MI/ゴースト・プロトコル

画像
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルのBDソフトを買って来ました。
近所の家電量販店にて“2枚購入で3000円”的商法で売られていましたが、その量販店では1枚だけでも1500円で売っているので、他のソフトと抱き合わせじゃなくても良いので助かります。

さて、ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルは、トムクルーズ主演のスパイアクション映画シリーズ4作目ですね。

※これより映画の内容についての記載があります。ネタバレが気になる方は飛ばしてください。

帰宅し早速、観てみましたがアラフィフ(撮影当時で47~48歳)のトムクルーズのアクションが、これまでのシリーズ作品に比べても全然、衰えていなくて流石だと思いました。撮影では、基本的にスタントマンを使わずに撮影したとのことにもビックリです。特に作中中盤のドバイの“ブルジュ・ハリファ”はのシーンは必見でしょう。

しかし、自分が少し期待していたガンアクション(銃撃戦)については、殆どありませんでした(^_^;)
主人公は、ほとんど銃は使いません。しかも唯一、使った銃器がグロック(シリーズ不明)で、実弾ではなく麻酔仕様というもの。イーサン・ハント=ベレッタのハンドガンという自分の中でのイメージが崩れました。例外としてシグ(P226E2)を相手から奪う、相手のクーガーを分解するというシーンもあります。
スパイアクションということで派手なガンアクションよりもスニーキング(潜入)や諜報活動にハイテクメカの描写をメインにしているようです。しかし、“最新機器は肝心な時に故障する”という、あるあるネタが上手く表現されていて面白かったです。
最後まで見た感想は、トムクルーズの体を張ったアクションが凄い!という感じです。ストーリーは、それ程のものでは感じかな、、、あとトムクルーズ頑張り過ぎて敵役の印象が薄くなってしまっている気がしてなりません。

個人的には、ガンアクションが一番派手なMI:2が好きかも




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック