この記事へのコメント

  • 南木

    まる吉さん、明けましておめでとうございます。南木です。

    なるほど、2017年ですものね! この調子でしばらくは、グロックファミリーで新年のネタが出来そうですね。(笑)

    SCARはMk17と呼ぶこともあるんですね、初めて知りました。(^^;

    本年もよろしくお願いします。(^_^)

    南木
    2017年01月02日 03:34
  • パイソン007

    《あけましておめでとうございます》
    《ボディアーマーキラーVSイスラエルキャノン》

    大変遅れましたが、あけましておめでとうございます。
    新年から大変な"縁起もの"をお見せいただき、ありがとうございます。

    早速ですが、考えましたことがあります。
    実銃オートマチックの最強クラスは、オートマグⅢ&デザートイーグルが有名どころですが、この2丁を撃ち手に分けて戦わせたら(撃ち合い/撃ちくらべで)どうなるものかと思いました。
    オートマグⅢは30カービン弾、デザートイーグルは50カービン弾を発射し、それに対応する大型の銃身です。
    ゆえに、"ボディアーマーキラー"に"イスラエルキャノン"の両あだ名がつくほどの高性能・高威力を誇り、主にハンティング用として高い人気という共通点がありますので、実際に対決した場合どうなるのかが気になっております。

    以前申し上げましたが、オートマグⅢの早期電動ブローバック化が望まれます。
    その場合、電動ゆえのBB弾数の制約("バナナマガジン"によります。)が生じてしまうデメリットが予想されますが、すでに手元にありますデザートイーグルとの撃ちくらべができますので……。
    2017年01月03日 21:20
  • まるきち

    南木さん 明けましておめでとうございます
    本年もどうぞよろしくお願いします

    グロックシリーズのおかげで、しばらくネタ画像にも困りそうもないです^^

    SCARは、使用する弾薬によって5.56mm口径のSCAR-Lと7.62mm口径のSCAR-Hなどのバリエーションがあるのですが、ややこしいことに米軍だとSCAR-L = Mk16、SCAR-H = Mk17と名称が変わるので同じライフルなのに紛らわしいと思いますね^^;
    2017年01月03日 22:07
  • パイソン007

    実は自分、マルイエアーコッキングガンを撃つ際に工夫していることがあります。

    オートマチックの場合、エアーコッキングガンで困難とされているのが短時間の連射ですが、自分は2発目以降のコッキングを、1発撃つごとに右手で銃身を上に傾け、左手でスライド後端を引く方式を取っています。
    スライドが引きやすく、銃口を素早く前方に向けられるという利点で、コッキング時間を短縮するのに役立っています。
    2017年01月03日 23:08
  • まるきち

    パイソン007さん 明けましておめでとうございます

    初速の高い.30カービン弾を撃ち出すオートマグIIIと凄まじいエネルギーの.50AE弾を撃つデザートイーグルの対決、どうなるでしょうね。
    Youtubeなどの動画サイトにて実銃のオートマグIIIやデザートイーグルそれぞれの実射している動画を見ても、勝敗を決めるのは難しいですね^^;

    もしオートマグIIIが電動ブローバック化されれば電動ブローバックのデザートイーグルとの対決ができるのですが、、、
    2017年01月03日 23:35
  • フィンブル

    あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
    あらあらUSPが居座る場所がグロックに乗っ取られ…ああ、年始だけなんですか?(笑)
    あと長物のほうも…最初の4さえ無ければっ!!

    …私もグロック17ネタで便乗させて頂くことになりそうです、2017年と意図したのではなくてホント偶然なのですが^^;
    2017年01月04日 00:47
  • パイソン007

    《驚愕……。まさかのPC356!》
    >まるきちさん
    ぜひ、電動ブローバック化が望まれます。
    デザートイーグルは、エアーコッキング/電動ブローバックが両方存在しておりますので……。

    申し遅れましたが、先日いつもの店舗を訪れたところ、それまで陳列されていなかったS&W PC350が陳列されているのを発見し、驚きました。
    対テロリストや競技の新ジャンルの開拓を主な目的とし、新開発の高性能弾356TSWを装てんしたのが話題となりました。
    レギュレーション変更などの複雑事情で、活躍の場を失い、短命に終わり認知度を上げられなかった悲運の銃でしたが、それでもその性能やスタイリングから、軍事&競技関係者の高い信頼を得ただけにとどまらず、それ以外のコアなファンも一部に根強く存在する"愛すべき銃"でもあります。

    自分も店舗で初めて見たというのはもとより、パッケージ越しのスタイリングやカラーリングに強く惹かれたのですが、持ち合わせが足りず、先日は軽く手に取っただけでそのまま帰宅したのですが、機会を見て後々購入を見当しています。
    2017年01月04日 21:40
  • パイソン007

    《マルイエアーコッキングの醍醐味》
    追記で、自分はM92F購入当時、同じシングルアクションでもハンマーを引くだけのクラウンパイソンハンターと違う、大きなスライドを引くマルイオートマチックに対し、高速連射は難しいという意識を持っていたのですが、オートマグⅢ購入後上記の撃ち方(1発ごとに銃身を上に傾け、左手でスライドを引きながら素早く前方に向ける)を試してみましたところ、ある程度の高速連射が可能となり、件のM92Fでも同じように撃つことができましてそれをきっかけにこれまでにないほどはまってしまいました。
    故障のしやすさを差し引けば、より簡単に遊べてリコイルアクションを堪能できる電動ブローバックシリーズも楽しいのですが、こちらはこちら、手動でコッキングの手応えを感じることのできる醍醐味を覚えました。
    2017年01月04日 22:50
  • チキンブリトー

    明けましておめでとうございます、チキンブリトーです。
    今年もよろしくお願いします!

    17繋がりのグロックはすぐに分かりましたが、SCAR-Hはただの背景だと思っていました(汗)
    SCAR-H=Mk17の17ですね!
    メディアやゲームではスカ―表記が多いので、つい米軍表記のMk17を忘れていました。
    と言う事で2020年はMk20で決まりですね(笑)

    2017年01月05日 22:29
  • まるきち

    フィンブルさん 明けましておめでとうございます

    いつもだと毎年の年末年始頃にUSPが出ていましたね。。。本当だったらHKのモデルを出したかったですね^^;

    フィンブルさんもグロック17の記事を書かれていたのですか、嬉しいです。インプレ記事を楽しみにしています!

    そして、今年もよろしくお願いします。
    2017年01月07日 14:48
  • まるきち

    パイソン007さん//

    どうしても電動ガンやガスガンのように連射が難しいエアコッキングハンドガンだとコッキング動作を工夫して短縮すると思いのほか間隔を短くすることができることがありますよね。
    当方も昔、サバゲのエアコキ戦にて色々な撃ち方を試していた事を思い出しましたね^^

    PC356は、素敵なモデルですよ。エアコッキングの方を持っていますが、ブラックとシルバーの組み合わせとスタイルが他のシリーズモデルと一味違って面白いモデルです。シリーズ後発のモデルなのでダブルアクションの再現やリアルな形状のマガジンなどPC356は魅力的な1丁ですよ。
    2017年01月07日 15:12
  • まるきち

    チキンブリトーさん 明けましておめでとうございます

    ココだけの話、最初に用意した写真はSCARをメインにしたものでした。しかし、いざ撮ってみてもSCARが「17」という数字に連想しづらいと思いG17を引っ張り出してメインに替えたんですよ。
    2020年はスナイパー仕様のSCARで決まりです!今から用意しないと…(笑)
    2017年01月07日 15:20
  • パイソン007

    《PC356の衝撃!》
    >まるきちさん
    この撃ち方を編み出したことで、マルイエアーコッキングに対する抵抗が消え去りました。

    PC356の件ですが、それまで件の店舗に陳列されていたのはM92F、ワルサーP38、センチメーターマスター、オートマグⅢの4つで、最初にこのコーナーを訪れて以来、ずっとこの布陣のままでした。
    後発とはいえ、すでに数年前のモデルであるPC356が、なんの前触れもなく突如として彗星のごとく店内に現れたことも衝撃的でしたが、スライドとグリップがそれぞれブラック/シルバーの単色というモデルが多いその中で、独特にして絶妙なブラック/シルバーの配色にも、惹かれずにはいられませんでした。
    オートマグⅢの25発に対して、わずか5発の差ながら30発という破格の装弾数も魅力的で、文字どおりに一撃でハートを"撃ち抜かれて"しまったのですが、当時の持ち合わせが足りなかったことが悔やまれます。

    ダブルアクションはM92Fで体感しましたが、当初は発砲と連動しない"なんちゃってアクション"なんて……と、連射同様ネガティブに捉えていた公然の秘密があります(笑)。
    2017年01月07日 18:04
  • まるきち

    パイソン007さん//

    パイソン007さんのエアコッキングに対する抵抗が無くなりましたか。良かったです。

    PC356の装弾数30発というキャパシティも魅力ですよね。他に30発入るモデルは1つ位しか無く1発の発射に重要なエアハンドガンにとっては大きなアドバンテージです。
    2017年01月08日 15:13

この記事へのトラックバック