ガバ銀マガジン

静岡ホビーショーにて東京マルイの新製品が発表されましたね。 個人的にはガスブロのUSPが楽しみです^^ 早く発売されないかなぁ~
画像
さて、話は変わりマルイのガバメント用マガジンを買ってみました。
画像
今回、購入したのはガスブローバックガンのガバメント用クロームステンレスマガジン。コルト ガバメント シリーズ70 ニッケルフィニッシュのスペアマガジンです。 価格は3,200円(税別)也。
画像
ダイキャスト製のケースにキレイな鏡面仕上げのクロームシルバーメッキが施されたマガジン。重量はガス・BB弾が無い状態で約194gです。
あまりにもキレイな光沢シルバーの為、素手で触ると指紋や汚れが目立ってしまうのが偶にきずかもしれませんね。キズでなければウエスなどで拭いてやると汚れは落とす事はできます。
画像
ニッケルフィニッシュ本体付属のマガジン(写真の左側)と比べてみると残弾確認用窓のモールドは同じです。よく見ると買ってきたマガジンの右側面には新たに「TOKYO MARUI MADE IN JAPAN」の刻印が追加されています。
画像
他にも違いを探してみるともう一つありました。それはマガジン前面にあるBB弾投入口が改良され、本体付属マガジン(写真の左側)よりも広くなっています。BB弾投入口が広がりBB弾をジャラジャラと入れやすく、フォロアーも下げやすくました。
画像
投入口からBB弾をジャラジャラとローダーやBBボトルや手などで入れてください。最後の1発は投入口からだときついのでリップから入れると楽です。装弾数は26発となります。
画像
折角なので、他のガバメントシリーズのマガジンを並べてみました。写真の左側からデトニクスマガジン、ステンレスマガジン、M1911A1マガジンです。写真にはありませんが他にもMEUマガジンや40連ロングマガジンなどガバメントシリーズは本体も多いですがマガジンの種類も豊富ですね。
画像
今回手に入れたクロームステンレスマガジンは、デトニクスに使ってみます。
画像
デトニクス専用マガジンの装弾数が18発。デトニクスにフルサイズ向けのマガジンを装着するとグリップより少し飛び出してしまいますが、代わりに弾数はプラス8発(26発)となります。

東京マルイのガバメント用クロームステンレスマガジンは、シルバーメッキが施されたマガジンは鏡のような光沢が綺麗ですね。その分、指紋など汚れやすいのですがウエスなどでサッサッと拭けば汚れを落とすことができます。また、BB弾投入口の改良されていたりと使いやすくなっていたのが見事ですよね。
ガバメント用クロームステンレスマガジン、拘りの感じられるオプションパーツだと思いますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

パイソン007
2017年05月16日 12:10
こんにちは。
こちらではガスガンはもとより、エアガンのガバメントさえ置かれていない(置かれていてもマガジンが旧式ですので、改良なき限り手は出さないつもりですが。)もので、同じエアガンでカスタムバージョンであるセンチメーターマスターを現在持っています。
そのセンチメーターマスターにも、もちろんガスガン(固定スライド)は存在するのですが、このガバメント用を流用することはできないものでしょうか。
特にスペアマガジンは、パッケージ(2番目画像)に入っているときの見た目が、明らかにセンチメーターマスターのそれにも近く見えましたし……。
2017年05月20日 23:25
パイソン007さん こんにちは

パイソン007さんの云われるようにパッケージ入っているウレタンがマガジンバンパーのようにも見えますね!

固定スライドガスガンのセンチメーターマスターに流用できれば便利なんですけどね。今の固定スライドのセンチメーターマスターは、同じガバメントのガスガンでも構造が異なるので割り箸タイプマガジンなのが惜しいです。固定スライドガスガンのソーコムピストルのようにリニューアルできないのでしょうかね。

この記事へのトラックバック