まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS クラウンモデル M19 6インチモデル (エアコキ)

<<   作成日時 : 2019/01/19 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
2019年1月19日にちなみまして、クラウンモデルのエアーリボルバーM19の紹介です。

M19は、アメリカのスミス・アンド・ウェッソン社にて1950年代に.357マグナム弾用リボルバーとして開発されました。“コンバットマグナム”とも呼ばれ、M19が登場する以前までは、大型のNフレームがもとだった.357マグナムリボルバーが抱えていた携帯性を改善する為、Nフレームよりも小さなKフレームをもとに開発されました。後にステンレス素材を使用したモデルがM66が登場しています。


画像

画像
今回、購入したのは18歳以上用の6インチバレルモデルです。
10歳以上用と異なり中身の見える窓がなくシンプルな黒ベースのデザインです。
パッケージ内容はM19本体、カートリッジ6本、マズルキャップ、少量のBB弾、カタログ、的紙2枚、取説類です。


画像
フレーム、バレル、シリンダーはブラックのつや消しの塗料にて塗装されています。トリガー、ハンマー、サムピース、リアサイト等の小物パーツはプラスチックの成型色のままで無塗装ですね。
画像
M19はホーグのフィンガーチャンネル付きラバーグリップを再現したプラスチック製グリップが装着されています。表面につぶつぶのシボ加工があってラバー素材じゃなくても滑り止め効果もありそうですね。
画像
すらっと長くてカッコいい6インチアウターバレル。バレルの中付近にはリアルな「SMITH & WESSON」という刻印があります。バレルの下にあるのはエジェクターロッドシュラウド(エジェクターロッドの保持と保護する部分)です。
画像
フロントサイトは、色分けされたレッドカラーの別パーツが付けられサイトを狙いやすくしています。
画像
リアサイトは左右と上下に調節できるアジャスタブルタイプ。修正が必要な時はリアサイト上と横にあるネジをマイナスドライバーで回して調節をします。
画像
ハンマーの裏側にさりげなく「MADE IN TAIWAN」のシールが貼られていました。
画像
フレームにあるマークはクラウンオリジナルの“CM”マークです。マークの上にあるサムピースはシリンダー側に押し込むとシリンダーロックの解除、ハンマー側に引くとセフティがかかる(ハンマーコックしていない時だけ)仕組みになっています。

トリガーを引いても連動してシリンダーが反時計方向に6分の1回転するだけでハンマーは動きません。クラウンのエアリボルバーはハンマーを手動でコックして射撃を行うシングルアクションでBB弾を発射します。
画像
サムピースを押し込みロックを解除するとシリンダーが左横にスイングします。
リボルバーといえばスイングアクション!スイングアクションといえばリボルバー!!
更にエジェクターロッドは金属製です。
画像
シリンダーには、カートリッジを6発装填できます。エジェクターロッドも1cm程ですが可動しカートを排莢するアクションも楽しめます(使わなくても排莢できますが、、)。
画像
エアーリボルバーM19用カートリッジです。カートはプラスチック製で後端にBB弾を保持するためのパッキンが装着されていて、カート後端よりBB弾を1発ずつプチプチと詰めシリンダーに装填し使用します。
エアーリボルバーのM586/M686と同じものなので共有、別売カートリッジが使用できます。
画像
別売オプションパーツのスピードローダーも使用することができますよ。
画像
発射の際にエアーロスを減らすためカートリッジとノズルの隙間が無くなるようにノズルが迫り出し密着するメカニズムになっています。
画像
スライドを引いてコッキングを行うオートマチックタイプのハンドガンと違いエアーリボルバーは、ハンマーをコックしなけらばならないので、18歳以上用オートマチックタイプと比べて連続しての射撃は指が痛くなります(^^;
また、18歳以上用モデルなのでハンマーコックに必要な力も入り、10歳以上用とくらべてもとても重たいですね。

初速は0.2gBB弾の6発平均で約40m/s(0.16J)という結果になりました。6インチバレルなのでもう少し高い値が出ると思ったのですが、意外と低いままでした。。。命中精度もお世辞にも良いものと言えませんね。自宅内レンジ約5mの距離でA5サイズ(A4サイズの半分)の的の中心を狙って射撃しても大きく広がって命中します。固定ホップアップを搭載しているものの弾道も安定しているものではなく、7〜8mぐらい飛んで落下してしまうこともあります。
正直、実射性能は同じクラウンモデルのポケットハンドガンシリーズの方がよく当たり飛びます。


しかし、リボルバーを手軽に楽しむ事ができるエアーリボルバーは、命中精度や飛距離の重視するよりもリボルバー独特の操作や雰囲気、醍醐味を手軽に楽しむことができるエアガンです。さらに別売されているスピードローダーやスペアカートリッジに金属製カートリッジなどリボルバーアクションを盛り上げれくれるグッズも発売されています。


定価:4,300円(税別) 全長:約288mm 重量:約400g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まる吉さん、こんにちは

僕もクラウンのリボルバーエアコキ大好きです。
気軽に色々なモデルを揃えられるのも魅力の一つですよね。 でも空撃ちしてるとすぐ壊れるので注意ですよ!
ナナシ
2019/01/20 20:49
ナナシさん こんにちは

クラウンのリボルバーはバリエーションが多く、しかも手軽に楽しむことがて良いですよね。
ついつい面白くて空撃ちしてしまうことがあったのですが、これからは空撃ち気をつけたいですね
まるきち
2019/01/24 12:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クラウンモデル M19 6インチモデル (エアコキ) まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる