なな な7 なナ n..a.na

画像
『かゆうま日記 7章』ことバイオハザード7 レジデント イービルを買いましたよ

バイオハザード6からおよそ4年振りに発売されたシリーズの新作ですね。今作からゲームシステムがリニューアルされているのが特徴とのこと。


まだ1時間程しかプレイしていませんが、とりあえず怖いです。常に緊張感があります・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

パイソン007
2017年02月08日 11:26
《100%競技向けじゃない!?センチメーターマスター》
こんにちは。
実はこれまで購入したクラウン&マルイエアガンが陳列されたコーナーのすぐ斜め後ろで、このPVが流れています。
これまでのシリーズとはPVだけでも明らかに違ったベクトルの緊張感や恐怖感がありますね。
先日、P38を購入してきました。
外観や性能は申し分ないのですが、"割りばし"ことL型マガジンはハイグレード系のフルマガジンのように装てんしたBB弾を固定できず、上方向にしかセットできないのが一つ悩みどころです。

次は店頭に並ぶ残りの1つ、センチメーターマスターを視野に入れています。
ご存じ、以前紹介されたガバメントM1911(舘 ひろしさんもご愛用です)のカスタム銃で、"COLT MV IV "のロゴはほぼそのままに、1センチ単位にまで及ぶ射撃性能の精細さを徹底追求したことからその名がつきました。
基本的には競技向けとして有名で、実際に輝かしい記録も数多く打ち立てていますが、実は映画での使用実績もあるということで、競技向けといえど100%競技に特化されたものではないことがわかり、そのあたりに奥深さを感じます。
ちなみにPC356も広くは競技向けとの認識を持たれていますが、本来は弾丸(.356TSW)共々テロ対策向けに開発されたもので、箱の裏側にその詳細が書かれています。

同じハイグレード系前期であるオートマグⅢの次のモデルで、なぜかハンマーは本体直付け固定ですが、リアリティのあるセーフティーが特筆すべきポイントです。
2017年02月12日 22:13
パイソン007さん//

今回、新たに発売されたバイオハザード7は、ゲームシステムがリニューアルされ、主人公も新キャラになりました。その為、歴代のシリーズをプレイしていない方でも歴代シリーズの情報や経験が無くても楽しめる作品になっているので、オススメですよ^^
パイソン007
2017年02月16日 01:05
《カスタム、されどガバメント センチメーターマスター》
店頭のPVはごく数分間ながら、独特のBGMも相まって半端ではないスリルが感じられます。

例のセンチメーターマスターですが、先日ようやく購入しました。
これで店頭のマルイエアハンドガンシリーズは、電動ブローバックをのぞきほぼ購入したことになります。
ベースはおわかりのとおり、コルトガバメント1911で、名工リーベンバーグ氏による細かな部分のカスタムにより、競技向けの10ミリ弾(ガバメントは9ミリ)を撃ち出す卓越した射撃性能と扱いやすさが格段にアップされていますが、基本的なスタイリングはもとより、バレル両面の“COLT MV IV”や“GOVERMENT MODEL”のロゴなど、ガバメントベースであることをしっかりアピールしています。
マルイのものはハンマーが固定式ながら、ベースとなるガバメントにはなかったポップアップシステムを搭載し、マガジンもフル化され、リアリティのあるセーフティーレバーを設けるなど、ハイグレードシリーズの名に恥じないグレードアップがなされており、手元にあって100%損はないモデルと思いました。

この記事へのトラックバック