226にトゲトゲを追加

画像
このところ、USPの記事ばかり続いているので
いい加減ほかのモデルをということでP226用パーツの紹介したいと思います。

今回、用意したのはライラクスのP226 20mmアンダーマウントベース【ストライク フロント】です
このパーツはP226E2(R)のフレームに標準装備されている
アンダーレイルに装着するマウントベースでフロント部分に
攻撃的なトゲトゲが特徴です
画像
ベースにするのは当方のお気に入り、東京マルイのP226E2ステンレスモデル
このP226E2ステンレスモデルにマウントベースを取り付けます。
画像
マウントベースはアルミ製で質感も良さげ
マウントベース重量は約90gほどで左右に
「UNDER MOUNT BASE 20mm SIG SAUER P226 RAIL」の刻印があります。
側面にある2か所のネジ穴は別売されている
スコープマウント取付用のもののようです。

マウントベースを取り付け固定する前に
まず仮で本体に装着をしてスライドが
ストライクフロントに当たっていないか確かめます。
取説によるとスライドとストライクフロントの間に1mmほどの
隙間を開けなければならないとのことです。
画像
ストライクフロントの位置調整は
マウント裏側にある金色のネジを回すことで
ストライクフロントを動かして調節します。
位置が決まったら念のため金色のネジを
ネジロック剤で緩まないように固定します。

この隙間がないとブローバックの衝撃でスライドを
破損してしまうとのことで注意が必要です。
画像
マウントベースを装着した後、ベース底にある
イモネジ2か所を締め付けて固定します。
画像
マウントベースを装着したことで
レイルが延長され取り付けられるパーツの幅も広がり
更にフレーム下部のパーティングラインや
トイガンオリジナル刻印を隠すこともできます^^
画像
それぞれエッジが立つスパイク
とても攻撃的なマズルフェイスです。
画像
フロントの調節が済んでしまえば
取り付け、取り外しは簡単に行えるので
その時々の気分に応じて変えられるのも良いです!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2018年02月19日 14:43
こんにちは。P226にストライクフェイス……攻撃的でいいですね! 実銃だとゼロ距離からの射撃や格闘戦に持ち込むために使用しますが、ガスガンの場合リコイルショックを抑える効果もあるアイテムなのでウチのG18cにも付けています~
2018年02月24日 23:53
ふるさとりさん こんにちは

このマウントベースを取り付けるとP226が
とても攻撃的な見た目に変化しますね
ふるさとりさんはG18Cにストライクフェイスを取り付けられているようですね。
G18Cだと攻撃的な見た目と共にフルオートでも楽しめるので迫力もありそうです☆

この記事へのトラックバック