ頭を含めると約30mm)あります。
上部後端にある小さな六角穴ネジ(ダイヤル)はドットの上下を調節するためのエレベーションダイヤル。
エレベーションダイヤルの手前の2つある六角穴皿ネジは、マウントベースを固定しているネジです。マウントベースや電池を交換する際にネジ2本をM2六角レンチで外します。本体裏に動力源のCR2032リチウムコイン電池1個を収納しています。

画像

画像
ルビーコートが施されたポリカーボネイト製レンズを採用しているそうです。『BB弾が当たっても割れにくい丈夫なレンズ』とのことですが、定価で約7千円相当。もしも割れちゃった時の精神的ダメージは計り知れないので、そう簡単に対弾実験する気にはなれないです(^^;
割れるといえば、このマイクロ・プロ・サイトですが、販売しているのは、もちろん東京マルイです。しかし、別なメーカーが製造しマルイが販売する委託製造品とのことでマルイにて修理は行っていないそうです。

それでは、装着してみましょう。 と行きたいところですが
本日はここまで、装着編は次回に分けて紹介したいと思います!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック