グラセフの実写版

グラセフことGrand Theft Autoの実写映像が公開され、1ヶ月で970万再生を突破しています。
タイトルは「Grand Theft Auto: RISE」でGTA:IVをモチーフにしているみたいですね。クオリティの高い事はもちろんですが、実写映像の中では主人公の背後から撮影しているカメラが動きに合わせて微妙に揺れるゲーム画面と同じ演出を再現している点も芸が細かいです。

しかし、CoD BO2の実写PVのように海外のものは豪華な演出で面白くクオリティも高いものが多いですよね。そういえばCoD関連で、過去にゲームのファンが制作した実写映像があったのを思い出しました。これですね。
Modern Warfareをモチーフにしているそうですが、ゲームをプレイされたことある方であればニヤリとしてしまう名場面が再現されています。なにより登場している人たちもカッコイイですよね!

この様な実写動画を見た後に、日本のマンガなどの実写化でアイドルをキャスティングした映画やドラマを見てしまうと少し萎えますね(^_^;)
(海外でも実写映画などでやらかすことは時々ありますけども)

でもね、日本もそれなりに負けていないんですよ!あの人気ゲームが実写化されていました。そのゲームとは地球防衛軍です。新作ソフトの発売に合わせて制作された実写PVで、意外と豪華なキャストが登場しています。また、映像ではゲームのB級テイスト感が出ていて、特撮好きな自分にとっては面白いと思った実写作品の1つです。







ここでウェブリブログメンテナンス情報です。
12/19(水)8:00~11:00の間にブログメンテナンスが行われます。メンテナンス作業中はトラックバック受付、コメント受付、ブログ気持玉などのブログサービスが使えなくなります。
ウェブリブログ事務局のメンテナンス情報:http://info.at.webry.info/201212/article_1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年12月18日 11:10
どうもーノ
へぇ~やっぱグローバルなゲームだと、映像を作る人達も想像を掻き立てられるんですかねー。
純国産のゲームで実写化すると、どうしても人種の壁ってやつが立ちはだかるんですよね。本当に東洋人とカテゴライズされてゲーム等に登場するキャラクターって少ないですから。
海外の実写可は意外とそのキャラクター像にあった役者さんを探してきて登用するんですけど、日本の実写可は、今旬の役者やこれから売っていきたい役者の宣伝として配役し、都合が悪い所は原作の設定を捻じ曲げ、ストーリーを捻じ曲げするので、原作からファンの人には、「改悪」って言われるんですよね。結局の所、原作への愛とかが起因ではなく、視聴率とか、関連商品の売り上げなんかが起因となっているのではないかと自分は思います。
とりあえず、(ファン)みんなの栞子さんを帰せ!!

Σはっ!? すいません、我を見失ってました(苦w
長々と失礼しました。ではでは~ノシ
2012年12月19日 22:41
具ロックさん//
某局にて来年放送予定のドラマも、原作の設定を大きく変えてしまったようですね。具ロックさんのご指摘のように、原作愛ではなく映像制作側の利益や話題性だけの為になってしまっているのが問題ですね。これでは原作ファンの皆さんも怒りますよ。
自分は、そのような事もあって国内ドラマは殆ど見なくなってしまいましたね。見たとしても過去のドラマ再放送とかです(^_^;)

この記事へのトラックバック

お気軽にコメントや読者メッセージをお寄せください!
※コメントにある「お名前」、「メールアドレス」、「ホームページ」欄の入力は必須ではありません。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.